フレンズ (男性アイドルグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フレンズ Friends
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル歌謡
活動期間 1972年 - 1975年 (第1期)
2012年 - 現在 (第2期)
レーベル ビクターレコード
ワーナー・パイオニア
事務所 ユタカプロダクション
共同作業者 大坂英之 (本名:大坂勝利)

フレンズは、1970年代に活躍した4人組の男性アイドルグループ。中学、高校の同級生で結成されたグループである。所属事務所はユタカプロダクション(モーニング・プロモーションから社名変更)。1972年4月25日にレコードデビューし、1975年9月15日解散。37年を経た2012年に4人全員が奇跡的に揃い再結成を果たした。 弟分グループは「レモンパイ」。

メンバー[編集]

メンバー 本名 プロフィール 愛称
水無月しげる (みなづき しげる) 田口茂 1953年8月18日生まれ、神奈川県川崎市出身、O型、日本大学高等学校卒業 シゲル
萩健之 (はぎ たけし) 富島健之 1953年5月13日生まれ、神奈川県川崎市出身、AB型、日体荏原高等学校卒業 タケシ
鮎川賢 (あゆかわ けん) 吉野豊 1953年12月29日生まれ、愛知県名古屋市出身、横浜市戸塚区育ち、AB型、日本大学高等学校卒業 ケンちゃん
田宮アキラ (たみや あきら) 遠藤民也 1953年5月18日生まれ、神奈川県川崎市出身、AB型、日本大学高等学校卒業 アキラ

略歴[編集]

結成以前[編集]

水無月しげる萩健之田宮アキラは、川崎市立富士見中学校の同級生で、雑誌『高一時代』(旺文社)、『高一コース』(学習研究社)などの表紙モデルとして活躍。その後、水無月しげる萩健之鈴木かずみの3人で、アイドルグループ「ジャック・イン・ザ・ボックス」として1970年にテイチクレコードよりシングル『LOVE ROCK NO.5 c/w ガラスのマリア』でレコードデビュー。続けて『涙の日曜日 c/w 恋のクサリ』、『卒業 c/w 僕等の夜明け』と、計3枚のシングルレコードをリリースした。

結成[編集]

水無月しげる田宮アキラ鮎川賢は、横浜市内の日本大学高校にて出会う。そこに水無月しげる田宮アキラの中学校の友人萩健之を含めた4名で、歌って踊って演奏も出来るグループを目指し結成。友人同士ということで、グループ名は文字通り「フレンズ」と命名。

1972年4月、『夢の宝島』でビクターレコードよりデビュー。 TBSテレビぎんざNOW!』のレギュラー他、多数の番組でアシスタントレギュラーを務め、ワーナー・パイオニアへ移籍後は『レモンスカッシュ』、『熱いおくりもの』などの代表曲で知られる。

1975年9月15日東京郵便貯金会館にて解散。

解散後[編集]

水無月しげるは、1975年、上村功成岡康之高木貴司の4人で「ニューフレンズ」として再結成するも、デビューには至らず、数年の模索の後、事務所にてマネージャとして辣腕を揮う。

一方、「ニューフレンズ」は水無月と入れ替わりで高木貴司の兄弟の高木智司が加入し、バンド「ロッキーズ」として1978年に『砂漠のファンタジー c/w 夏のラブソング』レコードデビュー。続いて『ムーン・ライト・クィーン c/w さがしもの』(1978年)、『燃ゆる想い c/w ナインス・ハイ』(1979年)と、計3枚のシングルをリリースするもヒットには至らず、ユタカプロダクションの後輩である「銀蝿一家」のバックバンドとなった。

田宮アキラは、弟の遠藤将人と「アルル」を結成し、1977年4月、CBSソニーよりシングル『背中あわせ』でレコードデビュー。第8回日本歌謡大賞新人賞(日本テレビ)受賞。また、CBSソニー賞も受賞した。『ジェラシー』、『あゝ野麦峠』(1979年東宝の同名映画の主題歌)と、計3枚のレコードをリリースした。

