グレン・キャンベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グレン・キャンベル
Glen Campbell
Glen Campbell 1967.JPG
1967年
基本情報
出生名 グレン・トラヴィス・キャンベル
Glen Travis Campbell
生誕 (1936-04-22) 1936年4月22日
アメリカ合衆国アーカンソー州ディライト
死没 (2017-08-08) 2017年8月8日(81歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州ナッシュビル
ジャンル カントリー, ロック, フォーク, ポップ, フォークロック, ゴスペル
職業 ミュージシャン, ソングライター, 俳優
担当楽器 ヴォーカル, ギター, バンジョー, ベース, バグパイプ[1]
活動期間 1958年–2013年
レーベル キャピトル, アトランティック, MCA, リバティ, サーフドッグ, ニュー・ヘイヴン
共同作業者 チャンプス, ザ・ビーチ・ボーイズ, ボビー・ジェントリー, アン・マレー, ジミー・ウェッブ, ジョン・ハートフォード, ジェリー・リード
公式サイト www.glencampbellmusic.com

グレン・トラヴィス・キャンベル (Glen Travis Campbell 1936年4月22日 - 2017年8月8日[2]) は、アメリカ合衆国カントリー・ミュージック歌手、ギター奏者、テレビ司会者、俳優。1960年代および1970年代に多くのヒット曲を生み出し、CBSのバラエティ番組『The Glen Campbell Goodtime Hour』の司会で知られる。

概要[編集]

ショー・ビジネスでの約50年間で、キャンベルは70枚以上のアルバムを発表した。レコード4,500万枚を売り上げ、12枚のゴールド・アルバム、4枚のプラチナ・アルバム、1枚のダブル・プラチナ・アルバムが認定された。『ビルボード』誌のカントリー・チャート、ホット100、アダルト・コンテンポラリー・チャートに80曲がランクインし、うち29曲がトップ10に入り、うち9曲が第1位になった。

ヒット曲にはジョン・ハートフォードの「ジェントル・オン・マイ・マインドGentle on My Mind)」、ジミー・ウェッブの「恋はフェニックスBy the Time I Get to Phoenix)」、「ウィチタ・ラインマンWichita Lineman)」、「ガルベストンGalveston)」、ラリー・ワイスの「ラインストーン・カウボーイRhinestone Cowboy)」、アラン・トゥーサンの「サザン・ナイツSouthern Nights)」などがある。

1967年、「ジェントル・オン・マイ・マインド」がカントリー・アンド・ウエスタンで、「恋はフェニックス」がポップで、カントリーとポップの双方でグラミー賞を獲得した[3]。初期のヒット曲3曲が2000年、2004年、2008年のグラミー殿堂賞を受賞し、2012年、自身がグラミー特別功労賞を受賞した。CMAアワードおよびACMアワード双方で男性ヴォーカリスト賞を受賞したことがあり、1968年にはCMAの最高賞エンターテイナー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。1969年、俳優ジョン・ウェインが映画『勇気ある追跡』にキャンベルを出演させ、キャンベルはゴールデングローブ賞新人賞にノミネートされた。キャンベルが歌ったこのタイトル曲はアカデミー賞にノミネートされた。

2011年、アルツハイマー病の診断を発表。

2017年8月8日、アメリカ・ナッシュビルの施設で午前10時頃、死去、81歳[2]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

アーカンソー州パイク郡ディライト近くの小さな町ビルズタウンにて、ジョン・ウエズリー・キャンベルとキャリー・デル(旧姓ストーン)のもとに12人きょうだいの7番目として生まれた[4]。 彼の父親はスコットランド系の小作人であった[5][6]。幼い頃に譜読みを学ばずに叔父からギターの弾き方を習った[7]。 1954年、キャンベルはアルバカーキに転居し、叔父のバンドであるディック・ビルズ&サンディア・マウンテン・ボーイズに参加し[8]、叔父のラジオ番組にも出演し[7]、さらにKOBの子供ローカル番組『K Circle B Time 』にも出演した[9]。1958年、キャンベルは自身のバンドであるウエスタン・ラングラーズを結成した[8]

1960年-1966年: 初期の経歴[編集]

1960年、キャンベルはスタジオ・ミュージシャンになるべくロサンゼルスに転居した[10][11]。この頃、チャンプスにも参加した。すぐにキャンベルはスタジオ・ミュージシャンとして高い評価を受け、のちのレッキング・クルーとなるスタジオ・ミュージシャン・グループに参加した[11][12]。この時期にボビー・ダーリンリッキー・ネルソンディーン・マーティンナット・キング・コールモンキーズナンシー・シナトラマール・ハガードジャン&ディーン[10]エルヴィス・プレスリー[13]フランク・シナトラフィル・スペクターらとレコーディングを行なった[11][12]。 1964年12月から1965年3月上旬、キャンベルはブライアン・ウィルソンの代役としてザ・ビーチ・ボーイズのツアー公演に参加した[10]。また彼らのアルバム『ペット・サウンズ』などのレコーディングにギター奏者として参加した。ツアー公演ではベース・ギターおよびファルセットのハーモニーを演奏した。1966年4月、リック・ネルソンの極東ツアーにベース奏者として参加した[14]。 1967年、キャンベルはスタジオ・グループであるサジタリウスの『My World Fell Down 』にクレジット無しのリード・ヴォーカルとして歌った。この曲は『ビルボード』誌ホット100の第70位になった[15]

