ジェントル・オン・マイ・マインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェントル・オン・マイ・マインド
グレン・キャンベルシングル
初出アルバム『Gentle on My Mind
B面 Just Another Man
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1967年5月17日
ジャンル カントリーポップ
時間
レーベル キャピトル・レコード
作詞・作曲 ジョン・ハートフォード
プロデュース アル・デ・ローリー
チャート最高順位
グレン・キャンベル シングル 年表
Burning Bridges
(1967年)
ジェントル・オン・マイ・マインド
(1967年)
恋はフェニックス
(1967年)
テンプレートを表示

ジェントル・オン・マイ・マインド」(Gentle on My Mind)は、ジョン・ハートフォードが作詞作曲し1967年に発表した楽曲。グレン・キャンベルのカバー・バージョンで知られる。1968年のグラミー賞で複数の賞を受賞した。

概要[編集]

ジョン・ハートフォード自身が語るところによれば、映画『ドクトル・ジバゴ』を見たあとでインスピレーションがわき30分で書き上げられたという。「自分の経験を書いただけなんだ。ヒットするかもしれないという考えが少しでも頭にあったら、おそらく今あるものとは違ったものになっていたと思うよ」[1]

ハートフォードのオリジナル・バージョンは1967年に発表され、ビルボードのカントリー・チャートで60位を記録した。彼は1968年の第10回グラミー賞で、ベスト・カントリー&ウェスタン賞とベスト・フォーク・パフォーマンス賞を受賞した。

ハートフォードの「ジェントル・オン・マイ・マインド」をラジオで聴いたグレン・キャンベルはすぐに気に入り、レッキング・クルーのセッション・ミュージシャンをかき集め、同年5月17日にキャピトル・レコードのスタジオでデモ録音を行った。プロデューサーのアル・デ・ローリーはキャンベルがミュージシャンに向けて発しているかけ声を取り除くと、デモをそのままシングルとして発表した。キャンベルのバージョンはビルボードのカントリー・チャートで30位を記録し、彼にとって最初のヒット作品となった。またハートフォードと同様、キャンベルもグラミー賞で複数の賞を受賞した(このとき彼は「恋はフェニックス」でも受賞している)。翌1968年7月に再発売されるとより大きな成功を収めた。同年11月2日付のビルボード・Hot 100で39位を記録[2]。ビルボードのカントリー・チャートで44位、イージーリスニング・チャートで8位を記録した。

主なカバー・バージョン[編集]

アーティスト名 レコード
1967年 パティ・ペイジ Today My Way
1968年 ウェイロン・ジェニングス 『Hangin' On』
1968年 レナード・ニモイ Two Sides of Leonard Nimoy
1968年 タミー・ワイネット D-I-V-O-R-C-E
1968年 ロジャー・ミラー 『A Tender Look at Love』
1968年 フランク・シナトラ Cycles
1968年 ディーン・マーティン Gentle on My Mind
1968年 ボビー・ジェントリー & グレン・キャンベル Bobbie Gentry and Glen Campbell
1968年 コニー・スミス Sunshine and Rain
1968年 トリニ・ロペス 『Welcome To Trini Country』[3]
1969年 アレサ・フランクリン Soul '69
1969年 エルヴィス・プレスリー エルヴィス・イン・メンフィス
1969年 ルー・ロウルズ 『The Way It Was The Way It Is』[4]
1970年 キース・ポトガー&ザ・ニュー・シーカーズ Keith Potger and the New Seekers
1972年 ビング・クロスビー & カウント・ベイシー Bing 'n' Basie
2003年 ジョニー・キャッシュ Unearthed』(キャンベルと共に歌っている)
2006年 小野リサ Jambalaya - Bossa Americana-
2007年 R.E.M. Sounds Eclectic: The Covers Project』(録音は2001年6月12日)
2013年 マデリン・ペルー 『The Blue Room』
2014年 ザ・バンド・ペリー シングル

脚注[編集]