ジョン・ウェットン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ウェットン
John Wetton
John Wetton playing bass live.jpg
2010年1月のライブにて
基本情報
出生名 John Kenneth Wetton
生誕 (1949-06-12) 1949年6月12日
出身地 イングランドの旗 イングランド
ダービー州ウィリントン
死没 (2017-01-31) 2017年1月31日(67歳没)
ジャンル ロック
プログレッシブ・ロック
ハードロック
職業 ボーカリストベーシスト
担当楽器 ベースボーカル
共同作業者 ファミリー
キング・クリムゾン
ロキシー・ミュージック
エイジア
U.K. ほか
公式サイト JOHNWETTON.com
著名使用楽器
フェンダー・プレシジョンベース
ゾン・レガシー

ジョン・ケネス・ウェットン(John Kenneth Wetton, 1949年6月12日 - 2017年1月31日)は、イングランド出身のロックミュージシャンボーカリストベーシスト

キング・クリムゾン」「U.K.」「エイジア」など数々のロック・バンドに参加した実績を持ち、主にプログレッシブ・ロックの分野での活動で知られる。

概要[編集]

「モーガル・スラッシュ」「ファミリー」「キング・クリムゾン」「ロキシー・ミュージック」「ユーライア・ヒープ」「ブライアン・フェリー・バンド」「U.K.」「ウィッシュボーン・アッシュ」「エイジア」「アイコン」などの幅広いジャンルのバンドに在籍し、技巧的なベース演奏と歌声がロック・ファンに評価された。マルチプレイヤーでもあり、ギターやキーボードだけでなくフィドルまで演奏したことがある。特にプログレッシブ・ロックでの仕事が多く、とりわけキング・クリムゾン、U.K.、エイジアでの活動が有名だった[1]

生涯[編集]

生い立ち[編集]

イギリスのダービー、ウィリングトン生まれ。

音楽活動[編集]

エイジア- USA.ノーウォーク公演 (2006年9月)
Icon/エイジアの同僚ジェフ・ダウンズと (2006年9月)

キング・クリムゾン」時代は『太陽と戦慄』(1973年)や『レッド』(1974年)などの作品を残した[2]。また、「ユーライア・ヒープ」に在籍したときも、『幻想への回帰』(1975年)、『ハイ・アンド・マイティ』(1976年)の2枚のスタジオアルバムにおいて、ベースだけでなくボーカルも担当した。

1978年にはプログレッシブロック・バンド「U.K.」を結成。これは後に開始するバンド「エイジア」の雛形ともなっている。

1980年代前半、プログレッシブ・ロック界の著名なプレイヤーで結成されたスーパーグループ「エイジア」では全キャリア中最も成功を収める。デビュー・アルバム『詠時感〜時へのロマン』(1982年)は全米1位を記録した。エイジアでは一時解雇されるが復帰。1991年に脱退するまでは中心人物として活動した。脱退後は主にソロ・アーティストとして活動する一方、プログレッシブ・ロック系のアーティストのトリビュートアルバムに参加したり、スティーヴ・ハケットを中心とした大物ぞろいのバンドでツアーをしたりした(この縁でイアン・マクドナルドともツアーをした)。

U.K.、エイジアなどでの来日公演時には、ボーカル担当としてMCをする機会も多く、英語での挨拶、演奏曲やメンバー紹介もすることも多かった。U.K.のライブ・アルバムに収録されている「君たち最高だよ!」の日本語が本人も気に入っているので、その後、日本で彼が公演する時には必ず「君たち最高だよ!」と言うことにしていた。また日本のバンドとも関わりがあり、VOW WOWRXといったバンドともセッション経験があった。

晩年[編集]

2000年代以降になると、病気を患う事が少なくなかった。

2002年、エイジアでの作曲面のパートナーであるジェフ・ダウンズとライブで共演したのを機に、ダウンズとのユニット「ウェットン/ダウンズ」(Icon)を結成し、2005年にアルバム『アイコン』を発表[3]2006年に再結成されたエイジア(結成当初のオリジナル・メンバーで構成)に参加。精力的にツアーを行っていたが、2007年夏に行われた定期検診で心臓の冠動脈に異常が見つかり、同年8月10日にバイパス手術を受けた。回復は順調で、2008年からツアーは再開された。また、オリジナル・メンバーでのアルバム『フェニックス』の制作も実施され、同年4月発売。 2011年にはU.K.を再結成してライブ活動をしている[4]