1961年–1966年: ソロ活動初期[編集]

1961年1月までに[16]、キャンベルは出版社アメリカン・ミュージックで昼間の職を見つけ、作曲やデモ演奏を行なった[7]。1961年5月、チャンプスを脱退し[17]、アメリカン・ミュージックの子会社クレスト・レコードと契約した。1枚目のレコード『Turn Around Look At Me 』は『ビルボード』誌ホット100で第61位となった[18]。チャンプスの元メンバーとギー・シーズを結成し、ロサンゼルス郊外ヴァン・ナイズにあるクロスボー・インにて演奏するようになった[19]。ギー・シーズとしてもクレストからA面『Buzz Saw 』、B面『Annie Had A Party 』のインストゥルメンタルのシングルを発表したがチャート入りしなかった。

1962年、キャピトル・レコードと契約した[20]。キャピトルからの1枚目『Too Late to Worry, Too Blue to Cry 』はややヒットしたが、グリーン・リバー・ボーイズft.グレン・キャンベルとしての『Kentucky Means Paradise 』以降シングルもアルバムを成功には至らなかった。

1964年から、ロッド・キャメロンが司会のシンジケートのテレビ番組『Star Route[21]ABCの『Shindig! 』、『Hollywood Jamboree 』にレギュラー出演するようになった[22]。 1965年、バフィー・セントメリーの「Universal Soldier」のカヴァーがホット100で第45位になった程度で、まだ大ヒットには至らなかった。ただし、歌詞に込められた平和へのメッセージについて聞かれた彼は「戦争反対を主張する人々は、首を吊るべきだ」と応じた[23]

1967年-1972年: Burning Bridges およびGoodtime Hour[編集]

その後のシングルも成功せず、1966年、キャピトルはキャンベルの契約終了を検討し、キャンベルはプロデューサーのアル・ド・ロリーとチームを組んだ[24]。1967年初頭、最初のコラボレート作品『Burning Bridges 』および同名アルバムがカントリー・チャートで第20位に入った[25]

1967年、キャンベルとド・ロリーはジョン・ハートフォード作曲の「ジェントル・オン・マイ・マインド」で再びコラボレートした。

「ジェントル・オン・マイ・マインド」はすぐにヒットし、1967年後期の「恋はフェニックスBy the Time I Get to Phoenix)」、1968年の「I Wanna Live」、「ウィチタ・ラインマンWichita Lineman)」が大ヒットした。1969年、キャンベルが出演した映画『勇気ある追跡』において、作曲家エルマー・バーンスタイン、作詞家ドン・ブラックによるテーマ曲「True Grit」を歌い、アカデミー賞楽曲賞およびゴールデングローブ賞にノミネートされた。「ジェントル・オン・マイ・マインド」と「恋はフェニックス」でグラミー賞を受賞した。

1960年代後期の最大のヒットはジミー・ウェッブ作曲の「恋はフェニックス」、「ウィチタ・ラインマン」、「ガルベストン」、「Where's the Playground Susie」であった。「トライ・ア・リトル・カインドネス(Try a Little Kindness)」はビルボードチャートで1970年2月に12位を記録した[26]。1974年のアルバム『Reunion: The Songs of Jimmy Webb 』でもウェッブが主に作曲を行なったが、シングルのヒットにはならなかった。

1997年の『モジョ (雑誌)|モジョ]]』誌、2001年の『ブレンダー』誌が選ぶ20世紀の代表曲に、「ウィチタ・ラインマン」が選ばれた。

1968年夏、テレビのバラエティ番組『The Smothers Brothers Comedy Hour』の司会を務めた後、1969年1月から1972年6月、CBSのバラエティ番組『The Glen Campbell Goodtime Hour 』の司会を務めた。彼の人気が上昇し、1970年、フレダ・クレイマーによる伝記『The Glen Campbell Story 』が出版された。

1970年頃、ミシガン・ステート・フェア

番組内でキャンベルはビートルズ(映像)、デヴィッド・ゲイツブレッドモンキーズニール・ダイアモンドリンダ・ロンシュタットジョニー・キャッシュマール・ハガードウィリー・ネルソンウェイロン・ジェニングスロジャー・ミラーなどの著名なアーティストとセッションを行ない、またアン・マレーのキャリアアップに繋がった。なおこの番組にはメル・ティリスジェリー・リードがレギュラー出演していた。

