チャダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チャダ
出生名 サラブジット・シング・チャダ
生誕 (1952-06-17) 1952年6月17日(66歳)
出身地 インドの旗 インド ニューデリー
ジャンル 演歌
職業 演歌歌手実業家
担当楽器
活動期間 1975年 - 現在
事務所 ネスト
公式サイト オフィシャルサイト

チャダ(Chadha、本名:サラブジット・シング・チャダ、ローマ字:Sarbjit Singh Chadha、1952年6月17日 - )は、日本で活動するインド演歌歌手実業家

プロフィール[編集]

世界初のインド人演歌歌手[編集]

ミカンの栽培技術を学ぶため兄弟等とともに16歳で訪日する、日本で聴いた演歌に惚れ込み、九州の放送局が開催したのど自慢大会で優勝。歌手を志すも就労ビザの関係で一度帰国。帰国後は翻訳家をしながら再訪日を模索。たまたま出会った日本人の紹介でへび使い、女性の踊り子2人を連れて再訪日し福井の東尋坊でショーとして出演。そこも辞め再度帰国し翻訳家を再開。その後違う日本の芸界の紹介で再々訪日、音楽の道を志すようになる。日本テレビバラエティ番組金曜10時!うわさのチャンネル!!』への出演で人気を博し、1975年8月に「世界初のインド人演歌歌手」としてデビューした。

シーク教徒らしいターバン姿と、北島三郎直伝のその完璧な日本語による歌唱のギャップで、10万枚以上を売り上げるヒットとなり、様々な音楽賞の新人賞を受賞した。当時は大橋巨泉事務所(現「オーケープロダクション」)に所属していた。

引退、実業家として[編集]

その後シングル4枚、LP2枚をリリースするも、就労ビザの都合もあり一旦芸能界を引退。インドを拠点に貿易会社社長として日本やアジア各国を中心に活動。自ら設立した貿易会社を年商10億円を超す企業に成長させる。

この時、当時を知る日本人との商談の最中において「あのチャダさん!?」と驚かれることも多くあったという。なお、この間数年に1度『あの人は今!?』などのテレビ番組の企画で取り上げられていた。

再デビュー[編集]

2008年になり、同年メジャーデビューし「史上初の黒人演歌歌手」ジェロにからめてテレビなどで取り上げられることが増え、同年4月20日に放送されたTBSの情報番組「サンデージャポン」に登場した他、多くのメディアで取り上げられた。

そのジェロの活躍に触発され、再び日本で活動する事を決意。会社を日本人の妻に譲る形で再訪日し、2008年11月19日に「踊るマハチャダ」で再デビュー。2009年4月1日には2ndシングル「愛なんじゃナイ!?」をリリース。同曲は、映画「スラムドッグ$ミリオネア」の“応援CD”にも認定されており、相互にプロモーション協力している。

楽曲[編集]

テレビ[編集]

  • 1億人のラブコール あの人に逢いたい'91(TBS、1991年)本人登場ゲスト
  • みんなでニホンGO!(NHK総合、2010年8月5日)

ゲームソフト[編集]

  • さんまの名探偵 - インド人宝石商のチャタというキャラクターのモデルとなっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]