ピーター・ハミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピーター・ハミル
Peter Hammill
PHammill08.jpg
ピーター・ハミル(2008年)
基本情報
出生名 Peter Joseph Andrew Hammill
生誕 (1948-11-05) 1948年11月5日(70歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン イーリング
ジャンル プログレッシブ・ロックアート・ロック、アヴァン・ロック、ニュー・ウェイヴサイケデリック・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカルギターピアノキーボード
活動期間 1968年 -
レーベル カリスマ、S-Type、ヴァージン、Naive、Foundry、Enigma、Fie!
共同作業者 ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター
公式サイト www.sofasound.com

ピーター・ハミル(Peter Hammill、1948年11月5日 - )は、イギリスシンガーソングライター詩人ギタリストピアノ奏者キーボード奏者

プログレッシブ・ロック・バンド、ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの創設者としても知られる。

来歴[編集]

  • 1967年:クリス・ジャッジ・スミスとヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター(以下、VDGG)を結成。
  • 1969年:VDGG解散。レコード会社の要請により、VDGGのメンバーを集めてソロ・アルバム制作、後にVDGG名義の『The Aerosol Grey Machine』となる。VDGG再結成。
  • 1971年:1stアルバム『フールズ・メイト』録音。VDGG以前に作曲されていたが、VDGGにふさわしくないとされていた曲を中心に構成されており、VDGGのアウトテイク的性格が強い。
  • 1972年:VDGG解散。バンド解散中に『カメレオン・イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ナイト』『ザ・サイレント・コーナー・アンド・ジ・エンプティ・ステージ』『イン・カメラ』を録音。
  • 1974年:『ネイディアーズ・ビッグ・チャンス』録音。これがきっかけでVDGG再結成。
  • 1978年:VDGG解散。これ以降ソロ活動が中心となる。サウンドも打ち込み多重録音が多くなる。
  • 1981年:『シッティング・ターゲッツ』録音。ツアーのためにKグループを結成。同編成で『Enter K』『Patience』、ライブ『ザ・マージン/ライヴ』を録音。
  • 1986年:『スキン』録音。再び打ち込み多重録音が多くなる(ただし、途中キーボード弾き語り作品『アンド・クローズ・アズ・ディス』がある)。
  • 1991年エドガー・アラン・ポーの小説「アッシャー家の崩壊」を基にしたロック・オペラ『The Fall Of The House Of Usher』を、台本:クリス・ジャッジ・スミス、作曲:ハミルで制作。
  • 1993年:久しぶりにバンド編成(ハミル、ジョン・エリス(g)、ニック・ポッター(b)、マニー・エライアス(ds)、デヴィッド・ジャクソン(sax/f))で『The Noise』を録音。ツアーのために同編成からエリスとジャクソンが抜け、スチュアート・ゴードン(vlin,g)が加わった状態でザ・ノイズ・バンドを結成。ライブ『There Goes The Daylight』を録音。
  • 1994年:『Roaring Forties』録音。演奏はザ・ノイズ・バンドだが、ジャクソン参加、ポッター不在の曲もある。ツアーのためにphカルテット(phQ)を結成。
  • 1996年:『クロス・マイ・ハート』録音。演奏はphカルテット
  • 1997年:『Everyone You Hold』録音。これ以降断片的にエライアス、ジャクソン、ゴードンがゲスト参加する以外は全てハミルが楽器を演奏している。

   ガイ・エヴァンス&ピーター・ハミルでライブ。ここではVDGGとしても演奏している。

  • 2003年:この年の暮れ、心臓発作で倒れるが大事には至らず。
  • 2004年:VDGG再結成。
  • 2006年:『シンギュラリティ』録音。全ての楽器をハミルが演奏している。
  • 2009年:『Thin Air』録音。
  • 2012年:『Consequences』録音。

ソロ活動中のバンドについて[編集]

ハミルはVDGG以外にもツアーのために幾つかバンドを結成している。

Kグループ(K Group)(1981年〜1984年)