1960年代後期から1970年代初頭、キャンベルはシングルを出し続け、また1969年、ジョン・ウェインやキム・ダービーと共に映画『勇気ある追跡』に、1970年、キム・ダービーやジョー・ネイマスと共に映画『Norwood 』に出演した。

1973年-1979年: Rhinestone Cowboy およびSouthern Nights[編集]

1972年、『Goodtime Hour 』が終了した後も、キャンベルは全国ネットに出演し続けた。ロバート・カルプやティーン・アイドルのレイフ・ギャレットと共にテレビ映画『Strange Homecoming 』に出演した。1976年にオリビア・ニュートン=ジョンと共に司会を務めた『Down Home, Down Under 』などを含め、多くのテレビ番組の司会を務めた。1976年から1978年、アメリカン・ミュージック・アワードの共同司会を務め、1976年のNBCのスペシャル番組『Glen Campbell: Back To Basics 』にゲストのシールズ&クロフツやブレンダ・リーと共に出演した。また『Donny & Marie 』、『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジョニー・カーソン』、『シェール』、『Redd Foxx Comedy Hour 』、『マーヴ・グリフィン』『The Midnight Special with ウルフマン・ジャック』、『DINAH!』『Evening at Pops with アーサー・フィードラー』、『the Mike Douglas Show 』など全国放送の多くのトーク番組やバラエティ番組にゲスト出演した。1982年から1983年、NBCの30分間のシンジケートの音楽番組『the Glen Campbell Music Show 』の司会を務めた。

1970年代中期、「Rhinestone Cowboy」、「サザン・ナイツ」(共にUS第1位)、ニール・ダイアモンド作曲「Sunflower」(US第39位)、「Country Boy (You Got Your Feet in L.A.)」(US第11位)などのヒット曲を生み出した。

Rhinestone Cowboy 』は当初200万枚以上を売り上げ、キャンベルにとって最大のヒットとなった。1974年、オーストラリアのツアーでラリー・ウエイスがこれをカヴァーした。この曲はディッキー・グッドマンによる映画『ジョーズ』のパロディ曲『ミスター・ジョーズ』に組み込まれ、1975年10月4日の『ビルボード』ホット100のトップ10にどちらの曲もランクインした。『Rhinestone Cowboy 』はその後も『デスパレートな妻たち』、『チャーリーと14人のキッズ』、『High School High 』など映画やテレビ番組で使用されている。1984年のドリー・パートンシルヴェスター・スタローンの映画『クラブ・ラインストーン/今夜は最高!』はこの曲から着想を得られた。

2002年、イギリスのリッキー&ダズと共にこの曲のテクノ・ポップ版を製作し、ダンス版やミュージック・ビデオと共にイギリスのチャートのトップ10にランクインした。

アラン・トゥーサン作曲の「サザン・ナイツ」はポップ、ロック、カントリーのチャートで第1位を獲得し、クロスオーヴァー・ヒット、および1977年にジュークボックスで最も流された曲となり、この曲のイントロ部分のギター演奏はジミー・ウエブやジェリー・リードに影響を与えた(編曲はチャーリー・カレロ)。

1971年から1983年、PGAツアーのプロゴルフ・トーナメントにおいて、ロサンゼルス・オープンの司会を務めた。

1980年代–2000年代: キャリア後期およびカントリー・ミュージックの殿堂入り[編集]

1980年、クリント・イーストウッド主演の映画『ダーティファイター燃えよ鉄拳』でタイトル曲を歌い、カメオ出演した。

1991年、ドン・ブルース監督の映画『Rock-A-Doodle 』でエルヴィス・プレスリーに声が似た主役の雄鶏シャンティクリア役の声を担当した。

1999年、VH1の『Behind the Music 』、2001年にA&E Network の『Biography 』、そしてカントリー・ミュージック・テレビジョン(CMT)の多くの番組で特集された。2003年、『CMT's 40 Greatest Men of Country Music 』で第29位となった。

2004年

また彼はアラン・ジャクソンのブレイクの一躍を担った。キャンベルはピードモント航空のフライト・アテンダントであったジャクソンの妻とアトランタ空港で出会い、彼女に出版マネージャーの名刺を渡した。1990年代初頭、キャンベルの音楽出版ビジネスにジャクソンが関わることになり、のちにキャンベルの会社であるセヴンス・サン・ミュージックから多くのヒット曲を生み出すこととなった。[27]またキース・アーバンはキャンベルから多大な影響を受けたと語った[28][29]

2005年、カントリー・ミュージック殿堂に殿堂入りした[30]

