クリス・ファーロウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ファーロウ
クリス・ファーロウ(2010年)
クリス・ファーロウ(2010年)
基本情報
出生名 John Henry Deighton
出生 1940年10月13日(73歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン イズリントン
ジャンル ロックブルースロックブルー・アイド・ソウルジャズ・ロックプログレッシブ・ロック
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
共同作業者 クリス・ファーロウ&ザ・サンダーバーズ
コロシアム
アトミック・ルースター
ジミー・ペイジ
公式サイト Official Chris Farlowe Website

{{{Influences}}}

クリス・ファーロウ(Chris Farlowe、1940年10月13日[1] - )は、イングランドボーカリスト。本名はジョン・ヘンリー・デイトンで、芸名の「ファーロウ」はジャズギタリストタル・ファーロウ英語版にあやかって付けられた[1]

来歴[編集]

誕生〜1960年代[編集]

北ロンドンのイズリントンで生まれた。少年時代にイギリスでスキッフルのブームが起こると、ジョン・ヘンリー・スキッフル・グループを結成してギターを弾きながら歌うが、その後ボーカルに専念するようになる[1]。そして、1962年にはクリス・ファーロウ&ザ・サンダーバーズ名義でデビュー・シングル「Air Travel」を発表する[1]。1964年にはサンダーバーズにアルバート・リーが加入。また、カール・パーマーが在籍していたこともある[2]

1966年、アンドリュー・ルーグ・オールダムが設立したイミディエイト・レコードと契約。ローリング・ストーンズミック・ジャガーキース・リチャーズが提供した「シンク」は全英シングルチャートで37位を記録した[3]。同年には、やはりジャガー=リチャーズの提供による「アウト・オブ・タイム」(全英1位[3])、「ライド・オン・ベイビー」(全英31位[3])をシングル・ヒットさせた。なお、ローリング・ストーンズも同時期にこれらの曲を録音しており、「シンク」と「アウト・オブ・タイム」はアルバム『アフターマス』(1966年)、「ライド・オン・ベイビー」はアルバム『フラワーズ』(1967年)で発表された。また、1966年9月16日に放映された『レディ・ステディ・ゴー』では、エリック・バードンと共にオーティス・レディングのステージにゲスト参加した[1]

1967年、スモール・フェイセススティーヴ・マリオットロニー・レーンが提供した「マイ・ウェイ・オブ・ギヴィング」が全英48位に達した[3]。その後アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズのカヴァー「モーニン」が全英46位、マンフレッド・マンのマイク・ダボが提供した曲「ハンドバッグス・アンド・グラッドラグス」が全英33位を記録するが、それ以後シングル・ヒットに恵まれなくなる[3]

1970年代以降[編集]

1970年、コロシアムに加入。ファーロウ加入後のアルバム『ドーター・オブ・タイム』(1970年)は全英アルバムチャートで23位、『ライヴ』(1971)は17位に達した[4]。コロシアム解散後はアトミック・ルースターに加入し、スタジオ・アルバム2作に参加した。

1981年12月には、ドイツのルートヴィヒスブルクブライアン・オーガー及びピート・ヨークと連名のアルバム『Olympic Rock & Blues Circus』を録音[5]。1982年公開のアメリカ映画『ロサンゼルス』のサウンドトラックでは、「Who's to Blame」と「Hypnotizing Ways (Oh Mamma)」の2曲でジミー・ペイジと共演[6]。その後、ジミー・ペイジのソロ・アルバム『アウトライダー』(1988年)では3曲に参加した。

1994年、コロシアムが『ドーター・オブ・タイム』期のラインナップで再結成され[7]、ファーロウはその後もソロ活動と並行してコロシアムで活動を続ける。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Chris Farlowe and the Thunderbirds(1966年)
  • 14 Things to Think About(1966年)
  • The Art of Chris Farlowe(1966年)
  • Paint It Farlowe(1968年)
  • The Last Goodbye(1969年)
  • From Here to Mama Rosa(1970年)
  • Chris Farlowe Band - Live(1975年)
  • Out of the Blue(1985年)
  • The Live EP: Live in Hamburg(1986年)
  • Born Again(1986年)
  • Chris Farlowe & Roy Herrington Live in Berlin(1991年)
  • Waiting in the Wings(1992年)
  • Lonesome Road(1995年)
  • BBC in Concert(1996年)
  • As Time Go By(1996年)
  • The Voice(1998年)
  • Glory Bound(2001年)
  • Farlowe That!(2003年)
  • Hungary for the Blues(2005年)
  • Hotel Eingang(2008年)

コロシアム[編集]

  • ドーター・オブ・タイム - Daughter of Time(1970年)
  • ライヴ - Colosseum Live(1971年)
  • Colosseum LiveS - The Reunion Concerts(1995年)
  • Bread & Circuses(1997年)
  • Tomorrow's Blues(2003年)
  • コロシアム・ライヴ! 2005 - Live05(2007年)

アトミック・ルースター[編集]

  • メイド・イン・イングランド - Made in England(1972年)
  • ナイスン・グリージー - Nice 'n' Greasy(1973年)

ジミー・ペイジ[編集]

  • 「ロサンゼルス」オリジナル・サウンドトラック - Death Wish II(1982年)
  • アウトライダー - Outrider(1988年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]