ジョン・ガードナー (イギリスの小説家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョン・ガードナー
誕生 (1926-11-20) 1926年11月20日
イギリスの旗 イギリスノーサンバーランドシートン・デラヴァル
死没 (2007-08-03) 2007年8月3日(80歳没)
イギリスの旗 イギリスハンプシャーベイジングストーク
職業 小説家
国籍 イギリスの旗 イギリス
最終学歴 ケンブリッジ大学セント・ジョンズ・カレッジ英語版
活動期間 1964年-2007年
ジャンル スパイ小説推理小説
代表作 ボイジー・オークス英語版シリーズ
ジェームズ・ボンドシリーズの続編
配偶者 マーガレット・マーサー(1952年–97年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジョン・エドマンド・ガードナー: John Edmund Gardner1926年11月20日 - 2007年8月3日)は、イギリスのスパイ・ミステリ作家。

イアン・フレミング亡き後に遺族から正式に007執筆者の公認を受けたジェームズ・ボンド・シリーズを年1作のペースで発表した。

007映画のノヴェライズについてもクリストファー・ウッドから引き継ぎ、『消されたライセンス』と『ゴールデンアイ』を小説化している。

また、アーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズ最大の敵で犯罪組織の首領であるジェームズ・モリアーティー教授が、ライヘンバッハの滝から生還して活躍する後日談シリーズが有名である。ドイルの作に比べ、不在の間に手下のモラン大佐が杜撰な経営をしたせいで傾きかけた組織を立て直すのに奮闘したり、女性との恋愛要素があるなど、教授はかなり人間味を帯びた悪のヒーローとして描かれている。

ほかに日本語訳された作品としては、『ベルリン二つの貌』『裏切りのノストラダムス』などのスパイ小説がある。

日本語未訳作品には、スージー・マウント巡査部長、デレク・トロイ、レイルトン一家などのキャラクターを主役にしたシリーズなど多数あるが、日本ではあまり知られていない。

著作リスト[編集]

ジェームズ・モリアーティー教授もの長編[編集]

  • 1974年 『犯罪王モリアーティーの生還』 The Return of Moriarty(講談社)
  • 1975年 『犯罪王モリアーティーの復讐』 The Revenge of Moriarty(講談社)
  • 2008年 『犯罪王モリアーティーの逆襲』 Moriarty[1](日本語訳は単行本・文庫ともに未刊、早川書房の『エラリー・クイーンズ・ミステリ・マガジン』への掲載のみ)

ジェームズ・ボンドもの長編 [編集]

  • 1981年 『メルトダウン作戦』 ''License Renewed (以下、日本語版はすべて文藝春秋
  • 1982年 『スペクターの逆襲』 For Special Services
  • 1983年 『アイスブレーカー』 Icebreaker
  • 1984年 『独立戦争ゲーム』 Role of Honour
  • 1985年 『不死身な奴はいない』 Nobody Lives Forever
  • 1987年 『覚悟はいいかね、ボンド君』 No Deals, Mr. Bond
  • 1987年 『スコーピアスの謎』 Scorpius
  • 1989年 『ミソサザイ作戦準備完了』 Win, Lose Or Die
  • 1990年 『紳士らしく死ね』 Brokenclaw
  • 1991年 The Man From Barbarossa
  • 1992年 Death is Forever
  • 1993年 Never Send Flowers
  • 1994年 Never Send Flowers
  • 1996年 COLD (アメリカ版は Cold Fall

007映画のノヴェライズ [編集]

情報局員ハービー・クルーガー [編集]

  • 1979年 『裏切りのノストラダムス』 Nostradamus Traitor
  • 1980年 『ベルリン二つの貌』The Garden of Weapons

脚注[編集]

  1. ^ アンソニー・ホロヴィッツ著の『モリアーティー』(原題:Moriarty)とは別の作品。