三柴理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三柴 理
別名 エディ
生誕 (1965-01-15) 1965年1月15日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都港区六本木
学歴 国立音楽大学中退
ジャンル ロック
クラシック音楽
職業 ピアニスト
キーボーディスト
作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 ピアノ
デジタルピアノ
シンセサイザー
ハモンドオルガン
活動期間 1983年 -
共同作業者 THE金鶴
筋肉少女帯
特撮
公式サイト 三柴 理/ピアノのなせる業と神髄

三柴 理(みしば さとし、1965年1月15日 - )は、日本ピアニストキーボーディスト作曲家東京都港区六本木出身。ロックバンド特撮のメンバー。

来歴[編集]

4歳からピアノを、9歳から作曲を学び、安川豊子、柏木由紀各氏に師事する[1]。ピアノはおもに、ベーゼンドルファースタインウェイを使用。ロックバンドのライブにおいて、デジタルピアノはカワイ、シンセサイザーはローランドを使用している。

国立音楽大学在学中にロックバンド「新東京正義乃士」を結成。同バンド解散後の1986年には、ロックバンド筋肉少女帯に「三柴江戸蔵」として加入(「エディ」の愛称はこの「江戸蔵」に由来)。1988年6月にメジャーデビューを果たすが、翌1989年2月に脱退する(ツアー中はピアノの練習ができない為、というのが理由だった[2])。その後は様々なロック、J-POPアーティストのサウンド・プロデュースを手掛け、映画音楽及びテレビCM音楽にも携わる。

2000年には、前年に筋肉少女帯を脱退した大槻ケンヂらとともにロックバンド特撮を結成。2006年12月に再結成した筋肉少女帯のサポートピアニストとしても活躍している。また、THE金鶴(リーダー:元有頂天のタボこと佐々木貴)のメンバーとして、数々の映像に付随する音楽を制作している。

音楽的特徴[編集]

ロックからポップスクラシックに至るまで、様々なジャンルの音楽を弾き分ける。
演奏のスタイルも幅が広く、流麗で繊細なピアニズムを基本としながら、一方で超絶技巧的な激しい表現も得意とする。

人物[編集]

柔道の有段者で身長180cm超の巨漢[3]サングラスに髭面といういかつい風貌[4]とは裏腹に、非常に温和でユーモラスな性格をしている。 高校時代まではクラシック音楽一筋だったが、内田裕也の影響でロックに目覚めることとなる[5]

インディーズ時代は破天荒な言動が多く、ステージでシンセサイザーをブンブンと振りまわした上にそれを客席に投げ込んだという事例や、ピアノを演奏し終えたのち突然全裸になりそのまま客席に飛び込んだ一件など、枚挙に暇がない[6]

メジャーデビュー以後はそのような過激なパフォーマンスこそ行わないが、演奏中自分の出番のない際に舞台上をウロウロと練り歩く、客を大袈裟な身振りで煽るなど、滑稽な人柄で観客を沸かせている[7]

ディスコグラフィー[編集]

筋肉少女帯の作品に関しては筋肉少女帯の当該項目を、特撮の作品に関しては特撮の当該項目を参照。

  • ピアノのなせる業と神髄/三柴 理(1996年)
  • サウンドギャラリー/ザ蟹(2001年9月21日)
  • Pianism/三柴 理(2002年11月21日)
  • ピアノで弾き倒す華麗なるロック・クラシックス/三柴 理(2003年10月23日)
  • TAG/三柴 理Electric Trio(2004年11月7日)
  • PianismⅡ/三柴 理(2009年11月18日)
  • THE金鶴/THE金鶴(2009年11月18日)
  • JAMMIN' with CHOPIN ~トリビュート・トゥ・ショパン~」(2010年03月24日)の1曲目「前奏曲 #22 ト短調、Op. 28/22」に三柴理として、11曲目「前奏曲第 #15 変ニ長調、Op.28-15、「雨だれ」」にTHE 金鶴として参加。
  • Freddie Mercury Tribute「LOVE OF MY LIFE」Piano Transcription Satoshi Mishiba/三柴 理(2011年6月8日)
  • 「Favorite Anime Songs Cover The Piano Side」Piano Transcription Satoshi Mishiba/三柴 理(2012年5月23日)
  • 堆積と浸食/内橋和久・吉田達也・三柴理(2012年10月6日)
  • Pianism of King-Show/三柴 理(2013年5月22日)
  • you!/Thunder You Poison Viper(2014年10月15日)
  • AKEBONO/三柴 理(2017年3月13日)

在籍バンド及びユニット[編集]

活動中[編集]

解散[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ NESS×三柴理 アルバム同時発売記念座談会 - ナタリー (2013年5月30日). 2015年11月15日閲覧。
  2. ^ 『筋肉少女帯自伝』(K&Bパブリッシャーズ)p.315
  3. ^ 大槻ケンヂ『わたくしだから』(集英社)p.34
  4. ^ 筋肉少女帯のアルバム『仏陀L』のジャケット、特撮のアルバム『5年後の世界』のジャケット等。
  5. ^ 『筋肉少女帯自伝』p.298
  6. ^ 大槻ケンヂ『リンダリンダラバーソール』(新潮文庫)p.27
  7. ^ 筋肉少女帯のシングル『混ぜるな危険』初回限定盤特典DVD等。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]