ブリジット・ジョーンズの日記 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブリジット・ジョーンズの日記
Bridget Jones's Diary
監督 シャロン・マグワイア英語版
脚本
原作 ヘレン・フィールディング
ブリジット・ジョーンズの日記』(1996年)
製作
出演者
音楽 パトリック・ドイル
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 マーティン・ウォルシュ
製作会社
配給
公開
  • 2001年4月13日 (2001-04-13) (イギリスの旗/アメリカ合衆国の旗[2][3])
  • 2001年9月22日 (2001-09-22) (日本の旗[4])
  • 2001年10月10日 (2001-10-10) (フランスの旗)
上映時間 97分[2]
製作国
言語 英語
製作費 2,500万ドル[5]
興行収入 世界の旗 $281,929,795[5]
日本の旗 21億4000万円[6]
次作 ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:File:BridgetJonesDiaryMoviePoster.jpg
劇場公開用ポスター

ブリジット・ジョーンズの日記』(ブリジット・ジョーンズのにっき、: Bridget Jones's Diary)は、2001年に公開されたイギリスアメリカ合衆国フランスロマンティック・コメディ映画シャロン・マグワイア英語版が監督、リチャード・カーティスアンドリュー・デイヴィス英語版ヘレン・フィールディングの3名が脚本を担当した。作品は、ジェーン・オースティンの『高慢と偏見』をベースに、1996年にフィールディングが発表した同名小説を原作にしている。主人公のブリジット・ジョーンズ英語版レネー・ゼルウィガーが演じ、お下劣な上司のダニエル・クリーヴァーをヒュー・グラント、またブリジットにとって真実の恋人となるマーク・ダーシーをコリン・ファースが演じた。制作は2000年8月から11月にかけて行われ、ロンドンやその周辺のホーム・カウンティズ英語版で多くのシーンが撮影された。ワールド・プレミアは2001年4月2日ニューヨーク4月4日イギリスで行われ、2001年4月13日にイギリス・アメリカ合衆国で同時公開されたほか、日本では同年9月12日に劇場公開された。

作品は概ね好評価を受けており、また世界中で2億8000万ドル以上の興行収入を上げるなど商業的にも成功した。アメリカ人のゼルウィガーを配役したことには批判もあったが、彼女は「等身大の独身女性」を演じたと高く評価され、この役でアカデミー主演女優賞などにノミネートされた。続編となる『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』は2004年に公開され、2016年には第3作『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』が公開された。

あらすじ[編集]

32歳のブリジット・ジョーンズは新年のパーティのため実家に帰り、実家が近い法廷弁護士でバツイチのマーク・ダーシーを紹介される。ブリジットはトナカイ柄のセーターを着たマークに幻滅するが、マークの側もブリジットの生活態度に幻滅し、互いの第一印象は最悪なまま別れる[注釈 1]ロンドンのフラットに戻った彼女は、何をやっても上手く行かない怠惰なシングルトンの自分を変えるため、日記を付け始める決意をする。

出版社勤務のブリジットは、上司の編集長ダニエル・クリーヴァーに憧れており、ふたりはブリジットの服装を起点にメールのやりとりを始める。出版記念パーティーに出席したブリジットは参加者の中にマークを見つけ、同僚の弁護士・ナターシャを紹介される。パーティを抜け出してディナーに行ったブリジットは、ダニエルから大学の同級生であるマークに、フィアンセを寝取られたと聞かされる[注釈 2]

ブリジットはダニエルと交際を始めるが、一方で母パメラは通販チャンネルのアシスタントを始め、父コリンを置いていってしまう。オルコンベリー家のパーティに出席がてらダニエルと週末旅行に出掛けたブリジットは、宿泊するホテルでマークとナターシャに遭遇する。ダニエルは仕事のため帰宅してしまい、ひとりでパーティに参加したブリジットは、過去の行いに関してマークを詰る[注釈 3]。ロンドンに帰ってダニエルの家を訪れたブリジットは、彼がニューヨーク支社のララを連れ込んでいるのを見つけて破局に至り[注釈 4]、後日ダニエルからララとの婚約を聞かされる。

ブリジットはダニエルから離れるためテレビ業界へ転職し、友人のマグダ夫妻のパーティで、ナターシャと共に出席したマークに出会う。ブリジットは既婚者ばかりが出席していることに辟易するが、帰り際にマークから好意を持っていると伝えられる。人権裁判の取材に行ったブリジットは、担当弁護士だったマークの取り計らいで、独占インタビューに成功する。33歳の誕生日を迎えたブリジットは、友人たちを招いたパーティ用の料理で失敗するが、マークの手伝いで何とか取り繕う。そこにダニエルが現れ、ララとは破局したので復縁してくれないかとブリジットに頼むが、ダニエルはマークに表へ出されて乱闘騒ぎになる。

