オール・バイ・マイセルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オール・バイ・マイセルフ
エリック・カルメンシングル
収録アルバム エリック・カルメン
リリース 1975年12月[1]
規格 シングル
ジャンル ポップソフトロック
時間 7:15(アルバムバージョン)
4:22(シングル・エディット)
レーベル アリスタ
作詞・作曲 エリック・カルメン
ゴールド等認定

ゴールド(アメリカ)

テンプレートを表示

オール・バイ・マイセルフ」(: All by Myself=独り)は、1975年にエリック・カルメンが発表した、パワーバラード

概要[編集]

最後のリフレインの前の置かれる序奏部分バースセルゲイ・ラフマニノフピアノ協奏曲第2番ハ短調 作品18第二楽章(アダージョ・ソステヌート)を基礎に作られている。またコーラスの部分は、カルメン自身が加入していたバンド「ラズベリーズ」のために1973年に書き下ろした曲「レッツ・プリテンド」から取られている[2]

1976年Billboard Hot 100最高位2位。(1976年3月6日付~3月20日付の3週間、同時期にTop10入りしていたのはミラクルズのラブ・マシーン、エアロスミスのドリーム・オン等)

日本では1991年から1992年まで「トヨタ・ソアラ」、2003年から2004年まで「ダイハツ・コペン」のCMソングに使用された。

セリーヌ・ディオンフランク・シナトライグデスマン&ジョーなどによってカヴァーされている。

主要なカバー[編集]

アーティスト/グループ 備考
1976 フランク・シナトラ アルバム『Live Unreleased』
1977 ハンク・ウィリアムス・ジュニア アルバム『One Night Stands』
1977 カレル・ゴット ソビエトのチェコ占領に抗議して焼身自殺した Jan Palachを題材とした"My Brother Jan"として歌唱
2003年に"Mein letztes Lied"としてドイツ語のバージョンをリリースした。
1977 ヴァレリア・リンチ スペイン語版である「Olvidame」がアルバム『Mujer』に収録された。
1980 トム・ジョーンズ DVD『Tom Jones Live in Las Vegas』
1982 シャーリー・バッシー アルバム『All by Myself
1987 ルイス・ミゲル アルバム『Soy Como Quiero Ser
1989 アーサー・キット アルバム『I'm Still Here』 ("All by Myself/Beautiful at Forty")
1994 マーガレット・アーリッチ アルバム『The Deepest Blue』
1994 シェリル・クロウ シングル「Run Baby Run
1994 ジョニー・マエストロ・アンド・ザ・ブルックリン・ブリッジ アルバム『Acappella
1995 ジュエル 映画『クルーレス』(原題:Clueless)。サウンドトラックとしては収録されなかった。
1995 ベイブズ・イン・トイランド アルバム『Nemesisters
1995 ヤン・ヴェルナー・ダニエルセン アルバム『All By Myself』
1996 セリーヌ・ディオン アルバム『FALLING INTO YOU
1999 Marcela Holanová アルバム『Zůstávám dál』
2001 ジェイミー・オニール サウンドトラック『ブリジット・ジョーンズの日記
2001 マイケル・ボール アルバム『First Love』
2002 リチャード・クレイダーマン アルバム『All by Myself』(インストゥルメンタル)
2003 エリカ・アルコセール・ルナ アルバム『La Academia 2. Vol. 11: La Gran Final』
2003 ジウリア・オットネッロ アルバム『Amici - I Ragazzi del 2003』
2004 山本領平 シングル「Set Free」
2004 マルコ・T アルバム『Marco T Lirico』(En Concierto- Colombia)
2004 エディ・マーフィ 映画『シュレック2
2005 ラトーヤ・ロンドン アルバム『Love & Life
2005 イル・ディーヴォ アルバム『Ancora
2005 アミーチ・フォーエヴァー アルバム『Defined
2005 ミリアム・アベル Nouvelle Star (French Pop Idol)
2006 レオナ・ルイス テレビ番組『Xファクター』の最終回にて歌唱し、優勝した。
2007 ラズロ・ベイン アルバム『Guilty Pleasures
2007 リカード・ウモンタナー アルバム『Las Mejores Canciones de Mundo』
2007 ジョン・バロウマン アルバム『Another Side
2008 ザ・レスキューズ 映画『スーパーヒーロー ムービー!! -最'笑'超人列伝-』(原題:Superhero Movie)
2008 オンリー・メン・アラウド アルバム『Only Men Aloud!
2009 ジェイマ・メイズ テレビ番組『glee/グリー
2009 Lucie Bílá テレビ番組『Miss Czech Republic』
2009 モニカ・アプソロノワ Zůstávám dál
2010 ヘレン・フッシャー ツアー「So wie ich bin」/アルバム『Live - So wie ich bin』
2010 サリー・チャットフィールド The X Factor Australia runner-up Sally Chatfield performed the song on the week 6 Blockbuster Hits theme night
2010 ニコーラ・セッダ アルバム『No Compromise (CDS)
2011 ピア・トスカーノ テレビ番組『アメリカン・アイドル (シーズン10)
2011 シャリース・ペンペンコ テレビ番組『glee/グリー
2011 Nur Syafinaz Jebat テレビ番組『Akademi Fantasia (season 9)
2011 リース・マスティン ザ・エックス・ファクター・オーストラリア
2011 Roman Veremeychik ザ・エックス・ファクター (ウクライナ)

