アトミック・ルースター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アトミック・ルースター
Atomic Rooster
Atomic Rooster 1970.jpg
1970年
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル ハードロック
プログレッシブ・ロック
アート・ロック
ブルースロック
活動期間 1969年 - 1975年
1980年 - 1983年
2016年 - 現在
レーベル B&C Records
フォンタナ・レコード
エレクトラ・レコード
Pegasus Records
Dawn Records
EMI
Towerbell Records
共同作業者 クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン
メンバー ピーター・フレンチ (Vo)
スティーヴ・ボルトン (G)
シャグ・ミリッジ (B)
クリスチャン・マッデン (Key)
ボー・ウォルシュ (Ds)
旧メンバー ヴィンセント・クレイン (Key)
ジョン・カン (G)
ポール・ハモンド (Ds)
カール・パーマー (Ds)
クリス・ファーロウ (Vo)
ほか 別記参照

アトミック・ルースターAtomic Rooster)は、イングランド出身のロックバンド

ブリティッシュ・ハードロック黎明期に誕生したグループの一つ。1980年代で解散し、創設者のヴィンセント・クレインも亡くなっていたが、2016年にゆかりのあった旧メンバーらが名義を再興した。

概要・略歴[編集]

1968年サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に在籍していたキーボードのヴィンセント・クレインとドラムスのカール・パーマーが諸事情でバンドを脱退し、ベース/フルートのニック・グラハムを加えてキーボード・トリオを結成した。クレインの発案による、「ギターがメインのハード・ロックをキーボードメインで演奏する」という考えがあったと言われている[1]

1970年、プロデューサーのロバート・スティグウッドのバック・アップによりB&Cレコードと契約し、3月20日にバンド名とセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした。レコーディングはクレインの書いた譜面を見ながら行われた[1]

この直後、ニック・グラハムが音楽性の相違から、そしてカール・パーマーが「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」結成のため脱退。後任として元「アンドロメダ」のギタリスト、ジョン・カン(後のジョン・デュ・カン)と、ドラムスのポール・ハモンドが加入した。ベース・ラインはヴィンセント・クレインがキーボードによって担当する、変則的な構成になった。

その後もメンバーの変遷を経ながらも、1975年に活動停止。1980年に再開するが、1983年に三年余りで再び解散した。

1989年、創設者のヴィンセント・クレインが死去[1]

1992年、中心的ドラマーだったポール・ハモンドが死去。

2011年、中心メンバーだったジョン・カンが死去。

2016年、旧メンバーだったピーター・フレンチとスティーヴ・ボルトンを中心に再興し、33年ぶりに活動を再開。

音楽性[編集]

1972年のグループショット

結成時はアート・ロック要素の強いキーボード・トリオであり、クレインのオルガン、時折入るグラハムのフルートが特徴。

1stアルバムは、プログレッシヴハードロックの金字塔と評価された[2]。またそのスタイルを確立した作品とされる[1]

カン、ハモンド在籍時はオルガン、ギターを前面に出したダークなハードロック・サウンドであり、後にヴォーカル面強化のためにフレンチが加入、3rdアルバムでハードロック・バンドとしてのスタイルを完成させたとされる[1]

クリス・ファーロウ在籍時はソウルファンク色が強く、ベテラン・シンガーを迎えたためか、伝統的ブリティッシュ・サウンドになったとも評される[1]

活動再開後の1980年代は、初期のハード・ロック・サウンドにヘヴィメタルの要素も加わる。但しスタジオ・セッション的なサウンドでありポップになったとも評される[1]

メンバー[編集]

現ラインナップ[編集]

  • ピーター・フレンチ Pete French - ボーカル (1971, 2016ー )
  • スティーヴ・ボルトン Steve Bolton - ギター (1971ー1972, 2016ー )
  • シャグ・ミリッジ Shug Millidge - ベース (2016ー )
  • クリスチャン・マッデン Christian Madden - キーボード (2016ー )
  • ボー・ウォルシュ Bo Walsh - ドラムス (2016ー )

旧メンバー[編集]

  • ヴィンセント・クレイン Vincent Crane - キーボード/ボーカル (1969ー1975, 1980ー1983) RIP.1989
  • カール・パーマー Carl Palmer - ドラムス (1969ー1970)
  • ニック・グラハム Nick Graham - ベース (1969ー1970)
  • ジョン・カン John Du Cann - ギター/ボーカル/ベース (1970ー1971, 1980ー1982) RIP.2011
  • リック・パーネル Rick Parnell - ドラムス (1970, 1971ー1974)
  • ポール・ハモンド Paul Hammond - ドラムス (1970ー1971, 1980ー1983) RIP.1992
  • クリス・ファーロウ Chris Farlowe - ボーカル (1972ー1974)
  • ジョニー・マンダーラ Johnny Mandala - ギター (1974ー1975)
  • サム・サンプソン Sam Sampson - ボーカル (1974ー1975)
  • アンディ・ジョンソン Andy Johnson - ギター (1974ー1975) RIP.2010
  • ダニー・バーンズ Denny Barnes - ギター (1974ー1975)
  • ボブ・レニー Bob Rennie - ベース (1974ー1975)
  • リー・バクスター・ヘイズ Lee Baxter Hayes - ドラムス (1974ー1975)
  • プレストン・ヘイマン Preston Heyman - ドラムス (1980)
  • ジンジャー・ベイカー Ginger Baker - ドラムス (1980)
  • ミック・ホークスワース Mick Hawksworth - ベース (1982)
  • ジョン・マッコイ John McCoy - ベース (1982ー1983)
  • バーニー・トーメ Bernie Torme - ギター (1983)
  • ジョン・ミザロリ John Mizarolli - ギター (1983)