クリスマスを父コリンとふたり実家で過ごすブリジットの元に、アシスタントを辞めた母パメラが戻ってくる。ブリジットはダーシー夫妻のルビー婚パーティに向かうパメラから、マークの離婚の原因はダニエルが彼の妻を寝取ったことだったと聞く。ブリジットはマークに好意を伝えるが、パーティの席でダーシー提督から、マークはニューヨークに転勤し、ナターシャと結婚する見込みだと明かされ、彼女は傷心に陥る。数日後、友人に誘われたパリ旅行直前のブリジットのフラットに現れたマークは、彼の悪口が満載の日記を読んで出て行ってしまう。ブリジットは慌てて彼を追うが、マークは交際開始の門出に新しい日記を買いに行っただけで、ふたりは人目も憚らず通りで熱く口づけするのだった。

キャスト[編集]

かっこ内は日本語吹替版キャスト(DVD&VHSとKADOKAWAから発売のBlu-rayに収録)。

このほかに、サルマン・ラシュディ(声 - 稲葉実)とジェフリー・アーチャーが本人役でカメオ出演しており、アーチャーの三文文士英語版ぶりが茶化される[9]。他にもクリスピン・ボナム=カーター英語版ルーシー・ロビンソン英語版がカメオ出演している(→#背景)。シャロン・マグワイア監督がコメンタリーで述べる通り、仮装パーティのゲスト・ペニーとしてオナー・ブラックマンがカメオ出演している[10][11]。またレストランでの乱闘シーンで、歌いながら現れるギリシャ人シェフとしてクリストファー・コウロス (Christopher Kouros) が登場している。

制作[編集]

背景[編集]

ファースがダーシー役を演じるのは『高慢と偏見』のオマージュのひとつである

フィールディングは多くのインタビューで、原作小説がジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』ならびに、1995年にBBCが制作して人気を博したそのドラマ化作品に触発されたものだと明かしている[12][13]。BBCのドラマでダーシー英語版を演じたコリン・ファースが、原作に登場するマーク・ダーシーを演じているのもBBC版への目配せのひとつであり、ファースは自身で茶化すことで『高慢と偏見』でのキャラクターから脱却する機会を得たと語っていた[14][15][16]。またマーク・ダーシーというキャラクターは、BBC版ドラマのダーシー役に惚れ込んだフィールディングが、ファースを念頭に書いたキャラクターでもあった[3]。『ブリジット・ジョーンズ』シリーズ第1作・第2作の脚本を書いたアンドリュー・デイヴィス英語版は、BBC版『高慢と偏見』の脚本家でもあり[17][3]、『ブリジット・ジョーンズの日記』には、このドラマでビングリー役を演じたクリスピン・ボナム=カーター英語版と、ハースト夫人役を演じたルーシー・ロビンソン英語版が小さな役で出演している[18]

ワーキング・タイトル・フィルムズは1997年にフィールディングの原作の映画化権を得たが、これは原作(1996年発売)がベストセラーになる前のことだった[19]

キャスティング[編集]