セリーヌ・ディオン・ヴァージョン[編集]

オール・バイ・マイセルフ
セリーヌ・ディオンシングル
収録アルバム FALLING INTO YOU
リリース 1996年10月7日
規格 CDシングルカセットシングル
録音 レコード・プラント、コンパス・ポイント、キャピトル・スタジオ
ジャンル ポップソフトロックアダルト・コンテンポラリー
時間 5:12(アルバムバージョン)
4:30(シングルバージョン)
3:58(ラジオエディット1)
3:52(ラジオエディット2)
レーベル コロムビアエピック
作詞・作曲 エリック・カルメンセルゲイ・ラフマニノフ
プロデュース デイヴィッド・フォスター、ジョン・フィールズ
ゴールド等認定

ゴールド(アメリカ)
シルバー(フランス、イギリス)

セリーヌ・ディオン シングル 年表
パワー・オブ・ザ・ドリーム
(1996年)
オール・バイ・マイセルフ
(1996年)
最後にくる者が一番になる
(1996年)
テンプレートを表示

「オール・バイ・マイセルフ」の比較的有名なカバーの一つは、1996年のセリーヌ・ディオンによるものであり、アルバム『FALLING INTO YOU』からの4枚目(国によっては3枚目)のシングルとなった[3]。シングルはバハマコンパス・ポイント・スタジオにおけるデイヴィッド・フォスターとジョン・フィールズのプロデュースのもと、ヨーロッパで1996年10月7日に、オーストラリアで1997年1月13日に、北米で1997年3月11日に発売。また、日本では1997年1月22日に発売された[4]

チャート・認定[編集]

最高位[編集]

