フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランス物語
〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う〜
セリーヌ・ディオンスタジオアルバム
リリース
録音 1991年9月8日 - 1991年10月6日
ジャンル ポップ
時間
レーベル コロムビアエピック
プロデュース Romano Musumarra, Serge Perathoner, Jannick Top
専門評論家によるレビュー
セリーヌ・ディオン アルバム 年表
ユニゾン
(1990年)
フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う〜
(1991年)
セリーヌ・ディオン
(1992年)
テンプレートを表示

フランス物語〜セリーヌ・ディオン、プラモンドンを歌う〜』 (Dion chante Plamondon)はセリーヌ・ディオンのフランス語によるアルバム。カナダで1991年11月4日、フランスで『Des mots qui sonnent』に改名して1992年4月29日に発売された。ディオンの通算16枚目、フランス語盤では15枚目のアルバム。

アルバム概要[編集]

このアルバムではセリーヌ・ディオンがカナダフランス語圏のポップ作詞家リュック・プラモンドンの歌を歌っている。4曲(1、4、7、10)が新曲で8曲(ほとんどがミュージカルStarmaniaから、2、5、6、8)がカバー曲である。結果的に4つの国でリリースされたが、特に1994年にこのアルバムがアメリカでリリースされた時はディオンのフランス語アルバムが初めて世界中でリリースされ、200万枚のセールスを記録した。もともと「冷酷な世界」と「ジギィ」はファビエンヌ・ティボーが、「あるビジネスマンのブルース」はクロード・デュボワが歌っていた。またティボーとデュボワは「愛の世界」も歌っていた。その他のカバーは、Martine St-Clairの「スーパーマンズ・チャイルド」、ダイアン・デュフレーヌの「酸素」と「J'ai besoin d'un chum」、マリー・カルメンの「Piaf chanterait du rock」である。

収録曲[編集]

# 曲名 作詞・作曲 時間
1994年世界版
1. "響きわたる言葉"
("Des mots qui sonnent")
L. Plamondon, A. Nova, M. Simon 3:56
2. "冷酷な世界"
("Le monde est stone")
L. Plamondon, M. Berger 3:40
3. "スーパーマンズ・チャイルド"
("Le fils de Superman")
L. Plamondon, G. Gauthier 4:35
4. "愛は最悪の孤独"
("Je danse dans ma tête")
L. Plamondon, R. Musumarra 4:14
5. "あるビジネスマンのブルース"
("Le blues du businessman")
L. Plamondon, M. Berger 4:30
6. "ジギィ"
("Un garçon pas comme les autres (Ziggy)")
L. Plamondon, M. Berger 2:58
7. "ほんとうの愛"
("Quelqu'un que j'aime, quelqu'un qui m'aime")
L. Plamondon, Erown 3:40
8. "愛の世界"
("Les uns contre les autres")
L. Plamondon, M. Berger 3:10
9. "酸素"
("Oxygène")
L. Plamondon, G. Gauthier 6:00
10. "愛はここに"
("L'amour existe encore")
L. Plamondon, R. Cocciante 3:50
カナダ/ヨーロッパ版
11. "J'ai besoin d'un chum"
("I Need a Boyfriend")
L. Plamondon, F. Cousineau 4:04
12. "Piaf chanterait du rock"
("Piaf Would Sing Rock")
L. Plamondon, G. Gauthier 3:23

出典[編集]