マンフレッド・マン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マンフレッド・マン
Manfred Mann
Aankomst Manfred Mann (tweede van rechts) en zijn groep op Schiphol, Bestanddeelnr 921-1860.jpg
1968年のグループショット
基本情報
別名 Mann-Hugg Blues Brothers
出身地 イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル
活動期間 1962-1969
レーベル HMV, EMI, キャピトル, アスコット (US), フォンタナ, マーキュリー (US)
共同作業者 マンフレッド・マン・チャプター・スリー, マンフレッド・マンズ・アース・バンド, ブルース・バンド, ザ・マンフレッズ, マッギネス・フリント
旧メンバー

マンフレッド・マン (Manfred Mann) は、イングランド出身のブリティッシュビートバンドロンドンで結成され、1962年から1969年まで活動した。グループの名前は、後に成功した1970年代のグループであるマンフレッド・マンズ・アース・バンドを率いたキーボード奏者のマンフレッド・マンにちなんで名付けられた[3]。 バンドには、1962年から1966年までのポール・ジョーンズと1966年から1969年までのマイク・ダボの2人のリード・ヴォーカリストが在籍した。

グループは1960年代に定期的にイギリスのチャートに登場した。バンドで最も成功したシングルの3つ、「ドゥ・ワ・ディディ・ディディ」、「プリティ・フラミンゴ」、「マイティ・クイン」は、全英シングルチャートで1位を記録した[4]。彼らの1964年のヒット曲「5-4-3-2-1」は、ITVのポップミュージックショー、レディ・ステディ・ゴーのテーマ曲であった[5]。彼らはブリティッシュ・インヴェイジョン中にアメリカのBillboard Hot 100で1位を記録した最初のイングランド南部を拠点とするグループであった[4]

歴史[編集]

結成 (1962-1963)[編集]

マン・ハグ・ブルース・ブラザースは、キーボード奏者のマンフレッド・マンとドラマー/バイブ/ピアノ奏者のマイク・ハグによってロンドンで結成された[6]。ハグはそれまでクラクトンでハウスバンドで活動しており[3]、同バンドにはグラハム・ボンドが在籍していた[7]ブリティッシュ・ブルースブームにジャズへの共通の愛情をもたらし、ロンドンのクラブを席巻したブルース・ブラザースは、ギター、アルトサックス、フルートのマイク・ヴィッカーズ、ベーシストのデイヴ・リッチモンド、リードヴォーカル兼ハーモニカのポール・ジョーンズ加入してそのラインナップが完成した[3]。この時までに彼らはバンド名をマンフレッド・マン・アンド・ザ・マンフレッズに変えていた。バンドは1962年後半から1963年初頭にかけてギグを行い、そのサウンドですぐに注目を集めた。

レーベルのプロデューサーであるジョン・バージェスの要請で名前をマンフレッド・マンに変更した後、1963年3月にHMVと契約し、その7月にスローブルースのインストゥルメンタル「ホワイ・シュド・ウィ・ノット」のレコーディングを開始した。彼らはその年の大晦日のショーでテレビに初登場した[8]。ファーストシングルはチャートインできず、続くヴォーカル入りの「コック・ア・フープ」もチャートインできなかった[3]。インストゥルメンタル曲は木管楽器、バイブ、ハーモニカ、セカンドキーボードがオーバーダビングされることでそのサウンドにかなりの重みを与え、彼らが誇りを持っているジャズに触発された技術力を示した[7]

初期の成功 (1964-1965)[編集]

1964年、グループはITVのポップミュージックショー、レディ・ステディ・ゴーの新しいテーマ曲を提供するよう依頼された[6]。彼らは「5-4-3-2-1」で応え、同曲は毎週テレビで放送されることとなり、全英シングルチャートで5位に上昇した[4]。「5-4-3-2-1」が録音された直後にリッチモンドはバンドを脱退したが[9]、その後もしばしばレコーディングに参加した。リッチモンドの後任として、ジョーンズの友人であるトム・マッギネスが加入した。マッギネスの加入はその後頻繁に行われたメンバー変更の最初であった。さらにオリジナルの「ハブル・バブル」がヒットした後、バンドはその年の初めにエキサイターズBillboard Hot 100で78位を記録した「ドゥ・ワ・ディディ・ディディ」のカヴァーで全英シングルチャート1位を記録した[6]。この曲はイギリスカナダおよびアメリカでチャート1位を記録した。

