ゴッド・ブレス・アメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴッド・ブレス・アメリカ』(英語 : God Bless America)は、アメリカ合衆国の作詞・作曲家アーヴィング・バーリン1918年に作詞・作曲した曲。

概要[編集]

当初は注目されなかったものの、第二次世界大戦直前の1938年ケイト・スミスが唄ったラジオ放送を中心に人気になり、第二次世界大戦中にアメリカ中に広まることとなった。

「神よアメリカを守りたまえ」という愛国的な歌詞ということもあり、「アメリカ合衆国第2の国歌」などともいわれるが、アメリカ合衆国政府が認定したわけではない。しかし学校軍隊大統領就任式のみならず、ボーイスカウトから大リーグワールドシリーズでも唄われることなどから、事実上「アメリカ合衆国第2の国歌」であるといえる。

2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件から復旧したニューヨーク証券取引所でも流れた。ニューヨーク証券取引所以外でも、テロ事件以降アメリカ国民は様々な場所で「ゴッド・ブレス・アメリカ」がラジオやテレビで流されて唄われた。現在はセリーヌ・ディオンがうたったものが有名である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]