2017年1月、かねてより罹患していた大腸癌の治療に専念するため、エイジアでの活動を一時休止することを表明した[5] が、間もなく病状が悪化し、同月31日に67歳で死去した[6]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ/プロジェクト[編集]

スタジオ・アルバム
  • 『コート・イン・ザ・クロスファイアー』 - Caught in the Crossfire (1980年)
  • 『ヴォイス・メイル』 - Voice Mail / Battle Lines (1994年) ※旧邦題『バトル・ラインズ』
  • 『アークエンジェル』 - Arkangel (1997年)
  • 『ウェルカム・トゥ・ヘヴン』 - Welcome to Heaven / Sinister (2000年)
  • 『ロック・オヴ・フェイス』 - Rock of Faith (2003年)
  • 『レイズド・イン・キャプティヴィティー』 - Raised in Captivity (2011年)
ライブ・アルバム
  • 『チェイシング・ザ・ドラゴン』 - Chasing the Dragon (live in Japan) (1995年)
  • 『アクスティカ/ライヴ・イン・アメリカ』 - Akustika: Live in America (1996年)
  • 『ライヴ・イン・トウキョウ』 - Live in Tokyo 1997 (1998年)
  • 『ノーマンズ・ランド』 - No Mans Land Live in Poland (1999年)
  • 『ヘイジー・モネット』 - Hazy Monet Live in New York City May 27, 1997 (1999年)
  • 『サブ・ローサ(ライヴ・イン・ミラン)』 - Sub Rosa Live in Milan Italy (1999年)
  • 『ライブ・イン・トウキョウ1999』 - Live at the Sun Plaza Tokyo 1999 (2000年)
  • 『ライヴ・イン・アージェンティーナ』 - Live in Argentina (2003年)
  • 『ライヴ・イン・スウェーデン』 - Live in Stockholm 1998 (2003年)
  • 『ライヴ・イン・オーサカ』 - Live in Osaka (2003年)
  • 『ライヴ・イン・ジ・アンダーワールド』 - Live in the Underworld (2003年)
  • 『アマータ』 - Amata (2004年)
  • 『アジェンダ』 - Agenda (2004年)
  • 『ライヴ・ヴィア・サテライト』 - Live via Satellite (2015年)
ウェットン・マンザネラ
  • 『ウェットン・マンザネラ』 - Wetton Manzanera (1987年)
Icon (ウェットン/ダウンズ)
  • 『ウェットン/ダウンズ』 - Wetton Downes (Demo Collection) (2002年)
  • アイコン』 - Icon (2005年)
  • Heat of the Moment '05 EP (2005年)
  • 『ルビコン』 - Icon II: Rubicon (2006年)
  • 『アイコン3』 - Icon 3 (2009年)

グループ[編集]

モーガル・スラッシュ
  • Mogul Thrash (1971年)
ファミリー
  • 『フィアレス』 - Fearless (1971年)
  • 『バンドスタンド』 - Bandstand (1972年)
キング・クリムゾン
ユーライア・ヒープ
  • 『幻想への回帰』 - Return to Fantasy (1975年)
  • 『ハイ・アンド・マイティ』 - High and Mighty (1976年)
ロキシー・ミュージック
  • 『VIVA!ロキシー・ミュージック』 - Viva! (1976年) ※ライブ・アルバム
ブライアン・フェリー・バンド
  • 『アナザー・タイム、アナザー・プレイス(いつかどこかで)』 - Another Time, Another Place (1974年)
  • 『レッツ・スティック・トゥゲザー』 - Let's Stick Together (1976年)
  • 『イン・ユア・マインド (あなたの心に)』 - In Your Mind (1977年)
  • 『ベールをぬいだ花嫁』 - The Bride Stripped Bare (1978年)
U.K.
ウィッシュボーン・アッシュ
  • 『ナンバー・ザ・ブレイヴ』 - Number the Brave (1981年)
  • 『アーガス・スルー・ザ・ルッキング・グラス』 - Argus Through the Looking Glass (2008年) ※マーティン・ターナー・アンド・フレンズ名義
エイジア

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]