「ドゥ・ワ・ディディ・ディディ」の成功により、グループのサウンドは初期のジャズの影響を受けたブルースベースの音楽からポップスのハイブリッドに移行し、カヴァー曲からヒットシングルを作り続けた。別のガールグループのカヴァー「シャ・ラ・ラ」[4](オリジナルはシュレルズ)でイギリスでチャート3位、アメリカとカナダで12位を記録し、続くシングルは感傷的な「カム・トゥモロー」(オリジナルはマリー・ナイト)であったが、両曲とも初期の作品よりも著しく軽いテクスチャーであった。一方、シングル「B」面と4曲のEPではオリジナルの素材とインストゥルメンタルを披露した。グループはアルバムではジャズとR&Bのテーマに回帰した。1964年のファーストアルバム『ザ・ファイヴ・フェイシズ・オブ・マンフレッド・マン』には「スモークスタック・ライトニング[6]などのスタンダードが含まれ、このラインナップで最後となるセカンドアルバム、『マン・メイド』では何曲かのオリジナル・インストゥルメンタルと「ストーミー・マンデー・ブルース」のカヴァー、そしてノベルティとポップバラードが収録された。マキシン・ブラウンの「オー・ノー・ノット・マイ・ベイビー」のカヴァーでは、シングルのアレンジメントに新たな深みと洗練の段階が始まった。バンドは続いてボブ・ディランの一連のカヴァーで成功を収める。ベストセラーとなったEP『ザ・ワン・イン・ザ・ミドル』では「神が味方」をカヴァーし、次に「行ってもいいぜ」のカヴァーは全英2位となった[4]。「ザ・ワン・イン・ザ・ミドル」は全英シングルチャートでトップ10入りし、最後のオリジナル(ジョーンズ作)、そして最後のR&B曲となった。一連のヒットはジョン・バージェスがプロデュースした2番目の全英No.1シングル「プリティ・フラミンゴ」でクライマックスを迎えた。

バンドは始めにジャズとリズム・アンド・ブルースを融合させ、その後、チャート入りするようなポップミュージック路線を歩み始めたが、歌手および俳優として予想されるポール・ジョーンズのソロのキャリア、およびマイク・ヴィッカーズのオーケストラおよび楽器の野心への対処を望むことはできなかった。ジョーンズは代わりのヴォーカリストが見つかったらソロになるつもりであったが、ヴィッカーズが去った後バンドにもう1年間留まった。マッギネスは彼のオリジナル楽器であるギターに移り、独特のナショナルスティール・ギターで「イフ・ユー・ゴッタ・ゴー、ゴー・ナウ」と「プリティ・フラミンゴ」に貢献し、ベースにはグラハム・ボンド・オーガニゼーションで活動し、その後ジョン・メイオール&ザ・ブルースブレイカーズで活動していたジャック・ブルースが加入した[4]。ブルースは「プリティ・フラミンゴ」とEP『インストゥルメンタル・アサイラム』(彼とウィンド・インストゥルメンタリストのヘンリー・ロウサーリン・ドブソンがグループのスリーブ写真に含まれていた)で演奏した。『インストゥルメンタル・アサイラム』はチャート狙いのポップスのインストヴァージョンで、グループにとっての実験であった。ブルースはまもなくクリームを結成するためにバンドを離れ、後任としてクラウス・フォアマンが加入した[6]。バンドはその直後にレコード会社を変更したが、EMIは1963-66年の未リリース曲を収めたEP『アズ・ワズ』(当時の新しいアルバム『アズ・イズ』のもじり)と、コンピレーション・アルバム『マン・メイド・ヒッツ』(1966)、未発表曲を含むインストゥルメンタル・コンピレーション『ソウル・オブ・マン』(1967)、そして最も物議を醸した、未完成曲の「ユー・ゲイブ・ミー・サムボディ・トゥ・ラブ」(B面は「ポイズン・アイビー」、両方ともヴォーカルはポール・ジョーンズ)をセッションプレーヤーを起用してシングルとしてリリースした。同曲は全英シングルチャートで36位となり、グループを混乱させた。マッギネスの怒りのコメント「マンフレッドはニューシングルを認めない」は、彼らの新しいレコードレーベルの次のスタジオアルバムのスリーブに印刷された。

