キーボード・トリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キーボード・トリオ (Keyboard Trio)はロックポップスにおける楽器編成の一つである。キーボード主体のサウンドとなり、プログレッシヴ・ロックバンドジャズ・ロック・バンドに多く見られる。

特徴[編集]

楽器編成は、キーボード/ベース/ドラムであり、通常ロック・バンドには欠かせないギターが不在である事が特徴である。ギター不在であるため、必然的にキーボードがメロディー、ソロ、ハーモニー等のサウンドの上層部全般を担う事が多くなる。また、ベースがギター・パートを補うために、ファズディストーションをかけたり、目立つベース・ラインやベース・ソロを弾く事が多い。ベースが必要に応じてギターを弾く事もある。この場合、一時的に下記の編成になる。

ギター入りのキーボード・トリオもあり、この場合の楽器編成は、キーボード/ギター/ドラムとなる。不在のベース・パートをキーボードの低音部が補完するか、キーボードやギターがベースを兼任(ライブではギターとベースのダブルネックやベースペダルを使用)するため、サウンド面では通常のキーボード/ギター/ベース/ドラム編成とあまり変わらない。(リズム・セクションがやや単調になる傾向がある)

キーボード・トリオのバンドは、音数の少なさから、3人だけでサウンドを成立させ、更に維持させていくには高度な演奏力とアレンジ能力が必要となる。音数の少なさを補うために、レコーディングではストリングスやホーン・セクションを導入したり、サウンドの幅を広げるために、後にギター、サックス等がメンバーに加わるバンドもある。

なお、本稿では主にロックポップスにおける楽器編成について述べており、他ジャンルでは以下のような楽器編成を指す。

キーボード・トリオとなる経緯[編集]

  • 通常のロック・バンドにおいて、サウンドの中心がギターである事に異を唱える形で意図的にギターを排除して結成。
    • スージー・クリーム・チーズ等
  • ジャズにおけるピアノ・トリオを想定して。
    • 小谷美紗子Trio、クラムボン、サン・トレーダー、ベン・フォールズ・ファイヴ、矢野顕子グループ等
  • キーボード/ギター/ベース/ドラム編成を想定していたが、適切なギターが見つからずに。
    • エマーソン・レイク・アンド・パーマー等
  • キーボード/ギター/ベース/ドラム編成のバンドからギターが脱退し、ギターを補充せずにキーボードが穴を埋める形で。
    • エッグ、カンタベリー・フェアー、コレギウム・ムジクム、ジェラルド、ソフト・マシーン、ナイス、UK、レ・オルメ、モーモールルギャバン等

キーボード・トリオのバンド[編集]

通常のキーボード・トリオ(基本的にギターレス)[編集]

ギター入りのキーボード・トリオ(ベースレス、キーボード・ギターがベース兼任)[編集]

変則編成[編集]

※トリオ編成以外はキーボード・トリオの派生バンドを参照

専任ヴォーカル/キーボード/ドラム[編集]

キーボード/キーボード/ドラム[編集]