愛を伝えて〜Tell Him

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛を伝えて〜Tell Him
バーブラ・ストライサンドセリーヌ・ディオンシングル
初出アルバム『ハイアー・グラウンドレッツ・トーク・アバウト・ラヴ
リリース
規格 CDシングル
録音 ワリーワールド、レコード・プラント・スタジオザ・ヒット・ファクトリー、チャートマーカー・スタジオ、パラマウント・スタジオ、マスターフォニック
ジャンル ポップアダルト・コンテンポラリー
時間 <time datetime="4:51(アルバムバージョン)
4:53(ラジオ・エディット)">4:51(アルバムバージョン)
4:53(ラジオ・エディット)
レーベル コロムビアエピック
作詞・作曲 リンダ・トンプソンウォルター・アファナシエフデイヴィッド・フォスター
プロデュース デイヴィッド・フォスター、ウォルター・アファナシエフ
ゴールドディスク
プラチナ(ベルギー、オランダ)
ゴールド(オーストラリア、フランス、ノルウェー、スイス、イギリス)
バーブラ・ストライサンド シングル 年表
アイ・ファイナリー・ファウンド・サムワン
(1996年)
愛を伝えて〜Tell Him
(1997年)
「イフ・ユー・エヴァー・リーヴ・ミー」
(1999年)
セリーヌ・ディオン シングル 年表
ドリーミン’オブ・ユー
(1997年)
愛を伝えて〜Tell Him
(1997年)
ビー・ザ・マン
(1997年)
テンプレートを表示

愛を伝えて〜Tell Him」(あいをつたえて テル・ヒム、: Tell Him)は、バーブラ・ストライサンドセリーヌ・ディオンデュエット曲。ディオンのアルバム『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』とストライサンドのアルバム『ハイアー・グラウンド』からの最初のシングルとして1997年11月3日に発売された[1]。日本では1997年12月1日に発売されている。

概要[編集]

シングル発売約1ヵ月前の1997年10月7日、アメリカ国内のラジオ局への配信が解禁され、この曲が放送され始める。ただ、アダルトコンテンポラリーを扱うラジオ局以外ではほとんど流されることは無かった。アダルトコンテンポラリーというジャンルではヒットしたものの、チャートセールスにおいて幅広い支持を得る曲ではないと判断されたため、ソニー・ミュージックエンタテインメントはアメリカ国内でのシングルリリースを見合わせている。ただし、アメリカ以外の国々では大ヒットした。

ミュージックビデオはスコット・フロイド・ロックマスの監督によって撮影され、1997年10月24日にVH1において初放送された。このビデオはライブDVD『オ・クール・デュ・スタード〜スタジアム・ライヴ〜』の特典映像に収録されている。

ランキングチャートにおいてはオランダとアイルランドで最高2位、ベルギー、フランス、イギリスで最高3位、イタリア、スイスで最高4位を記録したほか、その他多くの国々でトップ10入りを果たした。シングルは世界中で販売枚数を伸ばし、オランダ(7万5000枚)とベルギー(5万枚)ではプラチナに、イギリス(40万枚)、フランス(40万枚)、オーストラリア(3万5000枚)、スイス(2万5000枚)、ノルウェー(1万枚)の5か国ではゴールドに認定された。

また、この曲は1998年のグラミー賞(Best Pop Collaboration with Vocals)にノミネートされている。

セリーヌ・ディオンは自身のライブツアー『レット・トーク・アバウト・ラヴ・ツアー』において、バーブラ・ストライサンドとのバーチャルデュエットを披露している。

この曲は後に両歌手それぞれのベストアルバムにも収録されている。ディオンは『ザ・スペシャル・ベスト』(2000年)、『マイ・ラヴ:エッセンシャル・コレクション』(2008年)、ストライサンドは『ジ・エッセンシャル・バーブラ・ストライサンド』(2002年)、『デュエッツ』(2012年)である。

曲が生まれるまで[編集]

1997年3月24日、セリーヌ・ディオンは史上初めて一回のアカデミー賞において2曲を歌ったアーティストとなった。その場でディオンは自身の持ち歌である「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」に加え、バーブラ・ストライサンドとブライアン・アダムスのデュエット曲で映画『マンハッタン・ラプソディ』主題歌の「アイ・ファイナリー・ファウンド・サムワン」を歌唱している。ストライサンドはそのアカデミー賞において歌唱する予定は無く、代役歌手としてナタリー・コールが歌唱する予定であった。しかし、そのコールが授賞式の二日前に代役を辞退したため、セリーヌ・ディオンに白羽の矢が立ち、直前の依頼に戸惑いながらもディオンは承諾した。

その数日後、ストライサンドは花束と共に次のような添え書きをディオンに送っている。「あの後テープを見て、私の歌を美しく歌い上げるあなたと、同じ場所に居られなかったことを非常に悔んでいます。次の機会に共に一つのものを作りませんか。本当のところ、あの夜はあなたの歌が優勝するだろうと思っていました。あなたは素晴らしい歌手です。」この添え書きに対し、すぐさま返信の上、ディオンの夫でプロデューサーのレネ・アンジェリルはデュエット曲の作詞・作曲を依頼するべくデイヴィッド・フォスターに電話を掛けた。その結果生まれたのがこの「愛を伝えて〜Tell Him〜」である。

収録曲[編集]

オーストラリア/ヨーロッパ/日本版CDマキシシングル

  1. 「愛を伝えて〜Tell Him」(ラジオ・エディット) – 4:53
  2. 「エヴリシング・マスト・チェンジ」 – 4:05
  3. 「ホエア・イズ・ザ・ラヴ」 – 4:55

チャート・認定[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Glatzer, Jenna (2005). Céline Dion: For Keeps. Andrews McMeel Publishing. ISBN 0-7407-5559-5. 
  2. ^ Australian Singles Chart
  3. ^ Austrian Singles Chart
  4. ^ Belgian Flanders Singles Chart
  5. ^ Belgian Wallonia Singles Chart
  6. ^ Canadian Singles Chart
  7. ^ Canadian BDS Adult Contemporary Chart
  8. ^ Top Singles - Volume 66, No. 17, January 19 1998. Retrieved May 16, 2010.
  9. ^ Adult Contemporary - Volume 66, No. 11, November 17 1997. Retrieved May 16, 2010.
  10. ^ Dutch Singles Chart
  11. ^ European Singles Chart
  12. ^ French Singles Chart
  13. ^ German Singles Chart
  14. ^ Irish Singles Chart
  15. ^ Italian Singles Chart
  16. ^ Norwegian Singles Chart
  17. ^ Spanish Singles Chart
  18. ^ Swedish Singles Chart
  19. ^ Swiss Singles Chart
  20. ^ UK Singles Chart
  21. ^ Hot 100 Airplay
  22. ^ Hot Adult Contemporary Tracks
  23. ^ ARIA Charts - Accreditations - 1997 Singles”. Australian Recording Industry Association. 1997-11-31閲覧。
  24. ^ Certifications Awards 1997”. Ultratop. 2010年3月27日閲覧。
  25. ^ Certifications Singles Or - année 1997”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2012年7月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。1997年12月17日閲覧。
  26. ^ Goud/Platina Muziek”. NVPI. 1998年12月31日閲覧。
  27. ^ Søk artist i trofélister”. VG-lista. 2012年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2003年12月31日閲覧。
  28. ^ Edelmetall 1997”. Swiss Music Charts. 1997年12月31日閲覧。
  29. ^ Certified awards search”. British Phonographic Industry. 2008年12月31日閲覧。