マイク・ダボ時代 (1966-1969)[編集]

1966年
マンフレッド・マンとビートガールズ、Dutch TV「Moef Ga Ga」1968年3月22日

ジョーンズの後任として1966年7月にマイク・ダボが加入し[10]、グループはフォンタナ・レコードに移籍[10]シェル・タルミーがプロデューサーとなった[10]。フォンタナでの最初のシングル、ディランのカヴァーである「女の如く」はイギリスでトップ10に入り、スウェーデンでは1位となった。ニューアルバム『アズ・イズ』は、10月にリリースされた。グループのスタジオテクニックの向上により、ジャズ、ソウル、ブルースのルーツは失われた。次の2枚のシングル「ミスター・ジェイムスの花嫁さん」と「ピエロの花嫁さん」は、どちらもトップ5に到達した。別のインストゥルメンタルのEP『インストゥルメンタル・アサシネーション』は12月にリリースされた[11]。このEPには元のメンバーであるデイヴ・リッチモンドがコントラバスで参加しているが、マイク・ダボは参加していない。このことは1966年の少し前のセッションであることを示唆している。

トミー・ロウの「スイート・ピー」のインストゥルメンタル・バージョンは、シングルとしてリリースされたが36位に達しただけで、複雑なキーボード・アレンジメントが行われたランディ・ニューマンの「ソー・ロング、ダッド」は、トップ20に入ることができなかった。したがって1967年は、年初にチャートインした「ピエロの花嫁さん」を除いて、大部分がチャートインできなかった年であった。マンとハグは他の道を模索し始め、アルバムは制作されなかった。フォンタナは廉価版アルバム『ホワット・ア・マン』(Fontana SFL 13003)を編集した。これはシングルのA面、B面、インストゥルメンタルEPからの曲を集めたコンピレーションアルバムであった。

翌1968年には2枚のアルバム、2月に映画「アップ・ザ・ジャンクション」のサウンドトラック、7月に『マイティ・ガーヴィ!』がリリースされた。サウンドトラックからは「アップ・ザ・ジャンクションのテーマ」、B面に「スリーピー・ホロウ」のシングルがリリースされたが、これは失敗作であった。『マイティ・ガーヴィ!』からは「マイティ・クイン」がシングルカットされたが、これは彼らにとって3枚目のNo.1ヒットとなった。この曲は3枚目のディランのカヴァーであり[4]、カナダでは3位、アメリカでは10位となった。

次のシングルは1968年6月にリリースされたジョン・サイモンのカヴァー、「マイ・ネーム・イズ・ジャック」であったが、アメリカのマーキュリー・レコードが歌詞の「スーパー・スペード」というフレーズ(ヘイト・アシュベリーのドラッグの売人を連想させる)についてクレームを付け、問題の部分を「スーパーマン」として再録音されるまでリリースは1週間遅れた[12]。しかしながらイギリスでは元の歌詞のままリリースされた。1968年12月にリリースされた「フォックス・オン・ザ・ラン」は、イギリスで5位になった[3]

純粋にヒットシングルバンドとして見られるという制限とイメージに不満を感じ(最後の2枚のアルバムはチャートインできなかった)、グループは1969年に解散した[13]

1970年代初頭[編集]

マンとハグはグループ終焉の時点ですでに広告のジングルを書いていたが、マンフレッド・マン・チャプター・スリーと共にグループ形式で協力し続けた[3]。チャプター・スリーはヒットファクトリーとしてのグループのへの過剰反応としてマンによって説明された実験的なジャズロックバンドであった[14]。しばらくの間、彼らの音楽観は一致した。チャプター・スリーのファーストアルバムに収録された「Travellin'Lady」、「A "B" Side」では、すべてかつてのグループの同じリフを使用していた。

しかし新しいグループは短命であり、1971年までにセカンドアルバム(およびリリースされていない可能性のある不完全なサードアルバム)をリリースした後に解散、マンは新しいグループを結成した。この新しいグループのオリジナル・ラインナップは、ミック・ロジャース(ギターとヴォーカル)、マンフレッド・マン(オルガン、シンセサイザー、ヴォーカル)、コリン・パテンデン(ベース)、クリス・スレイド(ドラムとヴォーカル)で構成されていた。その極初期の段階では、バンドは単に「マンフレッド・マン」と呼ばれ、1960年代のグループの続きであった。そのカルテット(「マンフレッド・マン」として)は1971年に最初のシングル、ディランのカヴァー「おねがいヘンリー夫人」をリリースした。