2008年4月、新たなアルバム『Meet Glen Campbell 』の出版のために15年ぶりにキャピトル・レコードに戻ることを発表し[31]、8月19日にこのアルバムを出版した。このアルバムでトラヴィスU2Tom Petty and the Heartbreakersジャクソン・ブラウンフー・ファイターズなどの曲をカヴァーし、様々な音楽の方向性を示した。チープ・トリックジェリーフィッシュのミュージシャンもこのアルバムに参加した。このアルバムからの1枚目のシングルカットはグリーン・デイの『Good Riddance (Time of Your Life) 』のカヴァーであり、2008年7月にラジオで最初に流された。2010年3月、『Meet Glen Campbell 』の続編となる『Ghost on the Canvas 』の出版を発表し[32]、ポール・ウエスタバーグがタイトル曲を作曲し、ウォールフラワーズのジェイコブ・ディランクリス・アイザック、リック・ネルソン、スマッシング・パンプキンズビリー・コーガンなどとコラボレートし、2011年8月30日に出版した[要出典]

2013年1月、ロサンゼルスで「I'm Not Gonna Miss You」をレコーディングした。この曲は2014年9月30日公開のドキュメンタリー映画『Glen Campbell: I'll Be Me 』で使用された[33][34]。2015年1月15日、キャンベルおよびジュリアン・レイモンドがこの曲で第87回アカデミー賞においてアカデミー歌曲賞にノミネートされた。2月22日、ドルビー・シアターで行われた授賞式において、病床で参加できないキャンベルの代わりにティム・マグロウが歌った[35]

2017年6月23日、自身の終活として2012年から13年にかけてレコーディングしていた12曲を最後のアルバム「Adiós」として発売。それからわずか1ヶ月半後の8月8日、このアルバムを遺言とするかのように、ナッシュビルの療養施設でこの世に別れを告げた。

プライベート[編集]

家族[編集]

キャンベルはこれまで4回結婚し、1956年から1986年に生まれた5名の息子と3名の娘の父親である。第一子長女デビーはダイアン・カーク(婚姻期間1955年-1959年)との間に生まれた[36]。カークとの離婚後、ニューメキシコ州カールズバッド出身の美容師ビリー・ジーン・ナンリーと再婚し、ケリー、トラヴィス、ケインをもうけ、1975年に離婚した。その直後に不倫の末、1976年にマック・デイヴィスの2番目の妻サラ・バーグと再々婚した。ディロンをもうけたが、生後3週間の1980年に離婚した[37]

1980年から1981年、キャンベルは21歳のカントリー歌手タニヤ・タッカーと親しく交際し、数か月間タブロイド紙の恰好のネタになっていた[38]。1982年、キンバリー・ウーレン(愛称キム)と再々々婚した[39][40]。1982年にブラインドデートした時、ウーレンはラジオシティ・ミュージックホールロケッツの一員であった。カール、シャノン、アシュリーをもうけ[41]、子供たちは2010年からキャンベルのツアー・バンドに参加している[42]Church of Christ を信仰してきたが[43]ウーレンと共にアリゾナ州フェニックスのバプティスト教会に参加した[44]。2008年のインタビューで、約20年メシアニック・ジュダイズムを信仰していると語った[45]

政治[編集]

ツアー『The Glen Campbell Goodtime Hour 』において、キャンベルは政治的話題を避けた[46][47][48]。この時期のインタビューにおいて、「民主党支持者であるが、何度か共和党に投票したことがある」と語り[49][50][51]、共和党、民主党双方の政治家のために演奏したこともある[50][52][53]。1980年、共和党全国大会で国歌を演奏し[54]、1980年代から1990年代、共和党候補者の多くのキャンペーンで演奏を続けた[55][56][57]

アルツハイマー[編集]

2011年6月、半年前にアルツハイマーと診断されたことを発表した[58]

最後のツアーとして『Goodbye Tour 』を行ない、自身の子供3名がバック・バンドに参加し[59][60]、2012年11月30日、カリフォルニア州ナパで幕を閉じた[61]。2012年2月12日、グラミー賞授賞式において、さよならとして『Rhinestone Cowboy 』歌った[62]

2014年4月、78歳で長期間のアルツハイマー治療施設に入所したことが報じられた[63][64]

ディスコグラフィ[編集]

フィルモグラフィ[編集]

[65][66] 特記事項
1965年 ハイウェイ
Baby the Rain Must Fall
バンド・メンバー (クレジット無し)
1967年 FBIアメリカ連邦警察
The F.B.I.
Larry Dana エピソード: Force of Nature
1967年 The Cool Ones Patrick
1969年 勇気ある追跡
True Grit
La Boeuf
1969年–1972年 The Glen Campbell Goodtime Hour 司会
1970年 Norwood Norwood Pratt
1976年/1977年/1978年 アメリカン・ミュージック・アワード
American Music Awards
司会
1980年 Solid Gold 共同司会 2エピソード
1980年 ダーティファイター 燃えよ鉄拳
Any Which Way You Can
ライオン・ダラー・カウボーイ・バーの歌手
1982年 The Glen Campbell Music Show 司会 24エピソード
1986年 元気の出るウエスタン/荒野は最高!
Uphill All the Way
Capt. Hazeltine
1991年 子猫になった少年
Rock-A-Doodle
シャンテクレア (声)
1997年 Players Jesse Dalton エピソード: In Concert
2014年 I'll Be Me ドキュメンタリー

