ダーティ・ループス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダーティ・ループス
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ジャンル エレクトリック・フュージョン・ポップ
活動期間 2013~
レーベル ヴァーヴ
ユニバーサルミュージックジャパン
共同作業者 デイヴィッド・フォスター(プロデューサー)
アンドレアス・カールソン(プロデューサー)
シモン・ペトレン(プロデューサー/エンジニア/サポートキーボード)
クリスチャン・クラフトリング(サポートキーボード)
アービッド・スベングンソン(サポートキーボード)
公式サイト [1](英語)
[2](日本語)
メンバー ジョナ・ニルソン(ボーカルキーボード
ヘンリック・リンダー(ベース
アーロン・メルガルド(ドラムス

ダーティ・ループス(Dirty Loops)は、スウェーデン出身の3人組バンド。

来歴[編集]

メンバー3人共、欧州最古の音楽学校であるソードラ・ラテン音楽学校からスウェーデン王立音楽アカデミーに進学。 ソードラ・ラテン音楽学校時代、ヘンリックとは友人だったアーロンがジョナに声をかけ、3人でバンド結成。

実験的な音楽を創造しインターネットから売り出すというスタイルを考え、アデルブリトニー・スピアーズジャスティン・ビーバーレディガガといった検索されやすい人気歌手の楽曲カバーをユーチューブにアップする手法を編み出す。白黒の演奏動画はインパクトを与え、後に同様のスタイルで動画を上げることをDIRTY LOOPS STYLEと呼ぶ者もいる。

2011年7月、レディガガの「ジャスト・ダンス」のカバー演奏動画をユーチューブに公開。アップした5本の動画が話題を呼び、累計で2000万ビューを超え知名度を上げた。また、平行してスウェーデンの歌手ダニー・ソーシドのライブにバックバンドとしてダーティ・ループスで参加。 楽曲カバー動画を見たデイヴィッド・フォスターが1年かけて口説き落とし音楽レーベル・ヴァーヴ・レコードと契約。

2012年デイヴィッド・フォスター&フレンズのツアーに帯同し、初来日も果たした。

2013年11月19日(日本では11月18日)、ファーストシングル「ヒット・ミー」でデビュー。

2014年2月25日、日本デビューに先駆け、ショーケース「J-WAVE SHOWCASE LIVE feat. DIRTY LOOPS」が渋谷 SOUND MUSEUM VISIONで開催。 4月16日にファーストアルバム『Loopified』(邦題:ダーティ・ループス)をリリース、4月20日にタワーレコード渋谷店でインストアライブ&サイン会を開催。 5月16、18日にビルボードライブ東京、ビルボードライブ大阪でライブ。 8月5日(日本では10月8日)、17才のギタリストアンドレアス・ヴァラディのデビューアルバムにダーティ・ループスとして1曲参加[1]。 8月16日、横浜赤レンガパークで行なわれた、音楽番組LIVE MONSTERの初のライブイベント LIVE MONSTER LIVEに出演。 ダーティ・ループス"ヒット・ミー" ジャパン・ツアー 2014と題して、11月26日、27日、28日にそれぞれ東京豊洲PIT、名古屋ダイアモンドホール大阪なんばHatchで日本ツアーが行なわれた。プロモーションも含め、2014年だけで6回来日した。

2015年、「ロスト・イン・ユー」がテラスハウス クロージング・ドアの挿入歌に採用。欧州最大の歌謡祭ユーロビジョン・ソング・コンテストのスウェーデン代表を決める番組メロディーフェスティバルの、昨年の優勝者の曲を人気アーティストがカヴァーするコーナーに出演し、昨年の優勝曲サンナ・ニールセンの「UNDO」を演奏。 「テイク・オン・ザ・ワールド」がスーパーフォーミュラの2015年シーズンのテーマソングに採用[2]マルーン5・ワールド・ツアー 2015の日本公演、9月2日に横浜アリーナで行なわれたマルーン5のオープニングアクトとしてツアーに帯同(9月1日に予定されていた大阪公演はマルーン5側の都合で開催中止)。

2016年サムスン電子のスマートフォンGalaxyの最新機S7/S7 edgeのキャンペーンに起用され、Galaxyのテーマ曲であるOver the Horizonのカバー曲[3]を発表し、着信メロディにも採用された[4]。 12月8、9日に行なわれた、ドバイのパラッツォ・ヴェルサーチホテル内にオープンするクインシー・ジョーンズのQ's BAR AND LOUNGEのグランドオープニングイベントに参加[5]

ライブはメンバー+1人のサポートキーボードを加えて4人でステージに立つことが多い。

アヴィーチーブライアン・マックナイト、クインシー・ジョーンズなど大物音楽家からもその実力の高さを称えられている。

メンバー[編集]