チャート(1996年) 最高位
オーストリア・シングルチャート[5] 27
ベルギー フランデレン地域圏・シングルチャート[6] 14
ベルギー ワロン地域圏・シングルチャート[7] 7
オランダ・シングルチャート[8] 35
全欧シングルチャート[9] 15
フランス・シングルチャート[10] 5
ドイツ・シングルチャート[11] 55
アイルランド・シングルチャート[12] 8
ノルウェー・シングルチャート[13] 15
スイス・シングルチャート[14] 36
全英シングルチャート[15] 6
チャート(1997年) 最高位
オーストラリア・シングルチャート[16] 38
カナダ・BDSエアプレイチャート[17] 9
カナダ・BDSアダルトコンテンポラリーチャート[18] 1
カナダ・RPMトップシングル[19] 7
カナダ・RPMアダルトコンテンポラリー[20] 1
ニュージーランド・シングルチャート[21] 21
アメリカ・ビルボードホット100[22] 4
アメリカ・ビルボードホットアダルトコンテンポラリートラック[23] 1
アメリカ・ビルボードホットアダルトトップ40トラック[24] 12
アメリカ・ビルボードホットラテンポップエアプレイ[25] 1
アメリカ・ビルボードホットラテントラック[25] 5
アメリカ・ビルボードラテントロピカルエアプレイ[25] 4
アメリカ・ビルボードリズミックトップ40[25] 33
アメリカ・ビルボードトップ40メインストリーム[26] 7

年間チャート[編集]

年間チャート(1997年) 順位
アメリカ・ビルボードホット100[27] 49

認定[編集]

認定
フランス シルバー[28]
イギリス シルバー[29]
アメリカ ゴールド[30]

参考文献[編集]

  1. ^ Hogya, Bernie (2005年). “"All By Myself" 30th Anniversary”. EricCarmen.com. 2011年5月26日閲覧。
  2. ^ Gordon Pogoda (1991年). “An Interview with Eric Carmen”. ericcarmen.com. 2011年8月30日閲覧。
  3. ^ Falling into You. Retrieved January 31, 1996.
  4. ^ セリーヌ・ディオン / オール・バイ・マイセルフ 【廃盤】”. 2012年10月24日閲覧。
  5. ^ Austrian Singles Chart
  6. ^ Belgian Flanders Singles Chart
  7. ^ Belgian Wallonia Singles Chart
  8. ^ Dutch Singles Chart
  9. ^ European Singles Chart
  10. ^ French Singles Chart
  11. ^ German Singles Chart
  12. ^ Irish Singles Chart
  13. ^ Norwegian Singles Chart
  14. ^ Swiss Singles Chart
  15. ^ UK Singles Chart
  16. ^ Australian Singles Chart
  17. ^ Canadian BDS Airplay Chart
  18. ^ Canadian BDS Adult Contemporary Chart
  19. ^ Top Singles - Volume 65, No. 10, May 12 1997. Retrieved May 16, 2010.
  20. ^ Adult Contemporary - Volume 65, No. 8, April 28 1997. Retrieved May 16, 2010.
  21. ^ New Zealand Singles Chart
  22. ^ Billboard Hot 100
  23. ^ Contemporary Tracks
  24. ^ Hot Adult Top 40 Tracks
  25. ^ a b c d Hot Latin Pop Airplay, Hot Latin Tracks, Latin Tropical Airplay, Rhythmic Top 40
  26. ^ Top 40 Mainstream
  27. ^ Billboard Top 100 - 1997”. 2010年8月28日閲覧。
  28. ^ Certifications Singles Argent - année 1996”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 1996年12月12日閲覧。
  29. ^ Certified awards search”. British Phonographic Industry. 2008年12月31日閲覧。
  30. ^ Gold & platinum searchable database”. Recording Industry Association of America. 2008年6月7日閲覧。
先代:
ミラクルズラヴ・マシーン
キャッシュ・ボックス トップ100シングル(エリック・カルメンバージョン)
1976年3月13日
次代:
フォー・シーズンズ1963年12月(あのすばらしき夜)
先代:
トニー・ブラクストンアンブレイク・マイ・ハート
ビルボードアダルトコンテンポラリー 第1位獲得シングル(セリーヌ・ディオンバージョン)
1997年4月12日(3週)
次代:
ケニー・ロギンスフォー・ザ・ファースト・タイム
先代:
フェイAzúcar Amargo
ビルボードラテンポップエアプレイ 第1位獲得シングル(セリーヌ・ディオンバージョン)
ー1997年5月10日(2週)
次代:
エンリケ・イグレシアスSólo en Ti