  • K / ピーター・ハミル(Peter Hammill) - vocal/guitar/piano
  • Fury / ジョン・エリス(John Ellis) - guitar
  • Mozart / ニック・ポッター(Nic Potter) - bass guitar
  • Brain / ガイ・エヴァンス(Guy Evans) - drums

この編成で『Enter K』『Patience』、ライブ『ザ・マージン/ライヴ』を録音している。

ザ・ノイズ・バンド(The Noise Band)(1993年)

  • ピーター・ハミル(Peter Hammill) - vocal/guitar
  • Hooly / スチュアート・ゴードン(Stuart Gorrdon) - violin/guitar
  • Mozart / ニック・ポッター(Nic Potter) - bass guitar
  • Max / マニー・エライアス(Manny Elias) - drums

この編成でライブ『There Goes The Daylight』『Roaring Forties』を録音している。

phカルテット(phQ)(1994年)

  • ピーター・ハミル(Peter Hammill) - vocal/guitar
  • Jaxon / デヴィッド・ジャクソン(David Jackson) - sax/flute
  • Hooly / スチュアート・ゴードン(Stuart Gorrdon) - violin
  • Max / マニー・エライアス(Manny Elias) - drums

この編成でのツアーはベース不在。
この編成で『Roaring Forties』(ハミルがキーボードも演奏)、『クロス・マイ・ハート』(ハミルがベース/キーボードも演奏)を録音している。
この3人は『Everyone You Hold』以降のほとんどのアルバムに断片的に参加している(ただし、一緒にではない)。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『フールズ・メイト』 - Fool's Mate (1971年)
  • 『カメレオン・イン・ザ・シャドウ・オブ・ザ・ナイト』 - Chameleon In The Shadow Of The Night (1973年)
  • 『ザ・サイレント・コーナー・アンド・ジ・エンプティ・ステージ』 - The Silent Corner And The Empty Stage (1974年)
  • 『イン・カメラ』 - In Camera (1974年)
  • 『ネイディアーズ・ビッグ・チャンス』 - Nadir's Big Chance (1975年)
  • 『オーヴァー』 - Over (1977年)
  • 『ザ・フューチャー・ナウ』 - The Future Now (1978年)
  • 『pH7』 - pH7 (1979年)
  • 『ア・ブラック・ボックス』 - A Black Box (1980年)
  • 『シッティング・ターゲッツ』 - Sitting Targets (1981年)
  • Enter K (1982年)
  • Patience (1983年)
  • Loops And Reels (1983年)(3曲以外インストゥルメンタル)
  • 『スキン』 - Skin (1986年)
  • 『アンド・クローズ・アズ・ディス』 - And Close As This (1986年)
  • 『イン・ア・フォーリン・タウン』 - In A Foreign Town (1988年)
  • 『夢見』 - Out Of Water (1990年)
  • The Fall Of The House Of Usher (1991年) ※1999年にバッキングトラック、自身のボーカルを差し替えて再発
  • Fireships (1992年)
  • The Noise (1993年)
  • Roaring Forties (1994年)
  • Sonix (1996年)(1曲以外インストゥルメンタル)
  • 『クロス・マイ・ハート』 - X My Heart (1996年)
  • Everyone You Hold (1997年)
  • This (1998年)
  • None Of The Above (2000年)
  • Unsung (2001年 Hammill/Sonix名義)(インストゥルメンタル)
  • 『ホワット、ナウ?』 - What, Now? (2001年)
  • Clutch (2002年)
  • Incoherence (2004年)
  • 『シンギュラリティ』 - Singularity (2006年)
  • Thin Air (2009年)
  • Consequences (2012年)
  • 『OTHER WORLD』 - Other World (2014年) ※with Gary Lucas
  • ...All That Might Have Been... (2014年)
  • From the Trees (2017年)

ライブ・アルバム[編集]