受賞歴[編集]

グラミー賞

部門 作品 結果
1967年 男性カントリー・ヴォーカル賞 ジェントル・オン・マイ・マインド 受賞
カントリー・アンド・ウェスタン・レコーディング賞 ジェントル・オン・マイ・マインド 受賞
男性ヴォーカル賞 恋はフェニックス 受賞
コンテンポラリー・グループ賞 恋はフェニックス 受賞
1968年 アルバム・オブ・ジ・イヤー 恋はフェニックス 受賞
男性カントリー・ヴォーカル賞 I Wanna Live ノミネート
男性ポップ・ヴォーカル賞 ウィチタ・ラインマン ノミネート
レコード・オブ・ジ・イヤー ウィチタ・ラインマン ノミネート
1976年 男性カントリー・ヴォーカル賞 Country Boy (You Got Your Feet in L.A.) ノミネート
男性ポップ・ヴォーカル賞 Rhinestone Cowboy ノミネート
レコード・オブ・ジ・イヤー Rhinestone Cowboy ノミネート
1981年 カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス賞 Dream Lover (タニヤ・タッカーとのデュエット) ノミネート
1982年 子供向けアルバム賞 Sesame Country (複数のアーティスト) 受賞
1986年 インスピレーショナル・パフォーマンス賞 No More Night ノミネート
1988年 カントリー・アンド・ウエスタン・ヴォーカル賞 The Hand That Rocks the Cradle (スティーヴ・ウォリナーとのデュエット) ノミネート
カントリー・アンド・ウエスタン・ヴォーカル賞 You Are (エミルー・ハリスとのデュエット) ノミネート
2000年 グラミー殿堂賞 ウィチタ・ラインマン 受賞
2004年 グラミー殿堂賞 恋はフェニックス 受賞
2008年 グラミー殿堂賞 ウィチタ・ラインマン 受賞
2012年 グラミー賞特別功労賞[67] 受賞
2015年 カントリー楽曲賞 I'm Not Gonna Miss You (共著者ジュリアン・レイモンドと) 受賞
最優秀楽曲賞映画、テレビ、その他映像部門 I'm Not Gonna Miss You ノミネート

ACMアワード[68]

部門 作品 結果
1967年 シングル賞 ジェントル・オン・マイ・マインド 受賞
アルバム賞 Gentle on My Mind 受賞
男性ヴォーカリスト賞 Gentle on My Mind 受賞
1968年 アルバム賞 Bobbie Gentry & Glen Campbell 受賞
男性ヴォーカリスト賞 受賞
TV司会者賞 受賞
1971年 TV司会者賞 受賞
1975年 シングル賞 Rhinestone Cowboy 受賞
1998年 パイオニア賞 受賞
2015年 ビデオ賞 I'm Not Gonna Miss You[69] 未決定
  • CMAアワード
    • 1968年: エンターテイナー・オブ・ザ・イヤー(最高賞)
    • 1968年: 男性ヴォーカリスト賞
  • GMA Dove Awards [70](ゴスペル・ミュージック・アソシエーションによる)
    • 1986年: 非宗教的アーティストによるアルバム賞 – No More Night
    • 1992年: 南部ゴスペル楽曲賞 – Where Shadows Never Fall
    • 2000年: カントリー・アルバム賞 – A Glen Campbell Christmas

日本公演[編集]

  • 1976年
5月16日 中野サンプラザ、19日,20日 大阪厚生年金会館、24日 名古屋市公会堂、25日 中野サンプラザ、28日,29日 東京厚生年金会館

脚注[編集]

