セリーヌ・ディオン (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セリーヌ・ディオン
セリーヌ・ディオンスタジオ・アルバム
リリース 1992年3月31日 (1992-03-31)
発売日参照)
録音 1991年10月-1992年2月
ジャンル ポップソフトロックダンス・ポップ
時間 61:06
レーベル エピック550
プロデュース ウォルター・アファナシエフフンバート・ギャティカガイ・ロッシェリック・ウェイク
セリーヌ・ディオン 年表
フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う
(1991年)
セリーヌ・ディオン
(1992年)
ラヴ・ストーリーズ
(1993年)
セリーヌ・ディオン収録のシングル
  1. ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣
    リリース: 1991年11月16日
  2. イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ
    リリース: 1992年4月6日
  3. ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート
    リリース: 1992年7月13日
  4. ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ
    リリース: 1992年11月2日
  5. ウォーター・フロム・ザ・ムーン
    リリース: 1993年3月1日
  6. ディド・ユー・キヴ・イナフ・ラヴ
    リリース: 1993年7月5日
テンプレートを表示

セリーヌ・ディオン』(: Celine Dion)はセリーヌ・ディオンの通算17枚目、英語盤では2枚目のセルフタイトルアルバム1992年3月31日発売。

アルバム概要[編集]

このアルバムのリードトラックでピーボ・ブライソンとのデュエット曲「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」(ディズニー映画『美女と野獣』の主題歌)はディオンの国際的な躍進を現実のものにした。この曲で用いられる古典的なソフトロックはこの先のディオンの音楽を形作った。話題性と大々的な宣伝とでこの曲は彼女の2つめのアメリカのトップ10ヒットとなり、アカデミー歌曲賞グラミー賞Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocal、ゴールデングローブ賞歌曲賞などを受賞した。また、この曲はソウルと古典音楽が融合したソフトロックの要素を持つアルバム『セリーヌ・ディオン』からの最初のシングルだった。それまでのディオンの作品のように、このアルバムでも愛がテーマとされている。

ディオンはこのアルバムを新たな作曲家、プロデューサー陣とともに制作した。5曲がダイアン・ウォーレンの作曲である。特に「ウィズ・ディス・ティアー」はプリンスがセリーヌ・ディオンのために書き下ろした贈り物である。その他はウォルター・アファナシエフリック・ウェイクガイ・ロッチェがプロデュースした。

また「センド・ミー・ア・ラヴァー」はこのアルバムの収録曲としてレコーディングされたが選曲から漏れ、その後1994年にシングルリリースされた。

1992年までにはアルバム『ユニゾン』や『セリーヌ・ディオン』の発売、そして多くのメディアへの露出によってディオンは北米のスーパースターの地位に伸し上がった。彼女は英語圏市場において名声を確立するという主な目標の1つを達成したが、それとは別にディオンの私生活にも変化があった。その間現在の夫レネ・アンジェリルとの関係はマネージャーから恋人にまで発展していたが、双方が彼らの26歳の年の差からくる世間の批判を恐れたため2人の関係は内密にされた。

このアルバムのヨーロッパ版はボーナストラックとして「哀しみのハートビート」が収録されている。また1992年9月7日にはオーストラリアで再リリースされ『ユニゾン』から4曲が収録されたディスクがボーナスディスクとして同軸された。

ディオンはこのアルバムをサポートアルバムにライブツアー「Celine Dion Tour」を行った。

チャート成績[編集]

このアルバムは全世界で600万枚を売り上げた[1]ニールセン・サウンドスキャンによればアメリカ国内で237万2000枚を売り上げ[2]、ダブルプラチナに認定された[3]。アメリカビルボード200では34位を記録。カナダでは最高3位に達し、100万枚以上を売り上げた作品が対象になるダイヤモンドに認定された[4]

その他の国ではそれぞれ、オーストラリアで15位、ニュージーランドで31位、日本で59位、イギリスで70位を記録。その中でも日本[5]とオーストラリア[6]ではゴールドに認定されている。このアルバムによりディオンにとって初のワールド・ミュージック・アワード(Best Selling Canadian Female Recording Artist of the Year)を受賞した。