ラインナップの変遷[編集]

第1期 1969年~1970年


1st『Atomic Roooster』録音。


第2期 1970年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ/piano
  • カール・パーマー(Carl Palmer) - drums
  • ジョン・カン(John Cann) - guitar/vocal


1stアメリカ盤。
アメリカ進出に際し、ギターを前面に出したサウンドにしようとして、カンのギターをオーバーダビングし、また、グラハムのヴォーカルの一部、ベース・ソロ、フルート・ソロをカンのヴォーカルとギターに差し替えた。
ライヴ『Devil's Answer-BBC Sessions』の2曲録音。
これ以降クレインがベース・パートをorganで兼任している。


第3期 1970年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ/piano
  • ジョン・カン(John Cann) - guitar/vocal
  • リック・パーネル(Rick Parnell) - drums


第4期 1970年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ/piano
  • ジョン・カン(John Cann) - guitar/vocal
  • ポール・ハモンド(Paul Hammond) - drums


2nd『Death Walks Behind You』、ライブ『Devil's Answer-BBC Sessions』の3曲録音。


第5期 1971年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ/piano/vocal/(brass arrangement)
  • ピート・フレンチ(Pete French) - vocal
  • ジョン・カン(John Cann) - guitar
  • ポール・ハモンド(Paul Hammond) - drums


3rd『In Hearing Of...』録音。


第6期 1971年~1972年


第7期 1972年~1973年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - piano/electric piano/organ/(strng,brass arrangement)
  • クリス・ファーロウ(Chris Farlowe) - vocal
  • スティーヴ・ボルトン(Steve Bolton) - guitar
  • リック・パーネル(Rick Parnell) - drums

+

  • ビル・スミス(Bill Smith) - bass guitar(ゲスト/4th)


4th『Made In England』録音。LPのジャケットはデニム地で作られていた。
ライブ『Devil's Answer-BBC Sessions』の7曲録音。


第8期 1973年~1975年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - piano/electric piano/organ/(strng,brass arrangement)
  • クリス・ファーロウ(Chris Farlowe) - vocal
  • ジョニー・マンダーラ(Johnny Mandala) - guitar
  • リック・パーネル(Rick Parnell) - drums


5th『Nice'n'Greasy』録音。


第9期-1 1980年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ
  • ジョン・デュ・カン(John Du Cann) - guitar/vocal
  • プレストン・ヘイマン(Preston Heyman) - drums


6th『Atomic Rooster』録音。


第9期-2 1980年~1982年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ
  • ジョン・デュ・カン(John Du Cann) - guitar/vocal
  • ポール・ハモンド(Paul Hammond) - drums

+


ライブ『Devil's Answer-BBC Sessions』の3曲、ライブ『Live At The Marquee 1980』録音。


第10期 1982年~1983年
  • ヴィンセント・クレイン(Vincent Crane) - organ/piano/vocal/bass guitar
  • ポール・ハモンド(Paul Hammond) - drums
  • バーニー・トーメ(Bernie Torme) - guitar
  • ジョン・ミザロリ(John Mizarolli) - guitar

+

  • デイヴ・ギルモア(Dave Gilmour) - guitar(ゲスト)
  • ジョン・フィールド(Jon Field) - percussion(ゲスト)


7th『Headline News』録音。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

コンピレーション[編集]

シングル[編集]

  • Friday The 13th / Banstead (1970年 第1期)全英7位 全米10位
  • Tomorrow Night / Play The Game (1971年 第4期) 全英8位 全米11位
  • The Devil's Answer / The Rock (1971年 第5期)全英1位 全米2位(4位との説もあり)
  • Stand By Me / Never To Lose (1972年 第7期) 全英3位 全米5位
  • Save Me / Close Your Eyes (1972年 第7期)
  • Tell Your Story(Sing Your Song) / O.D.(Vincent Crane's Atomic Rooster名義) (1974年 第8期)
  • Do You Know Who's Looking For You?/Throw Your Life Away(1980年 第9期-2)
  • Play It Again / Start To Live (1981年 第9期-3 bass:ビッグ・ジョン・マッコイ)
  • End Of The Day / Living Underground (1982年 第9期-3 bass:ビッグ・ジョン・マッコイ)
  • Land Of Freedom / Carnival (1983年 第10期)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g マーキー 33号、1989年11月、p50
  2. ^ マーキー別冊 ブリティッシュ・ロック集成1990年9月、p18

関連項目[編集]