レネー・ゼルウィガーの演技はアメリカ人ながら絶賛された

当初ブリジット英語版役に名前が挙がっていたのは、ヘレナ・ボナム=カーター[20][21]ケイト・ブランシェット[20]エミリー・ワトソン[22]レイチェル・ワイズ[23]キャメロン・ディアスなどだった[24]。また、トニ・コレットは当時ブロードウェイで上演されていた『ワイルド・パーティ英語版』に主演するためこの役を断ったという[25]。また、ケイト・ウィンスレットの起用も考えられたが、プロデューサーたちは彼女が若すぎると判断し配役に至らなかった[20]。2年にわたるサーチの結果、レネー・ゼルウィガーの起用が2000年5月末に発表された。製作を務めたエリック・フェルナーはその理由について、彼女が「巨大な個性と説得力を役にもたらす」のだと述べた[21]。監督のマグワイアはゼルウィガーについて、「レネーの中に、コメディから感情劇まで大股で飛び移れる、ほんの一握りの人しか持たない天賦の才能を見た」と述べた[20]テキサス出身だったゼルウィガーは、映画『恋におちたシェイクスピア』でグウィネス・パルトローの指導もしたバーバラ・バークリー(英: Barbara Berkery)についてイギリス英語のアクセントを学んだ[20][26]。また、ブリジット役を演じるために約20 ポンド (9.1 kg)増やして撮影に挑んだ[27][28]。また役作りとしてプロデューサーたちの求めに応じ、ゼルウィガーはロンドンにある出版社・ピカドール英語版で出版部の見習いとして働いた[19][29](ピカドールは、原作小説のイギリスでの版元である[30])。映画の公開前、アメリカ人のゼルウィガーが典型的なイギリス人ヒロインを演じることに関しては多くの議論があった[31][32]。しかしながら、南西イングランドのアクセントも含め、彼女がこの映画で見せた演技は、広く高水準のものだったと受け止められた[33][34][35]。2000年7月、ダーシーとクリーヴァーという男性主役2名に、コリン・ファースヒュー・グラントが決まったことが発表された[36]。また監督のシャロン・マグワイア英語版は、フィールディングの友人のひとりでもあり、原作に登場するシャロン(愛称のシャザーはイングランドでの短縮形)のモデルになったとも言われている[37][38]。映画ではサリー・フィリップス英語版がシャロンを演じた。

撮影[編集]

ロータム・パークのゲート。ダーシー家のロケ地として使われた

主要撮影は2000年8月1日から同年11月14日まで行われ、6週間かけてロンドンやその郊外で撮影が行われた[19]。ロケ地としては、ブリジットとダニエルが初めてデートをしたシャド・テムズ英語版のほかに、王立裁判所セント・パンクラス駅タワー・ブリッジなどが使われている[19]。ブリジットとダニエルが短期休暇で訪れる場所はバッキンガムシャーストーク・パーク英語版で撮影された[39]。またダーシー家にはハートフォードシャーロータム・パーク英語版が使われた[19][40]ロンドン・スタンステッド空港ニューヨークJFK空港の代わりにロケ地として使われ[41]ブレントフォードサイオン・ハウス英語版はダーシー夫妻のアニバーサリー・パーティー会場として使われた[42]。またブリジットの実家のシーンは、グロスターシャースノーゼル英語版で4日間撮影された[19][43]。6週間のロケ後、サリーシェパートン・スタジオ英語版で撮影が行われた[19]

封切り[編集]

作品のワールド・プレミアは2001年4月2日にニューヨークジーグフェルド・シアター英語版で行われた[44][45]。2日後の4月4日にはロンドンレスター・スクウェアでイギリス初公開と関連イベントが行われ、ゼルウィガー・ファース・グラントなど映画に出演した俳優たちが参加した[46]。作品は2001年4月13日イギリスアメリカ合衆国で同時公開された[2][3][46]。日本とイギリスではユナイテッド・インターナショナル・ピクチャーズ(UIP)が配給を担当し、レイティングはイギリス(全英映像等級審査機構)で「激しい言葉遣いと性的言及」により「15」(15歳未満の視聴非推奨)、日本映画倫理機構)では喫煙、飲酒シーンが多いため「R-15」(15歳未満鑑賞禁止)となった[2][4][47]。日本では2001年9月22日に劇場公開されたが[4][48]、この際ポスターなどには「ブリジットのライフスタイルを真似ると、貴女の健康を損なう恐れがあります。」と記載され注意喚起された[49]アメリカ映画協会は作品をR指定した[50]。また、ミラマックスが配給に参加した[51]

DVDとVHSの発売[編集]

VHSは2001年に発売され、削除シーン、独占インタビュー、ブリジットの「正しく生きるため」のガイド(英: Bridget’s Guide to “Getting It Right”)など、35分の特典映像が収録された[52]DVDにはシャロン・マグワイア監督によるコメンタリーなどが追加で収録され、イギリスではビデオと合わせて2001年12月1日に発売された[52]。2004年には追加の映像特典が収録されたコレクターズ・エディションが発売された[注釈 6][53]。2011年にはBlu-ray Discが発売された[54]。日本版DVDはソニー・ピクチャーズエンタテインメントから発売され、戸田奈津子が字幕翻訳、高山美香が吹替翻訳を担当した[55]

作品の評価[編集]

