スラップ・ハッピー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スラップ・ハッピー
Slapp Happy
SlappHappy February2017.jpg
UKロンドン公演 (2017年2月)
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツハンブルク
ジャンル アヴァン・ポップ
ポップ・ロック
カンタベリー・ミュージック
クラウト・ロック
プログレッシブ・ロック
活動期間 1972年 - 1975年
1982年, 1998年, 2000年
2016年 - 現在
レーベル ポリドール・レコード
ヴァージン・レコード
Recommended Records
V2レコード
Blueprint Records
共同作業者 ファウスト
ヘンリー・カウ
公式サイト Slapp Happy - Facebook
メンバー ダグマー・クラウゼ
アンソニー・ムーア
ピーター・ブレグヴァド

スラップ・ハッピーSlapp Happy)は、ドイツ出身のアヴァンギャルドポップスバンド

1970年代中期、ドイツ・イングランドアメリカ合衆国混成のクラウト・ロックグループとして活動した。解散後も短期間の集合離散を繰り返していたが、2016年から本格始動している。

概要・来歴[編集]

アメリカ生まれで、その後イギリスに移住したピーター・ブレグヴァドが、ロンドンでアンソニー・ムーアと出会い音楽活動を開始。二人はその後西ドイツに移住し、インガ・ランフドイツ語版らがハンブルグで結成したバンドに中途参加しヴォーカルをつとめていたダグマー・クラウゼと出会い、1972年アヴァン・ポップバンドスラップハッピー」を結成した。

同年、クラウト・ロックグループ「ファウスト」の協力を得て1stアルバム『Sort Of』をポリドール・レコードより発表。しかし、このアルバムはセールス的に成功せず、同じく「ファウスト」をバックに録音された2ndアルバムはレコード会社によって発売中止となった。(このアルバムは「Acnalbasac Noom」として1980年に発売された。)

1974年、イングランドのアヴァンギャルド・グループ「ヘンリー・カウ」の協力により、録音し直した2ndアルバム『Casablanca Moon』をヴァージン・レコードより発表。

1975年、「ヘンリー・カウ」が演奏だけではなくプロデュースにも参加した3rdアルバム『Desperate Straights』を発表。さらに、同年発表のヘンリー・カウ名義のアルバム『In Praise of Learning』には、逆にスラップ・ハッピーが全員で参加するも、その後、ピーター・ブレグヴァドとアンソニー・ムーアの脱退によりバンドは自然消滅。ダグマーだけはしばらく「ヘンリー・カウ」と行動を共にした。

再結成
その後3度に渡って短期間だけ活動し、1998年には23年振りの新作アルバムを発表、2000年には初の日本公演を行った。
2016年、16年ぶりに再集結し活動を再開し、親交のあるバンド「ファウスト」とジョイント・ライブを実施[1]。翌2017年には、17年ぶりの来日公演を開催した[2]

メンバー[編集]

作品[編集]

アルバム[編集]

  • Sort Of (1972)
  • Casablanca Moon (1974)
  • Desperate Straights (1975) *ヘンリー・カウとの共作
  • In Praise of Learning (1975) *ヘンリー・カウとの共作、ヘンリー・カウ名義
  • Acnalbasac Noom (1980)
  • Ça Va (1998)
  • Camera (2000)
  • Live in Japan (2001)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スラップ・ハッピーが再結成、ファウストと共に独フェス<Week-End Fest>に出演決定”. amass (2016年8月23日). 2017年2月7日閲覧。
  2. ^ 再結成したスラップ・ハッピーの来日公演が決定”. amass (2016年9月26日). 2017年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]