ジョナ・ニルソン(Jonah Nilsson)2月26日生 - ボーカル・キーボード
両親が教会で働いており、1歳から聖歌隊に入隊していた。11歳からピアノを始め、様々な音楽学校で学ぶ。19歳の時にスウェーデンのオーディションテレビ番組Idol 2006に出演。高校生でミュージシャンとしての活動を始めると、ダニー・ソーシドの曲のプロデュース、ツアーにも参加しバックコーラスとピアノを担当。それを見た多数のアーティストが仕事を依頼し、エイス・オブ・ベイスジェニー・バーグレンへ作曲とプロデュースも行なった。ちなみに、ダーティ・ループス(Dirty Loops)というバンド名は、ダニー・ソーシドが命名した。デビュー前後はコルグX50を愛用していたが、現在は同じくコルグのクロノス[6]を使用している。作曲時は譜面に落とさず、頭のなかで考えたものをコンピュータに入力している。使用するDAWLogicCubase。ライブではキーボードをクリスチャンにまかせてボーカルに徹することも多いが、「ヒット・ミー」の歌い出しのバックの複雑なキーボードフレーズを弾きながら歌う等、ボーカル、キーボードともに定評がある。無人島に持って行くならどのCD?という質問でパット・メセニーの『シークレットストーリー』を挙げている。
ヘンリック・リンダー(Henrik Linder)3月16日生 - ベース
4歳からピアノを始め、管楽器などにも試みた後、13歳の時に好きだった女の子に「ベースが一番セクシー」と言われベースを手に取る。レッド・ホット・チリ・ペッパーズフリーに憧れ、その後は幅広いジャンルのベーシストを研究し、16歳からセッションを行っていた。ワーク・オブ・アートのレコーディング/プロモーションビデオ[7]への出演、ジョナサン・フリッツェンのレコーディング等にも参加。ロックバンドにも参加していた。2014年の来日でスッキリ!!に出演した際、「カシオペアをやりたい」と日本のフュージョンバンドの名前を挙げ、またFacebook上ではファンからの「カシオペアでやりたい曲は?」という質問に対して「Messengers[8]」と答えるほど、日本のフュージョンにも精通している。2014年7月号のベースマガジンの表紙を飾る。2014年11月、アメリカのBass Player誌のYoung Gun Award受賞[9]。サポートキーボードのクリスチャン、弟のエリック・リンダーと共にフュージョンバンドリンダー・ブラザーズとして2015年にアルバムをリリース[10]し、同年7月には大阪・東京でライブも行なわれた。ベースはスウェーデンの工房マッティソンベース、アンプはEBSを使用。
アーロン・メルガルド(Aron Mellergårdh)3月1日生 - ドラムス
両親が歌手・演奏家という音楽一家に育つ。ドラムは一番上の兄からの影響でスタート。15歳の頃ストックホルムのほとんどの音楽学校の入試オーディションを受け、すべてのオーディションで史上最高得点を叩き出し伝説になった。音楽学校で機材をもっとも借りた、という歴代記録を作った。3位が500アイテム、2位がヘンリックの記録で1200アイテム、1位のアーロンは2500アイテム[11]。2011年エリック・サーデのアルバムに参加。ドラムはドラム・ワークショップ、シンバルはセイビアン[12]、ドラムヘッドはレモ、スティックはヴィックファース[13]を使用している。ヘンリックとはダーティ・ループスのデビュー前の10代の頃から、「Danger on the Roof」、「MOONLIGHT SAILORS」というバンドも一緒に組んでいた。著名アーティストのヒット曲をフュージョンアレンジにしてカバーするのはアーロンのアイデア[14]ジェフ・ポーカロウィリアム・ケネディデイヴ・ウェックルサイモン・フィリップスらを好きなドラマーとして挙げている。日本のゲームセンターにある太鼓の達人がお気に入りで、来日のたびに楽しんでいる。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • Loopified(邦題ダーティ・ループス)(2014年
    • 日本では4月16日、英国では5月19日、米国では8月19日に発売された。
    • 日本盤・英国盤には、「Automatic」(宇多田ヒカルのカバー)、「Got Me Going」の2曲が収録されている。
    • 「Automatic」の歌詞の英訳は、スライ&ロビーのアルバム『Jパラダイス』に収録されている「Automatic」の英訳を使用している。
    • 米国盤は上記2曲がない代わりに、「Circus」(ブリトニー・スピアーズのカバー)、「Rolling In The Deep」(アデルのカバー)、「Baby」(ジャスティン・ビーバーのカバー)の3曲が収録されている。
    • 『ダーティ・ループス~コンプリート・エディション~』としてデビュー前にユーチューブにアップしていた曲、新曲「Where's the Beat」を加えた2枚組CDで2014年10月8日に発売。ジャケットはメンバー自身も大ファンと公言する『ジョジョの奇妙な冒険』の作者荒木飛呂彦

シングル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]