  1. ^ Planer, Lindsay. “Old Hometown review”. allmusic. 2011年11月12日閲覧。
  2. ^ a b 米カントリー界の大御所グレン・キャンベルさん死去 81歳”. AFP (2017年8月9日). 2017年8月9日閲覧。
  3. ^ Grammy Winners 1967”. Grammy Awards Official Site. 2011年11月12日閲覧。
  4. ^ http://www.encyclopediaofarkansas.net/encyclopedia/entry-detail.aspx?entryID=603
  5. ^ Dwyer, Michael (2009年11月20日). “Through a rhinestone darkly”. The Age (Australia). http://www.theage.com.au/news/entertainment/music/2009/11/19/1258219916447.html 2011年6月26日閲覧。 
  6. ^ Gray, Michael (1998年12月2日). “A Glen Campbell Christmas The Rhinestone Cowboy Celebrates Holiday Season with New Album, TNN Special and Tour”. Country Music Television. http://www.cmt.com/news/country-music/1473574/a-glen-campbell-christmas.jhtml 2011年6月26日閲覧。 
  7. ^ a b c Antus, Paul L.. “'Turn Around, Look at Me' A Glen Campbell Invitation”. Branson's Review. 2012年6月10日閲覧。
  8. ^ a b CMT.com : Glen Campbell : Biography
  9. ^ Hollis, Tim (2001). Hi There, Boys and Girls!: America's Local Children's TV Shows. University Press of Mississippi. pp. 180. ISBN 1-57806-395-7. http://books.google.nl/books?id=h3nCJAlg5qUC&pg=PA180&dq=k+circle+b+time+dick+bills&hl=nl&sa=X&ei=8mPUT6v5O4So8AO16rSkAw&ved=0CDsQ6AEwAA#v=onepage&q=k%20circle%20b%20time%20dick%20bills&f=false. 
  10. ^ a b c Kubernik, Harvey (2009). Canyon of Dreams: The Magic and the Music of Laurel Canyon. New York: Sterling. pp. 37. ISBN 978-1-4027-9761-3. http://books.google.nl/books?id=bANZjtz2qUkC&pg=PA37&dq=%22glen+campbell%22+%22los+angeles%22+1960&hl=nl&sa=X&ei=cvvUT9jsC4Ss0QXO0-W1BA&redir_esc=y#v=onepage&q=%22glen%20campbell%22%20%22los%20angeles%22%201960&f=false. 
  11. ^ a b c Hartman, Kent (2012). The Wrecking Crew: The Inside Story of Rock and Roll's Best-Kept Secret. Thomas Dunne. ISBN 0-312-61974-X. 
  12. ^ a b Thrills, Adrian (2008年12月11日). “Glen Campbell: I'm done with the drinking and cussing, and life's good”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-1094007/Glen-Campbell-Im-drinking-cussing-lifes-good.html 2012年6月10日閲覧。 
  13. ^ Flynn, Keith. “Keith Flynn's Elvis Presley pages”. 2012年6月10日閲覧。
  14. ^ Homer, Sheree (2012). Rick Nelson Rock 'n' Roll Pioneer. Jefferson, North Carolina: McFarland & Company Inc.. p. 68. ISBN 978-0-7864-6060-1. https://books.google.nl/books?id=DBiPOnnsslwC&pg=PA85&dq=%22glen+campbell%22+%22rick+nelson%22+tokyo&hl=nl&sa=X&ei=TaKeVLPbJoKWOImKgfgG&ved=0CCAQ6AEwAA#v=onepage&q=%22glen%20campbell%22%20%22rick%20nelson%22%20tokyo&f=false 2014年12月27日閲覧。. 
  15. ^ Present Tense – Sagittarius – Charts & Awards”. allmusic. 2012年5月22日閲覧。
  16. ^ “Glen Campbell”. Billboard Magazine 1 (36): 26. (January 30, 1961). http://books.google.nl/books?id=jiEEAAAAMBAJ&pg=PA26&dq=%22glen%20campbell%22&hl=en&sa=X&ei=jv7dT6StCMeo8APZkvDBCw&ved=0CE4Q6AEwAw#v=onepage&q=%22glen%20campbell%22&f=false 2012年6月17日閲覧。. 
  17. ^ Campbell, Glen (1994). Rhinestone Cowboy. New York: Villard Books. pp. 50. ISBN 0-679-41999-3. 
  18. ^ Allmusic – Glen Campbell – Awards”. Rovi Corp.. 2012年6月17日閲覧。
  19. ^ Kramer, Freda (1970). The Glen Campbell Story. New York: Pyramid Publications Inc.. pp. 63. 
  20. ^ Graff, Gary. “Like a rhinestone cowboy: Glen Campbell soldiers on through Alzheimer’s disease”. The News Herald. 2012年6月17日閲覧。
  21. ^ “Glenn Campbell Gets Role in New TV Show”. Albuquerque Tribune. (1964年1月27日). http://newspaperarchive.com/albuquerque-tribune/1964-01-27/page-19?tag=cameron+star+route&rtserp=tags/cameron?pci=7&pd=01&pe=31&pem=12&py=1964&pm=01&pey=1964&pep=star-route&psb=dateasc 2012年6月17日閲覧。 
  22. ^ “Color C&W seg for tv in january”. Billboard Magazine 76 (52): 32. (December 26, 1964). http://books.google.com/books?id=LiAEAAAAMBAJ&pg=PA32&dq=%22hollywood+jamborees%22&hl=nl&ei=P2qjTdyuNsqDOrmYhDU&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=2&ved=0CDQQ6AEwAQ#v=onepage&q&f=false 2012年6月17日閲覧。. 