萩健之は、渡辺プロダクションに移籍し、バンドを組んで音楽活動を模索。その後、活動を停止し、芸能界から引退。

鮎川賢も、渡辺プロダクションに移籍し、俳優へ転向してテレビドラマ『すぐやる一家青春記』(1977年7月5日 - 10月18日TBS)、『大都会 PARTII』(「炎の土曜日」、1977年7月12日、日本テレビ)や、映画『原子力戦争』(1978年2月25日、ATG)などに出演。その後、活動を停止し、芸能界から引退。

再結成[編集]

2009年10月28日、フレンズのシングル曲をオクテットレコードより、復刻盤CD発売。

2009年11月4日、フレンズ復刻盤CD発売記念ライブとして、水無月しげる田宮アキラの2人で、四谷のライブハウス「ライブインマジック」にて再結成ライブを行う。

2010年11月14日に行われた「第2回 なんちゃって!?カーニバル」から、萩健之も参加。

2012年12月2日に行われた「第5回 なんちゃって!?カーニバル」から、音信不通であった鮎川賢が奇跡的に見つかり、37年振りに4人メンバーが揃い、年に1、2回のコンサート活動を行うに到る。

ディスコグラフィ[編集]

シングル (ビクターレコード)[編集]

  1. 夢の宝島(作詞:なかにし礼、作編曲:都倉俊一) c/w 恋のビーチ・ボーイ(作詞:なかにし礼、作編曲:都倉俊一) (1972年4月25日)
  2. 少年よ大志を抱け(作詞:なかにし礼、作曲:石松譲二、編曲:馬飼野俊一) c/w 俺たちに明日はない(作詞:なかにし礼、作曲:石松譲二、編曲:馬飼野俊一) (1972年)
  3. 真赤なスポーツ・カー(作詞:安井かずみ、作編曲:葵まさひこ) c/w 一人ぼっちの口笛(作詞:安井かずみ、作編曲:葵まさひこ) (1973年)

シングル (ワーナー・パイオニアレコード)[編集]

  1. レモンスカッシュ(作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:竜崎孝路) c/w ふたりの舞踏会(作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:竜崎孝路) (1973年10月)
  2. 熱いおくりもの(作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:竜崎孝路) c/w 星空のロマンス(作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:竜崎孝路) (1974年3月)
  3. 孤独のフォーク・シンガー(作詞:阿久悠、作曲:シュキ・レヴィ、編曲:東海林修) c/w 鷗よ急げ(作詞:阿久悠、作曲:シュキ・レヴィ、編曲:東海林修) (1974年8月)
  4. 心のこり(作詞:松本隆、作曲:串田悠介、編曲:原田良一) c/w ふたりの朝(作詞:宮下康仁、作曲:穂口雄右、編曲:穂口雄右) (1975年3月)

アルバム[編集]

  1. レモンスカッシュ (作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:竜崎孝路)
  2. ふたりの舞踏会 (作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫、編曲:竜崎孝路)
  3. フレンズのテーマー (作詞:阿久悠、編曲:井上忠夫)
  4. 亜麻色の髪の乙女 (作詞:橋本淳、作曲:すぎやまこういち、編曲:原田良一)
  5. エメラルドの伝説 (作詞:なかにし礼、作曲:村井邦彦、編曲:原田良一)
  6. 君をひとりじめ (作詞:阿久悠、作曲:高瀬タカシ、編曲:原田良一)
  7. ジョニー・ビー・グッド (C.Berry、編曲:チト河内グループ)
  8. しあわせの朝 (M.Leander-E.Seago、編曲:チト河内グループ)
  9. ヴィーナス (R.V.Leeuwen、編曲:チト河内グループ)
  10. 黒くぬれ (M.Jagger-K.Richard、編曲:チト河内グループ)
  11. 悲しみのアンジー (M.Jagger-K.Richard、編曲:原田良一)
  12. フレンズの“ホワッド・アイ・セイ (R.Charles、編曲:チト河内グループ)
  • ベスト・シングル・コレクション2009年10月28日、オクテットレコード / コミーエンタテインメント)
  1. レモンスカッシュ
  2. ふたりの舞踏会
  3. 熱いおくりもの
  4. 星空のロマンス
  5. 孤独のフォーク・シンガー
  6. 鷗よ急げ
  7. 心のこり
  8. ふたりの朝