このアルバムからのシングルで最も成功したのは「ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣」で、ビルボードホット100で9位、ゴールドに認定されている[3]。その他、このアルバムからのシングルでアメリカ国内でトップ40を記録したものとしては、「イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ」(4位)、「ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート」(29位)、「ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ」(36位)がある。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞・作曲 プロデュース 時間
1. イントロダクション ウォルター・アファナシエフ ウォルター・アファナシエフ
2. ラヴ・キャン・ムーヴ・マウンテンズ ダイアン・ウォーレン リック・ウェイク
3. ショウ・サム・エモーション グレゴリー・プレストピーノ、アンドリュー・ゴールド、ブロック・ウォルシュ ウォルター・アファナシエフ
4. イフ・ユー・アスクト・ミー・トゥ ウォーレン ガイ・ロッシェ
5. イフ・ユー・クッド・シー・ミー・ナウ ジョン・ベティス、アファナシエフ ウォルター・アファナシエフ
6. ハーフウェイ・トゥ・ヘヴン フラン・ゴールド、ハル・デイヴィッド、ホーランド ウォルター・アファナシエフ
7. ディド・ユー・ギヴ・イナフ・ラヴ セス・スワイヤスキー、アーニー・ロマン リック・ウェイク
8. イフ・アイ・ワー・ユー ロマン、シェリー・ペイケン リック・ウェイク
9. ビューティー・アンド・ザ・ビースト〜美女と野獣(ウィズ・ピーボ・ブライソン) アラン・メンケンハワード・アッシュマン ウォルター・アファナシエフ
10. アイ・ラヴ・ユー・グッバイ ウォーレン ガイ・ロッシェ
11. リトル・ビット・オブ・ラヴ アンディ・スコット、クロード・ゴーデット フンバート・ギャティカ
12. ウォーター・フロム・ザ・ムーン ウォーレン ガイ・ロッシェ, ウォルター・アファナシエフ
13. ウィズ・ディス・ティアー プリンス ウォルター・アファナシエフ
14. ナッシング・ブロークン・バット・マイ・ハート ウォーレン ウォルター・アファナシエフ
15. 哀しみのハートビート(ヨーロッパ版ボーナストラック) ロバート・ホワイト・ジョンソン、テイラー・ローズ クリストファー・ニール

チャート・認定[編集]

チャート[編集]

チャート 最高位
オーストラリア・アルバムチャート[7] 15
カナダ・レコードアルバムチャート[8] 3
カナダ・RPMアルバムチャート[9] 4
日本・アルバムチャート[10] 59
ニュージーランド・アルバムチャート[11] 31
全英アルバムチャート[12] 70
アメリカ・ビルボード200[13] 34

認定[編集]

認定1
オーストラリア ゴールド[6]
カナダ ダイヤモンド[4]
日本 ゴールド[5]
アメリカ 2xプラチナ[3]

1これらの認定は旧基準に基づくもので、多くは現在の認定基準よりも厳しいものとなっている。

発売日[編集]

地域 日付 レーベル 規格 品番
アメリカ 1992年3月31日 エピック550 CD 52473
カナダ ソニー・ミュージックコロムビア
日本 1992年5月21日 ソニー・ミュージック・ジャパン、エピック、550 ESCA-5587
オーストラリア 1992年6月22日 ソニー・ミュージック、エピック、550 4715082
イギリス ソニー・ミュージック、コロムビア 4715082
オーストラリア 1992年9月7日 ソニー・ミュージック、エピック、550 2CD 4715082/SAMP424

参考文献[編集]

  1. ^ famouspeople.co.uk”. Famous Singers > Celine Dion. 2004年10月18日閲覧。
  2. ^ Ask Billboard”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc (2010年12月10日). 2010年12月10日閲覧。
  3. ^ a b c Gold & platinum searchable database”. アメリカレコード協会. 2009年6月11日閲覧。
  4. ^ a b Gold & platinum certification searchable database”. カナダレコード協会. 2009年1月13日閲覧。
  5. ^ a b RIAJ”. 日本レコード協会. 2003-06-31閲覧。
  6. ^ a b Kent, David (1993). Australian Chart Book 1970-1992. Australia: St Ives, N.S.W. : Australian Chart Book. ISBN 0-646-11917-6. 
  7. ^ Australian Albums Chart
  8. ^ Lwin, Nanda (1999). Top 40 Hits: The Essential Chart Guide. Music Data Canada. ISBN 1-896594-13-1. 
  9. ^ Top Albums/CDs - Volume 50, No. 21, May 23 1992. Retrieved June 13, 2010.
  10. ^ Celine Dion album sales ranking” (日本語). オリコン. 2010年8月27日閲覧。
  11. ^ New Zealand Albums Chart
  12. ^ UK Albums Chart
  13. ^ Billboard 200