ダイナ・ショア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイナ・ショア
Dinah Shore
ダイナ・ショアDinah Shore
本名 フランセス・ローズ・ショア
Frances Rose Shore
生年月日 (1916-02-29) 1916年2月29日
没年月日 (1994-02-24) 1994年2月24日(満77歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テネシー州ウィンチェスター
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスビバリーヒルズ
国籍 US flag 48 stars.svgアメリカ合衆国
民族 ユダヤ系アメリカ人
職業 歌手
ジャンル 音楽
活動期間 1937年 - 1994年
配偶者 ジョージ・モンゴメリー(1943-1962)
モーリス・スミス(1963-1964)
公式サイト The Dinah Shore Fan Club
主な作品

映画
メイク・マイン・ミュージック
ファン・アンド・ファンシーフリー


テレビ

The Dinah Shore Chevy Show
殿堂表彰者
選出年 1994年

ダイナ・ショアDinah Shore1916年2月29日 - 1994年2月24日)は、アメリカ合衆国歌手女優テネシー州ウィンチェスター出身。

1950年代から1960年代にかけて『The Dinah Shore Show』などのテレビ番組で多大な人気を博す。後年には女子プロゴルフの発展にも貢献し、1994年に世界ゴルフ殿堂入りをしている。

生い立ち[編集]

フランシス・ローズ・ショアはテネシー州ウインチェスターで父ソロモン・ショアと母アナ(旧姓スタイン)のもとに、姉ベシーに続く次女として生まれた。2歳の頃、ポリオにかかり、当時有効な治療法がなく、ただベッドに横になっているしかなかった。彼女の両親は献身的に看病して回復に向かったが、足が変形して引きずるようになった。しかし身体障碍とまでいうものではなかった。幼少の頃から歌うことが好きで、コントラルト(女声の最低音域)のオペラ歌手を目指していた母親が彼女を勇気づけた。父親は自身が経営する店に彼女をよく連れていき、彼女は客のために即興で歌っていた[1][2]。1924年、一家はテネシー州マクミンビルに転居し、父はデパートを開業した。5年生の時、一家はテネシー州ナッシュビルに転居し[3]、彼女はここで小学校を卒業した。足のことがあって内気だったが、活発にスポーツをするようになり、ナッシュビルのヒューム・フォグ高等学校でチアリーダーとなり、他の活動にも参加するようになった。14歳の時、唯一両親がそばで見守ることができるナイトクラブで失恋や片思いの曲を歌うトーチ・シンガーとしてデビューし、両親は彼女の演奏時間の少し前にこっそり席に着いていた。当時の彼女の給料は10ドル(2015年の貨幣価値で141ドル)であった。彼女がここでの演奏を辞めることになった際、プロになることは一旦留まらせた。

16歳の時母親が心筋梗塞で突然亡くなり、彼女は学業に専念することを決意した。ヴァンダービルト大学に進学し、ソロリティAlpha Epsilon Phi を含む多くの活動やイベントに参加した。1938年、社会学学士を取得して卒業した。その数年前に彼女は『グランド・オール・オープリー』を訪れ、ナッシュビルのラジオ局WSM (AM)にデビューした。ショアは歌手への道を再び追い求めることを決心し、大学在学中の夏休みおよび卒業後にオーケストラのオーディションのためニューヨークを訪れた。彼女が受けたほとんどのオーディションでポピュラー・ソングの『ダイナ』を歌った。ディスク・ジョッキーのマーティン・ブロックが彼女の名を覚えられず彼女を「ダイナ・ガール」と呼んで定着したため「ダイナ」が芸名となった[4]。ショアはニューヨークのラジオ局WNEW に雇われ、フランク・シナトラの歌を歌った。ザビア・クガート・オーケストラと演奏およびレコーディングを行ない、1940年、RCAビクター・レコードと契約した。

映画[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dinah Shore Fan Club Website”. Dinahshorefanclub.com. 2007年3月22日閲覧。
  2. ^ G. Michael Sims (Fall 2009). “Best all-around girl: How a small-town Tennessee girl sang her way to stardom”. Vanderbilt Magazine. p. 18. http://www.vanderbilt.edu/magazines/vanderbilt-magazine/2009/11/best-all-around-girl 2009年12月20日閲覧。 
  3. ^ Personal communication from her school deskmate.
  4. ^ Oliver, Myra (1994年2月25日). “Songbird Dinah Shore dead at 76”. The News. http://news.google.com/newspapers?id=e9UPAAAAIBAJ&sjid=FY4DAAAAIBAJ&pg=3841,5066262&dq=martin+block&hl=en 2010年10月30日閲覧。 

外部リンク[編集]