  23. ^ Walker, Rose Marie (1965年1月27日). “Singer thinks Draft Card Burners Should Be Hung”. Albuquerque Tribune: pp. 13. http://newspaperarchive.com/albuquerque-tribune/1965-10-22/page-13?tag=glen+campbell&rtserp=tags/?pci=7&py=1960&pey=1966&pep=glen-campbell&pw=pennsylvania 2012年6月17日閲覧。 
  24. ^ "[Campbell Behind the Music]". [the Music]. 1999年9月19日放送. 8回,シーズン3.
  25. ^ Whitburn, Joel (1996). The Billboard Book of Top 40 Country Hits. New York: Billboard Publications Inc.. pp. 59. ISBN 978-0-8230-8291-9. 
  26. ^ Glen Campbell Chart History”. billboard. 2017年12月4日閲覧。
  27. ^ Country Trivia – Which Country Legend Helped Alan Jackson Get His Big Break? Read More: Country Trivia – Which Country Legend Helped Alan Jackson Get His Big Break?”. Townsquare Media (2012年9月26日). 2015年2月23日閲覧。
  28. ^ Keith Urban Interview”. About.com (2001年2月5日). 2015年2月23日閲覧。
  29. ^ Glen Campbell Remembers Keith Urban as a Kid”. Townsquare Media (2008年8月11日). 2015年2月23日閲覧。
  30. ^ Inductees » Glen Campbell”. ©2014 Country Music Hall of Fame® and Museum. 2014年10月16日閲覧。
  31. ^ The Return of the Wichita Lineman review by Robert Forster in The Monthly
  32. ^ Graff, Gary (2010年3月26日). “Glen Campbell enlists Jakob Dylan, Paul Westerberg”. Reuters. http://www.reuters.com/article/idUSTRE62Q05Y20100327 2010年7月3日閲覧。 
  33. ^ Betts, Stephen (2014年9月8日). “Glen Campbell's Final Song to Be Released This Month”. Rolling Stone. pp. 1. 2014年9月8日閲覧。
  34. ^ Kreps, Daniel (2014年10月12日). “Glen Campbell Shares Last Poignant Music Video 'I'm Not Gonna Miss You”. Rolling Stone. 2014年10月15日閲覧。
  35. ^ http://www.usatoday.com/story/life/movies/2015/02/26/tim-mcgraw-final-reflections-on-glen-campbell-oscar-song/24062967/
  36. ^ Kramer, Freda (January 1970). The Glen Campbell Story. New York: Pyramid Books. pp. 39–42. 
  37. ^ Lague, Louise (1983年1月31日). “Glen Campbell Finds Life with New Wife Kim Woollen Lies Gentle on His Mind”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20084173,00.html 2011年8月25日閲覧。 
  38. ^ Campbell, Glen Biography: Contemporary Musicians
  39. ^ “Singer Glen Campbell Is Wed for the Third Time at Age 46”. Ocala Star-Banner (Ocala, FL): pp. 5B. (1982年10月26日). http://news.google.com/newspapers?id=4esTAAAAIBAJ&sjid=-wUEAAAAIBAJ&pg=5337,5094072&dq=campbell+woolen&hl=en 2010年8月19日閲覧。 
  40. ^ Lague, Louise (1983年1月31日). “Glen Campbell Finds Life with New Wife Kim Woollen Lies Gentle on His Mind”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20084173,00.html 2011年8月25日閲覧。 
  41. ^ Glen Campbell
  42. ^ Harris, Becky (2010年12月15日). “Campbell, kinfolk leave crowd with delightful feeling”. Log Cabin Democrat (Conway, Arkansas). http://thecabin.net/entertainment/events/2010-12-15/campbell-kinfolk-leave-crowd-delightful-feeling 2010年12月19日閲覧。 
  43. ^ Hattenstone, Simon (2011年8月26日). “Glen Campbell: One last love song”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/music/2011/aug/26/glen-campbell-interview 2011年8月27日閲覧。 
  44. ^ David, Paul (1990年5月1日). “Glen Campbell: The 1960s country pop star rediscovered his spiritual roots”. Cross Rhythms Magazine. 1990年5月1日閲覧。
  45. ^ Goodman, Dean (2008年8月12日). “Campbell Has Rock, Religion on his Mind”. Reuters. http://in.reuters.com/article/2008/08/11/us-campbell-idINN0639059820080811 2011年9月11日閲覧。 
  46. ^ Crosby, Joan (1969年2月27日). “Glen Picks at Guitars Not Social Sore Spots”. Altoona Mirror: p. 25. http://www.newspaperarchive.com//altoona-mirror/1969-02-27/page-25 2013年9月9日閲覧。 
  47. ^ “TV Family Goal of Seventh Son”. The Baltimore Sun: p. 271. (1970年7月26日) 
  48. ^ Roland, Tom. “Glen Campbell Recalls Good Times”. CMT.com. 2013年10月27日閲覧。
  49. ^ Lucas, Urith (1974年5月2日). “Glen Campbell Finds 'Hometown' Welcome”. Albuquerque Tribune: p. 45. http://newspaperarchive.com/albuquerque-tribune/1974-05-02/page-45 2013年10月27日閲覧。 
