ブランドX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブランドX
Brand X
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ジャズ・ロックフュージョン
活動期間 1975年1980年
1992年1999年
2016年
レーベル カリスマ・レコード
共同作業者 ジェネシス
ピーター・ガブリエル
フィル・コリンズ
メンバー ジョン・グッドサル
パーシー・ジョーンズ
ケンウッド・デナード
クリス・クラーク
スコット・ワインバーガー
旧メンバー モーリス・パート
フィル・コリンズ
ロビン・ラムリー
ピーター・ロビンソン
フランク・カッツ
マイク・クラーク
ジョン・ギブリン
フランツ・プッシュ
マーク・ワグノン
ピエール・ムーラン
クリス・ショブリング

ブランドXBrand X、ブランドエックス)は、イギリスジャズ・ロックフュージョンバンド

略歴[編集]

1975年にジョン・グッドサル(ギター)、パーシー・ジョーンズベース)、ロビン・ラムリー(キーボード)、ジャック・ランカスターウッドウィンド)らで結成。セッションには何人かのドラマーが招かれた。その中にはビル・ブルーフォードもいたがキング・クリムゾンとの契約上正式に参加できず、最終的にジェネシスフィル・コリンズがその座についた(「コリンズのソロ・プロジェクト」と思われがちであるが、彼はあくまでメンバーの一人としての参加である)。

1976年に第1作アルバム『アンオーソドックス・ビヘイヴィアー』(当時の邦題は『異常行為』)を発表する。タイトなリズムと構成を重視しており、即興性の強いイギリスのジャズ・ロックというよりは、当時アメリカで流行していたフュージョンの色が濃いものだった。どのアルバムも大きなチャートアクションは残していないが、卓越した演奏はジャズ・ロック・ファンの支持を得た。

その後、方向性の違いによってバンドが二分する(「分裂」ではなく、ブランドXの名を共有する2チームがアルバムの中で共存する、という形式であった)など活動の仕方が流動的となるが、バンド自体は1980年まで継続。休止期間を経て1992年からグッドサルとジョーンズが中心となってバンドを復活し、その後はグッドサルを中心に1999年まで活動を続けた。

2016年、グッドサルとジョーンズを中心に、旧メンバーのケンウッド・デナード、そして新加入のクリス・クラーク、スコット・ワインバーガーというラインナップで再結成。ツアーを開始した。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『アンオーソドックス・ビヘイヴィアー』 - Unorthodox Behaviour (1976年) ※旧邦題『異常行為』
  • 『モロッカン・ロール』 - Moroccan Roll (1977年)
  • 『マスクス』 - Masques (1978年)
  • 『プロダクト』 - Product (1979年)
  • 『ドゥ・ゼイ・ハート?』 - Do They Hurt? (1980年)
  • 『イズ・ゼア・エニシング・アバウト?』 - Is There Anything About? (1982年) ※当初明言されていなかったが、アウトテイク集。旧邦題『だ・れ・だ?』
  • 『Xコミュニケーション』 - Xcommunication (1992年)
  • 『マニフェスト・デスティニー』 - Manifest Destiny (1997年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ライヴストック』 - Livestock (1977年)
  • 『ライヴ・アット・ザ・ロキシー』 - Live at the Roxy L.A. (1996年)
  • 『タイムライン』 - Timeline (2000年)
  • But Wait... There's More! - LIVE 2017 (2017年)
  • Locked & Loaded (2018年)

コンピレーション・アルバム[編集]

  • Xtrax (1986年) ※ベスト・アルバム
  • 『ミッシング・ピリオド -異常行為前夜-』 - Missing Period (1997年) ※初期の未発表セッション集
  • 『Xファイルズ』 - X-Files: A 20 Year Retrospective (1999年) ※サイド・プロジェクトの楽曲を含む
  • Trilogy (2003年) ※『Xコミュニケーション』『マニフェスト・デスティニー』+1979年のライブ・ディスクで構成
  • Nuclear Burn (2014年) ※4CDボックスセット

関連アルバム[編集]

  • 『ピーターと狼』 - The Rock Peter and the Wolf (1975年) ※ジャック・ランカスターとロビン・ラムリーによるアルバム。ヴィヴィアン・スタンシャル、マンフレッド・マンゲイリー・ブルッカークリス・スペディングゲイリー・ムーアステファン・グラッペリブライアン・イーノキース・ティペットジョン・ハイズマンビル・ブルーフォード、フィル・コリンズ等をフィーチャー。
  • 『マースケイプ』 - Marscape (1976年) ※ジャック・ランカスターとロビン・ラムリーによるアルバム。ジョン・グッドサル、パーシー・ジョーンズ、フィル・コリンズ、バーニー・フロスト、モーリス・パート、サイモン・ジェフスをフィーチャー。
  • 『プレジャー・シグナルズ』 - Pleasure Signals (1978年) ※ダニー・ワイルディングとピート・ボーナスによるアルバム。ジョン・グッドサル、フィル・コリンズ、ジョン・ギブリン、プレストン・ヘイマン、モーリス・パート等参加
  • 『ヌオヴェ・ムジーケ』 - Nuove Musiche (2000年) ※サラ・ピロー (Sarah Pillow)のアルバム。日本盤表記はブランドX&サラ・ピロー名義。ジョン・グッドサル、パーシー・ジョーンズ、フランク・カッツ、マーク・ワグノン等参加
  • 『リミキセズ』 - Remixes (2003年) ※サラ・ピローのアルバム。日本盤表記はサラ・ピロー・ウィズ・ブランドX名義。ジョン・グッドサル、パーシー・ジョーンズ、フランク・カッツ、マーク・ワグノン等参加

外部リンク[編集]