アグリーセーターの一例

映画批評サイトRotten Tomatoesでは155件のレビューに基づき、平均点10点満点中6.9点、81%支持の「新鮮な」映画に分類されている[56]。また同じく映画批評サイトのMetacriticでは、33件のレビューに基づき、100点満点中で加重算術平均英語版66点となっている[57]。映画評論家のロジャー・イーバートは、4つ星中3.5個分の評価を付け、「このような話は、ヒロインに対して無条件の愛情を注げなければ上手く回らないし、ゼルウィガーを据えた配役はそれを可能にした。代役として思いつくのはケイト・ウィンスレットくらいだが、近い所まで行けても自虐的な子犬のような側面は欠けていただろう」と絶賛した[58]。『ローリング・ストーン』誌のピーター・トラヴァースは、キャストや脚本・監督について賞賛し、作品は「年代、性別、国に関係無く、傷付いたロマンチストたちに快活な楽しさを届ける」と述べた[26]。『ワシントン・ポスト』のデッソン・ハウは、脚本のリチャード・カーティスが関わった2作品を挙げ、「『フォー・ウェディング』に喝采した。『ノッティングヒル[の恋人]』を賞賛した。『ブリジット・ジョーンズ』を嫌いなわけではないが、『フォー・ウェディング』を観ているような気がした」と述べた[59]

作品冒頭のパーティで[注釈 7]、コリン・ファース演じるマーク・ダーシーがトナカイ柄のセーターを着ているシーンは大きな話題となり、「アグリー・クリスマス・セーター」と呼ばれるクリスマスの悪趣味なセーターの流行に一役買うことになった[60][61][62][63]

受賞とノミネート[編集]

主演のレネー・ゼルウィガーはこの作品で、アカデミー主演女優賞[64]英国アカデミー賞 主演女優賞[65]放送映画批評家協会賞主演女優賞英語版エンパイア賞主演女優賞英語版ゴールデングローブ賞 映画部門 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)[66]MTVムービー・アワード最優秀キス賞英語版(コリン・ファースと)[67]サテライト賞長編ミュージカル・コメディ映画部門主演女優賞英語版[68]全米映画俳優組合賞主演女優賞[69]ティーン・チョイス・アワード チョイス・ケミストリー部門(ヒュー・グラントと)[70]ダラス・フォートワース映画批評家協会賞主演女優賞英語版にノミネートされた。

マーク・ダーシーを演じたコリン・ファースは、ヨーロッパ映画賞観客賞最優秀ヨーロッパ俳優部門 (Jameson People's Choice Award for Best Actorを受賞し[71]英国アカデミー賞 助演男優賞とサテライト賞長編ミュージカル・コメディ映画部門主演男優賞英語版にノミネートされた[72][68]

グラントはこの作品でピーター・セラーズ喜劇賞を受賞した

ダニエル・クリーヴァー役のヒュー・グラントは、イヴニング・スタンダード英国映画賞英語版でピーター・セラーズ喜劇賞 (Peter Sellers Award for Comedy) を受賞し[73]、またエンパイア賞英国男優賞英語版[74]、サテライト賞長編ミュージカル・コメディ映画部門助演男優賞英語版[68]、ヨーロッパ映画賞観客賞最優秀ヨーロッパ俳優部門にノミネートされた。

脚本を書いたリチャード・カーティスアンドリュー・デイヴィス英語版ヘレン・フィールディングは、イヴニング・スタンダード英国映画賞脚本賞とロンドン映画批評家協会賞イギリス映画脚本賞を受賞し[73][75]英国アカデミー賞 脚色賞にもノミネートされた[76]

映画本編は、英国アカデミー賞 英国作品賞(当時のアレクサンダー・コルダ賞)[77]ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)[66][78]、サテライト賞ミュージカル・コメディ部門 作品賞英語版[68]にノミネートされた。また、エンパイア賞 英国映画賞英語版を受賞した[79]。2008年にはアメリカン・フィルム・インスティチュートから、「10ジャンルのトップ10」においてロマンティック・コメディ映画部門にノミネートされた[80]

サウンドトラック[編集]

Bridget Jones's Diary: Music from the Motion Picture[編集]

Bridget Jones's Diary: Music from the Motion Picture
Various artistsサウンドトラック
リリース
時間
レーベル マーキュリー・レコード (ヨーロッパ)
ユニバーサル ミュージック グループ (アメリカ合衆国、日本)
プロデュース ニック・エンジェル (Nick Angel)
Various artists 年表
Bridget Jones's Diary: Music from the Motion PictureBridget Jones's Diary 2: More Music from the Motion Picture and Other V.G. Songs
『Bridget Jones's Diary: Music from the Motion Picture』収録のシングル
  1. アウト・オブ・リーチ英語版
    リリース: 2001年4月9日
  2. ハレルヤ・ハリケーン英語版
    リリース: 2001年4月30日
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:File:Bridget Jones's Diary OST UK Cover.jpg - イギリス版のカバー写真

