雨先案内人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
雨先案内人
出身地 日本の旗 日本 宮城県仙台市
ジャンル ロック
活動期間 2010年 -
レーベル デルタチューンズ
公式サイト http://amesakiannainin.jimdo.com/
メンバー 雨ノ地晴太郎(ボーカル&ギター)
江口さっちゃん(ボーカル&ピアノ)
武田駿平(ギター&コーラス)
コンノハルヒロ(ベース&コーラス)
中島元良(ドラムス&コーラス)
旧メンバー 西山小雨(ボーカル&ピアノ)
齋藤ぽんちょ(コーラス&ベース)

雨先案内人(あめさきあんないにん)は、日本のロックバンド

メンバー[編集]

雨ノ地晴太郎
ボーカルギター担当。
江口さっちゃん
ボーカル、ピアノ担当。
武田駿平
ギター、コーラス担当。
コンノハルヒロ
ベース、コーラス担当。
中島元良
ドラムス、コーラス担当。

元メンバー[編集]

西山小雨
ボーカルピアノ担当。
齋藤ぽんちょ
コーラスベース担当。

来歴[編集]

「雨先案内人」はもともと、雨ノ地がソロ活動の際に使用していた名義である[1]。雨ノ地はボーカル&アコースティック・ギターとして3年ほど活動していたが[1]2010年6月に西山と齋藤を誘い、バンド「雨先案内人」として活動を始める。

2011年、ファーストアルバム『おいしい音楽』がタワーレコードのプッシュ・アイテムである「タワレコメン」に選出される[2]など話題を集めている[3]

2013年、12月27日をもって、ベースの齋藤ぽんちょ、ピアノの西山小雨が脱退[4]

音楽性[編集]

雨先案内人は自分たちのスタイルを「祭りスタイル[1]」「みんなで唄う[1]」と表現しており、彼らの楽曲は「聴いてて楽しくなる無邪気なサウンド[5]」と評されている。

雨先案内人と交流が深いおとぎ話の有馬和樹は、雨先案内人の音楽について「小さな頃の自分と今の自分をギューっと抱きしめてくれる魔法みたい」と表現している[2]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. おひさま / イエーイ!!(2012年2月22日
    • 『おひさま』はファーストアルバム『おいしい音楽』からのリカット、『イエーイ!!』はセカンドアルバム『魔法のコトバ』からの先行シングルカット
    • 『おひさま』はアニメ男子高校生の日常』のエンディングテーマ[3]。当初、同アニメのエンディングテーマは人格ラヂオの『引き算』が使用される予定だった[6]が、人格ラヂオがタイアップを辞退した[7]ため、エンディングテーマに起用される運びとなった。

アルバム[編集]

  1. おいしい音楽(2011年10月5日
  2. 魔法のコトバ(2012年7月17日

ライブ会場限定音源[編集]

  1. 唄はともだち(2010年10月16日
  2. 友達をつくろう(2011年2月3日

出典[編集]

  1. ^ a b c d バイオグラフィー”. 雨先案内人. 2012年4月5日閲覧。
  2. ^ a b 〈タワレコメン〉選出!仙台発の3人組、雨先案内人のアルバムが本日到着”. タワーレコード (2011年10月5日). 2012年4月5日閲覧。
  3. ^ a b TVアニメ「男子高校生の日常」テーマ曲を収録したシングルがWリリース!”. リッスンジャパン (2012年2月22日). 2012年4月5日閲覧。
  4. ^ 雨先案内人の西山小雨、齋藤ぽんちょが年内卒業”. ナタリー (2013年11月28日). 2014年2月7日閲覧。
  5. ^ 【タワレコメン】2011年度第4弾は雨先案内人とKiyoshi Sugo”. タワーレコード (2011年8月17日). 2012年4月5日閲覧。
  6. ^ ミクスピと人格ラヂオがアニメ「男子高校生の日常」主題歌”. ナタリー (2011年10月20日). 2012年4月5日閲覧。
  7. ^ 人格ラヂオが活動自粛を発表”. ナタリー (2011年12月13日). 2012年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]