ユーズ・ユア・イリュージョン I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 ユーズ・ユア・イリュージョンI
ガンズ・アンド・ローゼズスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル HR/HM
LAメタル
ブルースロック
アート・ロック
ピアノ・ロック
シンフォニック・ロック
パンク・ロック
時間
レーベル ゲフィン・レコード
プロデュース マイク・クリンク、ガンズ・アンド・ローゼズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 2位(アメリカ[1]、イギリス[2]、オーストラリア[3]、オーストリア[4]、オランダ[5]、ニュージーランド[6]
  • 3位(スウェーデン[7]、スイス[8]、日本[9]、ノルウェー[10]
  • 5位(ドイツ[11]
  • ガンズ・アンド・ローゼズ 年表
    GN'Rライズ
    (1988年)
    ユーズ・ユア・イリュージョン I
    〃 II
    (1991年)
    ザ・スパゲッティ・インシデント?
    (1993年)
    テンプレートを表示

    ユーズ・ユア・イリュージョンI(Use Your Illusion I)は、ガンズ・アンド・ローゼズの2枚目のスタジオ・アルバム

    解説[編集]

    ユーズ・ユア・イリュージョンII』と同時発売され、実質的には2枚組とも言える。

    本作より、マット・ソーラム(ドラム)とディジー・リード(キーボード)が加入。

    「バッド・オブセッション」にマイケル・モンローが、「ザ・ガーデン」にアリス・クーパーがゲスト参加。「コーマ」は、ライブで滅多に披露されない曲である。

    シングル・カットは、1991年に「Live and Let Die」(全米33位)、「Don't Cry」(全米10位)。翌1992年に「November Rain」(全米3位)。「Garden of Eden」はビデオ・シングルとしてリリースされた。

    収録曲[編集]

    1. ライト・ネクスト・ドア・トゥ・ヘル "Right Next Door to Hell"(Stradlin'/Caltia/Rose) - 3:02
    2. ダスト・アンド・ボーンズ "Dust N' Bones"(Stradlin'/McKagan/Slash) - 4:58
    3. リヴ・アンド・レット・ダイ "Live and Let Die"(P.McCartney/L.McCartney) - 3:03
    4. ドント・クライ "Don't Cry(Original)"(Stradlin'/Rose) - 4:44
    5. パーフェクト・クライム "Perfect Crime"(Stradlin'/Slash/Rose) - 2:23
    6. ユー・エイント・ザ・ファースト "You Ain't the First"(Stradlin') - 2:36
    7. バッド・オブセッション "Bad Obsession"(Stradlin'/Arkeen) - 5:27
    8. バック・オフ・ビッチ "Back Off Bitch"(Huge/Rose) - 5:02
    9. ダブル・トーキング・ジャイヴ "Double Talkin' Jive"(Stradlin') - 3:22
    10. ノーヴェンバー・レイン "November Rain"(Rose) - 8:56
    11. ザ・ガーデン "The Garden"(Arkeen/James/Rose) - 5:19
    12. ガーデン・オブ・エデン "Garden of Eden"(Slash/Rose) - 2:41
    13. ドント・ダム・ミー "Don't Damn Me"(Slash/Lank/Rose) - 5:18
    14. バッド・アップルズ "Bad Apples"(Slash/McKagan/Stradlin'/Rose) - 4:27
    15. デッド・ホース "Dead Horse"(Rose) - 4:17
    16. コーマ "Coma"(Slash/Rose) - 10:16

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    • マシュー・マッケイガン - ホーン(on 3.)
    • レイチェル・ウェスト - ホーン(on 3.)
    • ロバート・クラーク - ホーン(on 3.)
    • ジョン・トラウトワイン - ホーン(on 3.)
    • シャノン・フーン - バックグラウンド・ボーカル(on 3. 4. 10. 11.)
    • Johann Langlie - シンセサイザー・プログラミング(on 3. 10. 12.)、サウンド・エフェクト(on 16.)
    • ティム・ドイル - タンブリン(on 6.)
    • マイケル・モンロー - ハーモニカ(on 7.)、サックス(on 7.)
    • ステュアート・ベイリー - バックグラウンド・ボーカル(on 10.)
    • Reba Shaw - バックグラウンド・ボーカル(on 10.)
    • アリス・クーパー - ボーカル(on 11.)
    • ウエスト・アーキーン - アコースティック・ギター(on 11.)
    • マイク・クリンク - ナットクラッカー(on 15.)
    • ブルース・フォスター - サウンド・エフェクト(on 16.)

    脚注[編集]