  50. ^ a b Shearer, Ed (1969年6月13日). “True Grit Premiere Scene of Political Sniping”. Blytheville Courier: p. 8. http://newspaperarchive.com/blytheville-courier-news/1969-06-13/page-8 2013年10月27日閲覧。 
  51. ^ Pavilllard, Dan (1972年4月2日). “Delight's Delight Heads for Tucson”. Tucson Daily Citizen: p. 40. http://newspaperarchive.com/tucson-daily-citizen/1972-04-01/page-40 2013年10月27日閲覧。 
  52. ^ Keever, Jack (1969年1月21日). “Austin Ready for Big Gala”. Avalanche Journal: p. 1. http://newspaperarchive.com/avalanche-journal/1969-01-21 2013年10月27日閲覧。 
  53. ^ “Glen Campbell to Give Concert”. Albquerque Tribune: p. 34. (1974年4月18日). http://newspaperarchive.com/albuquerque-tribune/1974-04-18/page-34 2013年10月27日閲覧。 
  54. ^ “Jubilant Republicans Cheer Reagan Promise of a Crusade”. The Montreal Gazette: p. 2. (1980年7月15日). http://news.google.com/newspapers?id=ojkyAAAAIBAJ&sjid=o6QFAAAAIBAJ&pg=2872,1744081&dq=republican+convention+glen-campbell&hl=en 2011年9月10日閲覧。 
  55. ^ Scott, Vernon (1981年1月16日). “Reagan brings out the stars”. The Telegraph. http://news.google.com/newspapers?id=QKcrAAAAIBAJ&sjid=7PwFAAAAIBAJ&pg=5537,2888368&dq=glen-campbell+republican&hl=en 2011年9月7日閲覧。 
  56. ^ “Texas-sized parties await Grand Old Party”. The News and Courier. (1984年8月19日). http://news.google.com/newspapers?id=GZJJAAAAIBAJ&sjid=PAwNAAAAIBAJ&pg=2907,5698118&dq=glen-campbell+republican&hl=en 2011年9月7日閲覧。 
  57. ^ Dowd, Maureen (1988年10月13日). “Country music, ballet among Bush favorites”. The Palm Beach Post. http://news.google.com/newspapers?id=GggjAAAAIBAJ&sjid=3c0FAAAAIBAJ&pg=2708,8416077&dq=democrat+glen-campbell&hl=en 2011年9月7日閲覧。 
  58. ^ Clark, Champ (2011年6月22日). “Glen Campbell Has Alzheimer's Disease”. People News. people.com. 2011年6月22日閲覧。
  59. ^ “Glen Campbell”. CBS Sunday Morning Show. (2012年2月12日). http://www.cbsnews.com/stories/2010/10/26/sunday/main6993125.shtml?tag=hdr;cnav 2012年2月12日閲覧。 
  60. ^ Glen Campbell Won’t Let Alzheimer’s Take Him Offstage”. CBS News Chicago (2012年1月25日). 2012年2月12日閲覧。
  61. ^ “Glen Campbell’s Last Show In Napa Marks End of an Era”. San Francisco: KCBS-TV. (2012年11月30日). http://sanfrancisco.cbslocal.com/2012/11/30/glen-campbells-last-show-marks-end-of-an-era/ 2012年12月26日閲覧。 
  62. ^ Gorman, Steve (2012年2月13日). “Glen Campbell brings audience to its feet at Grammys”. Reuters. http://www.reuters.com/article/2012/02/13/us-grammys-campbell-idUSTRE81C0AX20120213 2012年5月5日閲覧。 
  63. ^ Brandle, Lars (2014年4月17日). “Glen Campbell Moved Into A Care Facility”. Billboard. billboard.com. 2014年4月17日閲覧。
  64. ^ “Music News: Glen Campbell moved into care facility”. MSN Entertainment. (2014年4月16日). http://music.msn.com/music/article.aspx?news=862706 
  65. ^ Main actor filmography IMDB; Retrieved December 27, 2008
  66. ^ Glen Campbell Filmography Allmovie; Retrieved June 8, 2009.
  67. ^ Lifetime Achievement Award – Past recipients”. The Recording Academy. 2012年6月18日閲覧。
  68. ^ Search for a Winner”. Academy of Country Music. 2014年11月12日閲覧。
  69. ^ 2015 Academy of Country Music Awards Nominees Announced Read More: 2015 Academy of Country Music Awards Nominees Announced”. 2015年2月24日閲覧。
  70. ^ Annual GMA Dove Awards Past Winners
  71. ^ Morris, W.R. (December 15, 1974). “The Country Sound”. Times Daily: 19. http://news.google.com/newspapers?id=4f4rAAAAIBAJ&sjid=pccEAAAAIBAJ&pg=4751,3848699&dq=glen-campbell&hl=en 2010年1月2日閲覧。. 
  72. ^ Q Awards 2008 Campbell: A 'Q Legend'
  73. ^ Morris, Edward. “Country Broadcasters Honor Glen Campbell, Seven Radio Luminaries”. CMT. 2012年2月29日閲覧。
  74. ^ hmma”. 2014年11月5日閲覧。
  • Allen, Bob. (1998). "Glen Campbell". In The Encyclopedia of Country Music. Paul Kingsbury, Editor. New York: Oxford University Press. pp. 76–77

外部リンク[編集]