出演[編集]

[1]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • リコー リコー オートハーフ (キャッチコピー:プッチーな、プッチーな、カメラです。)

ステージ[編集]

日劇ウエスタンカーニバル[編集]

  • 1973年8月27-29日 「第49回日劇ウエスタンカーニバル -第3弾 ハロー ロックン ロール パーティ-」日本劇場、1973年8月27-29日[4]
  • 1974年4月 「第50回日劇ウエスタンカーニバル -ヤングアイドル大集合-」日本劇場、1974年4月[5]
    • 出演者:フィンガー5、あいざき進也、チャコとヘルスエンジェル、ローズマリー、レモンドック、オギノ達也とフーリンカザン、ドゥー・T・ドール、ロックンロールサーカス、フレンズ伊丹サチオ
    • フレンズの楽曲:燃えよドラゴン、僕はロックン・ローラー、ブラザー・ルイ、熱いおくりもの
  • 1974年8月 「第51回日劇ウエスタンカーニバル -ぎんざNOWで大集合-」日本劇場、1974年8月23-26日[6]
    • 出演者:あいざき進也、チャコとヘルスエンジェル、ローズマリー、ドゥー・T・ドール、アンデルセン、ジャネット、江川ひろし、弾ともやフレンズ、伊丹サチオ、パワープレーヤーズ、司会:平鉄平、井原かつみ
    • フレンズの楽曲:熱いおくりもの、ロックン・ロール・ミュージック、孤独のフォーク・シンガー、朝日のあたる家
  • 1975年3月 「第52回日劇ウエスタンカーニバル -ばらとみかんとバイオリンと-」日本劇場、1975年3月[7]

再結成後の活動[編集]

  • 2009年10月28日 シングル曲を復刻盤CD発売 (オクテットレコード)
  • 2009年11月4日  復刻盤CD発売記念ライブ (水無月しげる/田宮アキラ)
  • 2010年4月29日  第1回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ)
  • 2010年11月14日 第2回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之)
  • 2011年9月18日  第3回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之)
  • 2012年6月17日  第4回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之)
  • 2012年12月2日  第5回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之、鮎川賢)
  • 2013年6月9日  第6回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之、鮎川賢)
  • 2014年1月19日  第7回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之、鮎川賢)
  • 2015年1月18日  第8回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之)
  • 2015年10月18日 第9回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之、鮎川賢)
  • 2016年11月6日 第10回なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之)
  • 2017年10月22日 第11回 なんちゃって!?カーニバル (水無月しげる、田宮アキラ、萩健之、鮎川賢)

出典[編集]

  1. ^ ファンクラブ会報誌「フレンズ」の「昭和48年12月スケジュール(1973年12月)」、事務所のファンクラブ会報誌「YOUNGER-GENERATION NO.2」の「1975年3月スケジュール」表3頁参照。
  2. ^ 公演パンフレット、発行者・発行所:東宝株式会社事業部、内田和也、1972年(S47)6月10日発行、パンフレットpp.1-7頁参照。
  3. ^ 公演パンフレット、企画・実施:日本チャリティ協会、pp.2-9頁参照。
  4. ^ 公演パンフレット、発行者・発行所:東宝株式会社事業部、大橋雄吉、1973年(S48)8月25日発行、pp.10-14頁参照。
  5. ^ 公演パンフレット、発行者・発行所:東宝株式会社事業部、大橋雄吉、1974年(S49)4月3日発行、pp.1-11頁参照。
  6. ^ 公演パンフレット、発行者・発行所:東宝株式会社事業部、大橋雄吉、1974年(S49)8月23日発行、pp.1-14頁参照。(P.1頁に、「今回で51回目」と記述あり。)
  7. ^ 公演パンフレット、発行者・発行所:東宝株式会社事業部、大橋雄吉、1975年(S50)8月25日発行、pp.1-15頁参照。

外部リンク[編集]