カール・パーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カール・パーマー
Carl Palmer
CarlPalmer2014CPB.jpg
UK・スケッグネス公演 (2014年1月)
基本情報
出生名 カール・フレデリック・ケンドール・パーマー
生誕 (1950-03-20) 1950年3月20日(67歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
バーミンガム・ハンズワース
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
職業 ミュージシャンドラマー
担当楽器 ドラムスパーカッション
活動期間 1967年 - 現在
共同作業者 クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン
アトミック・ルースター
エマーソン・レイク・アンド・パーマー
エイジア
3
クァンゴ
カール・パーマー・バンド
ほか
公式サイト carlpalmer.com

カール・パーマーCarl Palmer, 1950年3月20日 - )は、イングランド出身のロックミュージシャンドラマー

主にプログレッシブ・ロックの分野で活動し、特に在籍した「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」「エイジア」で世界的な成功を収めた。自ら率いる「カール・パーマー・バンド」でも活動している。

ローリング・ストーン誌選出「歴史上最も偉大な100人のドラマー」第10位。

略歴[編集]

黎明期〜1970年代[編集]

バーミンガムのハンズワース生まれ。12歳でドラムスをはじめ、13歳の頃には同じ学校に通っていたスティーヴ・ウィンウッドとバンドを組んでいる。その後、バディ・リッチグレン・ミラーなどのアルバムを聴きながらレッスンを続け、ダンス・バンドでプロ活動を開始。ブルースロックバンド「キング・ビーズ」ではレコードのリリースやテレビ出演の機会も得る。

1967年クリス・ファーロウが率いており、デイヴ・グリーンスレイドアルバート・リーが在籍していた「サンダーバーズ」に加入。

1968年サイケデリック・ロックバンド「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」に加入。

1969年、「クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン」のツアー中トラブルになり、キーボード奏者の同僚ヴィンセント・クレインと共に脱退。この2人にベースとフルート奏者のニック・グラハムが加わり、「アトミック・ルースター」を結成する。翌1970年、「B&Cレコード」と契約し、3月にセルフタイトルの1stアルバムをリリース。

その直後、知己であるグレッグ・レイクから新バンド結成を持ち掛けられ、同グループを脱退。キース・エマーソンらとロックトリオ「エマーソン・レイク・アンド・パーマー」(EL&P)を結成する。EL&Pの世界的な成功とともに、自身も高い人気と評価を得た[1]

1980年代以降〜現在[編集]

2010年

1980年のEL&P解散後には、スーパーグループエイジア」を結成。1stアルバムが商業的な大成功を収めた。1986年にEL&P再結成のオファーがあったが、エイジアとして活動中だったために断っている(代役としてコージー・パウエルが参加した「エマーソン・レイク・アンド・パウエル」が結成された)。更に1988年にもEL&P再結成が企画され今回は参加を決めたが、今度はグレッグ・レイクが不参加を表明。カールとキース・エマーソンは代わりに、ロバート・ベリーを含めたトリオ編成の「3」を結成し、短期間活動した。

1990年代に、エマーソン・レイク・アンド・パーマーの再結成がやっと実現する。2枚のスタジオアルバムのほか、ライブアルバムやライブDVDを発表するなど断続的に活動した。パーマー自身は2010年7月ロンドンでのライヴがEL&Pとしての最後のパフォーマンスだと語っていたが、2016年に中心メンバーの相次ぐ死去により活動は不能となった[2]2017年、キース・エマーソン、グレッグ・レイクを追悼するため、ソロバンドを「Carl Palmer’s ELP LEGACY」名義で率いてワールド・ツアーを行った[3]

EL&Pのほか、近年はオリジナルメンバーで再集結した「エイジア」に復帰している[4]。個人では、トリオ編成の「カール・パーマー・バンド」を率いたり、ドラムクリニックなど多方面で活躍している。

音楽性[編集]

自らを「クラシックの教育を受けているけど、根本的にはロックのドラマー」と評する[5]クラシック音楽での打楽器の解釈・モダン・ジャズ奏法・独特のフィルセンスによるロック奏法といった、独自の奏法とグルーヴ感を有する。そのいずれもがミックスされたエマーソン・レイク&パーマーにおいては、様々なレパートリーでキースの奔放さとグレッグのリリシズムの双方に巧みに合わせたプレイを残している。時にライヴで「走る」ほど前のめりでアグレッシヴなプレイは、参加したバンドの音楽性にハード・ロック的ですらある跳ねるような躍動感をもたらした。スティックの握り方はほとんどの曲においてレギュラーグリップである。

近年は『ラディック』製のビスタライトを使用している。かつてはスリンガーランド、1980年代はREMOを使用していたが、エイジアのオリジナルメンバーでの再結成後にラディックに戻った。シンバルはパイステを使用。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ作品[編集]

※ソロバンド名義も含む

  • Anthology: Do Ya Wanna Play, Carl?(1980)
  • Working Live – Volume 1(2003)
  • Working Live – Volume 2(2004)
  • In Concert: Carl Palmer plays the Music of ELP (DVD)(2006)
  • Working Live – Volume 3(2010)

PM

  • 1:PM(1980)

参加作品[編集]

アトミック・ルースター

  • Atomic Roooster(1970)


エマーソン・レイク・アンド・パーマー


エイジア


マイク・オールドフィールド

  • Five Miles Out(1982)


3


クァンゴ

  • Live in the Hood(2000)

参考文献[編集]

  • エマーソン・レイク&パーマー 衝撃のロック・トリオ伝 (シンコー・ミュージック刊)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト