ブルー・スウェード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブルー・スウェードBLUE SWEDE)はスウェーデン出身のロックバンド。主に1970年代中期に活躍した。

スウェーデン国内で活躍していたバンド、スラム・クリーパーズにてシンガーとして活躍していたビヨン・スキーフスを中心として1972年に結成される。当初バンドはスウェーデン語で「青いシャツ」を意味する、ブローブラス(Blåblus)と名乗っていたが、1973年に、B.J.トーマス1969年Billboard Hot 100の5位を記録するヒットとなった、"ウガ・チャカ"(Hooked On a Feeling)をカヴァーしたのが、イギリスシンガーソングライタープロデューサージョナサン・キングに認められ、これを切っ掛けとして、バンド名をブルー・スウェードに改めて、全米・全英デビューを果たすことになる。この"ウガ・チャカ"は母国スウェーデンで同年5月にヒットすると、その後アメリカでもリリースされ、翌1974年にBillboard Hot 100の1位に輝くヒットとなった。この曲は1992年に公開されたクエンティン・タランティーノが監督した映画「レザボア・ドッグス」でもBGMとして、使われている。

その後も同1974年に、ザ・アソシエーション1967年にBillboard Top 100の2位に送り込んだ、"ネヴァー・マイ・ラヴ"(Never My Love)をカヴァーし、同チャートの7位に送り込むヒットにするも、1976年にシンガーのビヨン・スキーフスがソロ活動を選択し、脱退したことにより、バンドはそのまま解散。わずか2年の活動に終止符を打つことになった。後にビヨン・スキーフスは1975年ABBAフリーダと共にアルバムを共作し、スウェーデン国内で名声を確立させると、ティム・ライスが手掛けたミュージカル「チェス」のために曲を提供したりしている。

主なヒット曲[編集]

  • ウガ・チャカ(Hooked on a Feeling)※全米チャートの1位に輝く。オリジナルは1969年B.J.トーマスが放った全米TOP100の5位を記録するヒットのカヴァー。
  • ネヴァー・マイ・ラブ(Never My Love)※全米チャートの7位に入るヒット。オリジナルは1967年アソシエイションが放った全米チャートの2位を記録するヒットのカヴァー。