アース・バンド[編集]

2枚目のシングル、ランディ・ニューマンの「リビング・ウィズアウト・ユー」もヨーロッパでは「マンフレッド・マン」としてリリースされたが、アメリカでは「マンフレッド・マンズ・アース・バンド」としてリリースされ、マイナーチャートでのヒットとなった。1972年以降、グループは「マンフレッド・マンズ・アース・バンド」の名称を使用し、マンフレッド・マンとは別のバンドと見なされている。マンフレッド・マンズ・アース・バンドは、1977年に「光に目もくらみ」をアメリカでヒットさせた[15]

マンフレッド・マンは、ロンドンのマーキー・クラブの25周年を祝うステージに出演するために、1983年6月にメンバー変更を行った[16]

1990年代に、元の1960年代のバンドメンバーが「ザ・マンフレッズ」を結成したが、バンド名の由来となったマンフレッド・マンは加わらなかった。彼らは60年代のヒット曲と何曲かのジャズ・インストゥルメンタルを演奏し、時にはポール・ジョーンズとマイク・ダボが同じステージに立った[6]。トム・マッギネスは1970年にマッギネス・フリントを結成し、何曲かをヒットさせた後、1975年に解散した。ジョーンズとマッギネスはどちらもブルース・バンドの主力となり、1978年に結成を支援した[6]

2009年、マンフレッズ(ダボ、ハグ、ジョーンズ、マッギネス)はクラウス・フォアマンと合流し、「フォアマン&フレンズ」として『A Sideman's Journey』をリリースした。これには「マイティ・クイン」が収録された。

メンバー[編集]

マンフレッド・マン、Dutch TV「Fenklup」、1967年5月27日

タイムライン[編集]

注:最も注目すべき楽器が記述されている。メンバーのほとんどは多くの楽器を演奏した。

ディスコグラフィ[編集]

UK アルバム

US アルバム

脚注/参照[編集]

  1. ^ Mike D'Abo Interview  2022年5月6日閲覧
  2. ^ マンフレッド・マン 2022年5月6日閲覧
  3. ^ a b c d e f Strong, Martin C. (2000). The Great Rock Discography (5th ed.). Edinburgh: Mojo Books. pp. 603-606. ISBN 1-84195-017-3 
  4. ^ a b c d e f g Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. pp. 345-346. ISBN 1-904994-10-5 
  5. ^ Roberts, David (1998). Guinness Rockopedia (1st ed.). London: Guinness Publishing Ltd.. p. 258. ISBN 0-85112-072-5. https://archive.org/details/guinnessrockoped0000unse/page/258 
  6. ^ a b c d e f g Roberts, David (1998). Guinness Rockopedia (1st ed.). London: Guinness Publishing Ltd.. p. 258. ISBN 0-85112-072-5. https://archive.org/details/guinnessrockoped0000unse/page/258 
  7. ^ a b Interview with Mike Hugg”. Retrosellers.com. 2011年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  8. ^ Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 121. CN 5585 
  9. ^ Jazz4now - The Dave Richmond Home Page Archived 1 August 2012 at Archive.is "'5-4-3-2-1' was recorded before I left the band, in fact I still receive PPL payments every time it is broadcast" - Dave Richmond
  10. ^ a b c Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 160. CN 5585 
  11. ^ Manfred Mann - Instrumental Assassination - Fontana - UK - TE 17483”. 45cat (2011年6月24日). 2011年7月18日閲覧。
  12. ^ Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 185. CN 5585 
  13. ^ “104.5 Classic Rock - Biography - Manfred Mann” (英語). 104.5 Classic Rock. http://player.listenlive.co/34491/en/artist/df_9c6d95f9-5101-49d9-ae1c-cff73b9e3317/biography 2018年7月12日閲覧。 
  14. ^ Manfred Mann's Earth Band - History Of The Band Archived 3 March 2012 at WebCite Platform End On-Line
  15. ^ ブルース・スプリングスティーンの曲をカバーしたものである
  16. ^ Tobler, John (1992). NME Rock 'N' Roll Years (1st ed.). London: Reed International Books Ltd. p. 381. CN 5585 

外部リンク[編集]