  • 『ザ・マージン/ライヴ』 - The Margin (1985年) ※『The Margin +』として2002年にテイク増量で再発
Kグループとして
  • Room Temperature (1990年)
ニック・ポーター(b)、スチュアート・ゴードン(vln)がサポート
  • There Goes The Daylight (1993年)
ザ・ノイズ・バンドとして
  • The Peel Sessions (1995年) ※1974年、1977年、1979年、1988年録音
1977年テイクにはグレアム・スミス(vln)がサポート
  • Typical (1999年) ※1992年録音
  • Veracious (2006年) ※1999年、2001年、2004年録音
スチュアート・ゴードン(vln)がサポート
  • Pno Gtr Vox (2011年)
  • Pno, Gtr, Vox BOX (2012年)

コンピレーション[編集]

  • 『ザ・ラヴ・ソングス』 - The Love Songs (1984年) ※原曲にオーバーダビング、再録音等をしている
  • The Storm (Before The Calm) (1993年)
  • The Calm (After The Storm) (1993年)
  • Offensichtlich Goldfisch (1993年) ※原曲にドイツ語ボーカルを差し替えている
  • After The Show (1996年)
  • The Thin Man Sings Ballads (2002年)

シングル[編集]

  • Red Shift Part 1 / Red Shift Part 2 (1973年)
  • Birthday Special / Shingle Song (1975年) ※Rikki Nadir名義
  • Crying Wolf / This Side Of The Looking Glass (1977年)
  • If I Could / The Future Now (1978年)
  • The Polaroid / The Old School Tie (1979年) ※A面:Rikki Nadir名義
  • My Experience / Glue (1981年)
  • Paradox Drive / Now More Than Ever (1982年)
  • Film Noir / Seven Wonders (1983年)
  • Just Good Friends / JGF Instrumental (1985年)
  • Painting By Numbers / You Hit Me Where I Live (1986年)

バンド・グループ[編集]

ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーター

※ヴァン・ダー・グラフ・ジェネレーターの稿を参照

ガイ・エヴァンス & ピーター・ハミル

  • Spur Of The Moment (1988年) ※インストゥルメンタル
  • The Union Chapel Concert (1997年)
VDGG名義での「Lemmings」を収録している。

ロジャー・イーノ & ピーター・ハミル

主なセッション参加作品[編集]

  • コリン・スコット 『コリン・スコット』 - Colin Scot (1971年)(バッキング・ボーカル)
  • レ・オルメ 『フェローナとソローナの伝説』 - Felona E Sorona (1973年)(英語詞)
  • ロバート・フリップ 『エクスポージャー』 - Exposure (1979年)(ボーカル)
  • ピーター・ガブリエル 『ピーター・ガブリエル IV』 - Peter Gabriel IV (1982年)(バッキング・ボーカル)
  • ミゲル・ボセ Bandido (1984年)(作詞)
  • アリーチェ 『雨の中の太陽』 - Il Sole Nella Pioggia (1989年)(共作/ボーカル)
  • ニック・ポーター The Blue Zone (1990年)(ギター)
  • クリス・ジャッジ・スミス Democrazy (1991年) ※1967年〜1977年録音(ギター/ベース/ハーモニウム/バッキング・ボーカル)
  • ピーター・ガブリエル 『US』 - Us (1992年)(バッキング・ボーカル)
  • ストラングラーズ 『ストラングラーズ&フレンズ』 - The Stranglers And Friends: Live In Concert (1995年) ※1980年録音(ボーカル)
  • AYUO 『ユーラシアン・ジャーニー』 - Songs From A Eurasian Journey (1997年)(ボーカル)
  • Saro Cosentino Ones And Zeros (1997年))(共作/ボーカル)
  • デヴィッド・クロス 『エグザイルズ』 - Exiles (1997年)(ボーカル)
  • Huschke Alien Diary (1998年)(共作/ボーカル)
  • ジャッジ・スミス Curly's Airships (2000年)(ボーカル)
ハミル、ヒュー・バントン、デヴィッド・ジャクソン、ジョン・エリスアーサー・ブラウン等参加。
  • AYUO 『Earth Guitar - 千の春の物語』 - Earth Guitar - 1000 Springs And Other Stories (2002年)(ナレーション)
  • PFM 『ライヴ・イン・ジャパン 2002』 - Live In Japan 2002 (2002年)(ボーナス曲でボーカル)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]