レア・バード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レア・バード
Rare Bird
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1969年 - 1975年
レーベル カリスマ、ポリドール
旧メンバー スティーヴ・グールド
デヴィッド・カフィネッティ
グラハム・フィールド
マーク・アシュトン
クリス・ランドール
フレッド・ケリー
アンディー・チェッド・カーティス
ポール・ホランド
ポール・カラス
ニック・ポッター
アンディ・ラエ

レア・バード[1] (Rare Bird) は、イギリスプログレッシブ・ロックバンド。

来歴[編集]

  • 1969年、グラハム・フィールド、デヴィッド・カフィネッティ、スティーヴ・グールド、マーク・アシュトンにより結成。1stアルバム『レア・バード』録音。
  • 1970年2月、1枚目のアルバムから「シンパシー」がシングルとして発売され、フランス、イタリア、オランダで1位になり、シングルは100万枚、アルバムは200万枚以上の売り上げを果たし、レア・バードは一気にスターの座を獲得する。また同年、2ndアルバム『アズ・ユア・マインド・フライズ・バイ』録音。
  • 1971年、アシュトンとフィールドが脱退。アンディー・チェッド・カーティス、フレッド・ケリーが加入。
  • 1972年、ポール・カラス加入。3rdアルバム『Epic Forest』録音。
  • 1973年、ベースがニック・ポッターに交代。4thアルバム『Somebody's Watching』録音。1曲ジョン・ウェットンが参加。
  • 1974年、カフィネッティ、グールド、ケリーで5thアルバム『Born Again』録音。

その他[編集]

スティーヴ・グールドは、前に在籍していたバンド、ザ・フルート・マシーンではギタリストであった。よって厳密に言うと担当楽器はギター→ベース→ギターと変わっている。またこのバンドには後期レア・バードに加入するアンディー・チェッド・カーティスも在籍していた。その後グールドは、アルヴィン・リーのバンドにベーシストとして加入。

マーク・アシュトンはレア・バード脱退後ドラムを止めシンガーソングライターの道に進み、1974年から1988年までにヘッドストーンというバンドやソロ活動で5枚のアルバムを発表。ヘッドストーンでのメンバーは、ギタリストにアトミック・ルースタースティーヴ・ボルトン、またヘッドストーンの後にロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」でベースを弾いているフィリップ・チェンなど豪華な顔ぶれが揃っている。アシュトンは1996年頃から絵画の道を究め、現在、音楽活動と共に「マーク・アシュトン・ヴェイ」の名で国際的な画家としても活躍中。

メンバーと担当楽器[編集]

第1期 1969年-1970年[編集]

  • グラハム・フィールド(Graham Field) - organ/piano/harpsichord
  • デヴィッド・カフィネッティ(David Kaffinetti) - electric piano/piano/harpsichord
  • スティーヴ・グールド(Steve Gould) - bass guitar/vocal
  • マーク・アシュトン(Mark Ashhton) - drums/backing vocal

1stアルバム『レア・バード』、2ndアルバム『アズ・ユア・マインド・フライズ・バイ』録音。

第2期 1971年[編集]

  • デヴィッド・カフィネッティ(David Kaffinetti) - piano/organ
  • スティーヴ・グールド(Steve Gould) - bass guitar/vocal
  • アンディー・チェッド・カーティス(Andy 'Ced' Curtis) - acoustic guitar
  • フレッド・ケリー(Fred Kelly) - drums

「Red Man」(別テイク)録音。

第3期 1972年[編集]

  • デヴィッド・カフィネッティ(David Kaffinetti) - electric piano/organ/piano
  • スティーヴ・グールド(Steve Gould) - guitar/vocal
  • アンディー・チェッド・カーティス(Andy 'Ced' Curtis ) - guitar
  • ポール・カラス(Paul Karas) - bass guitar
  • フレッド・ケリー(Fred Kelly) - drums/backing vocal

+

  • アシュレイ(Ashley) - percussion(ゲスト/3rd)
  • ニック・ポッター(Nic Potter) - percussion(ゲスト/3rd)
  • ポール・コーダ(Paul Korda) - percussion(ゲスト/3rd)
  • ポール・ホランド(Paul Holland) - percussion(ゲスト/3rd)
  • クリス・ケリー(Chris Kelly) - percussion(ゲスト/3rd)

3rdアルバム『Epic Forest』録音。

第4期 1973年[編集]

  • デヴィッド・カフィネッティ(David Kaffinetti) - electric piano/piano/clavinet/organ
  • スティーヴ・グールド(Steve Gould) - guitar/vocal/(bass guitar)
  • アンディー・チェッド・カーティス(Andy 'Ced' Curtis ) - guitar
  • ニック・ポッター(Nic Potter) - bass guitar
  • フレッド・ケリー(Fred Kelly) - drums/percussion

+

  • ポール・コーダ(Paul Korda) - backing vocal(ゲスト/4th)
  • ニッキー・ジェイムズ(Nicky James) - backing vocal(ゲスト/4th)
  • ケヴィン・ラム(Kevin Lamb) - backing vocal(ゲスト/4th)
  • ジョン・ウェットン(John Wetton) - bass guitar(ゲスト/4th)
  • アル・マシューズ(Al Matthews) - percussion(ゲスト/4th)
  • サミ・アブ(Sammi Abu) - percussion(ゲスト/4th)
  • ポール・ホランド(Paul Holland) - percussion(ゲスト/4th)

4thアルバム『Somebody's Watching』録音。

第5期 1974年-1975年[編集]

  • デヴィッド・カフィネッティ(David Kaffinetti) - electric piano/piano/clavinet/organ/synthesizer/backing vocal
  • スティーヴ・グールド(Steve Gould) - guitar/bass guitar/vocal/sax(6th)
  • フレッド・ケリー(Fred Kelly) - drums/percussion/backing vocal

+

  • アンディー・リー(Andy Rea) - bass guitar(ゲスト/5th)
  • ケヴィン・ラム(Kevin Lamb) - backing vocal(ゲスト/5th)

5thアルバム『Born Again』録音。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『レア・バード』 - Rare Bird (1969年)
  • 『アズ・ユア・マインド・フライズ・バイ』 - As Your Mind Flies By (1970年)
  • Epic Forest (1972年)
  • Somebody's Watching (1973年)
  • Born Again (1974年)

シングル[編集]

  • 「シンパシー/悪魔の関心」 - Sympathy / Devil's High Concern (1970年)
  • What You Want To Know / Hammerhead (1971年)
  • Roadside Welcome / Four Grey Walls / You're Lost (1972年)
  • Virginia / Lonely Street (1973年)
  • Body And Soul / Redman (1974年)
  • Don't Be Afraid / Passin' Through (1975年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ レアー・バードの表記もある。

外部リンク[編集]