『ブリジット・ジョーンズの日記 オリジナル・サウンドトラック』[81]: Bridget Jones's Diary: Music from the Motion Picture)は、同名映画のため2001年にリリースされたアルバムで、パトリック・ドイルが作曲を担当した。

アルバムにはガブリエルの『アウト・オブ・リーチ英語版』、ジェリ・ハリウェルの『ハレルヤ・ハリケーン英語版』と2曲のヒットソングが収録されている。ハリウェルはこの曲のシングルで自身4回目となる全英シングルチャート連続1位を獲得し、ソロ活動史上最高の売り上げを記録した(当時)。当初ハリウェルの新アルバム『スクリーム・イフ・ユー・ワナ・ゴー・ファスター英語版』のリードシングルは、収録曲『フィールズ・ライク・セックス』"Feels Like Sex" が予定されていたが、ハリウェルの申し出によって、この『ハレルヤ・ハリケーン』もアルバムに追加収録されることになった。ハリウェル版は音楽批評家からも好評価を受け、国際的にも成功して24ヶ国以上でトップ10入りを果たし、複数の国でチャート1位の座を勝ち取った。アメリカ合衆国では多少見劣りする結果になったが、本国イギリスでは、全英シングルチャートに登場するなり1位を獲得し、2週間順位を維持した。売り上げは第1週に155,000ユニット、第2週に8万ユニットの大ヒットで、イギリスだけでシングルは44万枚を売り上げ[82]、2001年の売り上げ13位となったほか、ハリウェルにとって世界中で最も成功したシングルになった[83]。この曲はフランスでも81万2千枚を売り上げるなど大成功を収め[84]全国音楽出版組合 (SNEP) からは「ダイアモンド」認定を受けた[85]。また2002年のNRJミュージック・アワード英語版(フランス)では、ハリウェルに「インターナショナル・ソング・オブ・ザ・イヤー」(英: International Song of the Year)が贈られた[86]。2006年7月にはメキシコのデジタル・セールス・チャートで79位に入り、2週間トップ100以内をキープした。ハリウェルはミュージック・ビデオについて1980年の映画『フェーム』からインスピレーションを受けたと語っており、またビデオ中でバレエを披露している[87]

#タイトル作詞・作曲アーティスト時間
1.アウト・オブ・リーチ英語版(Out of Reach)
ガブリエル
2.リスペクト(Respect)オーティス・レディングアレサ・フランクリン
3.ハレルヤ・ハリケーン英語版(It's Raining Men)ジェリ・ハリウェル
4.ジョーンズ嬢に会ったかい?英語版(Have You Met Miss Jones?)ロビー・ウィリアムズ
5.アイム・エヴリー・ウーマン英語版(I'm Every Woman)チャカ・カーン
#.ドント・ゲット・ミー・ウロング英語版(イギリス特別版特典トラック / Don't Get Me Wrong)クリッシー・ハインドプリテンダーズ
6.「キス・ザット・ガール」(Kiss That Girl)シェリル・クロウシェリル・クロウ
7.キリン・カインド英語版(Killin' Kind)シェルビー・ムーアラー[注釈 9]シェルビー・リン英語版
8.サムワン・ライク・ユー英語版(Someone Like You)ヴァン・モリソンダイナ・キャロル英語版
9.ノット・オブ・ジス・アース英語版(Not of This Earth)
ロビー・ウィリアムズ
#.君の瞳に恋してる(イギリス特別版特典トラック / Can't Take My Eyes Off You)アンディ・ウィリアムス
10.「ラヴ」(Love)ロージー (Rosey)
11.ストップ、ルック、リッスン英語版(Stop, Look, Listen (To Your Heart))ダイアナ・ロス & マーヴィン・ゲイ
12.ドリームサム英語版(Dreamsome)
シェルビー・リン
13.「イッツ・オンリー・ア・ダイアリー」(It's Only a Diary)パトリック・ドイルパトリック・ドイル
14.「プリテンダー・ガット・マイ・ハート」(Pretender Got My Heart)アリシャズ・アティック英語版
15.オール・バイ・マイセルフ(All by Myself)ジェイミー・オニール英語版
16.ウーマン・トラブル英語版(イギリス特別版特典トラック / Woman Trouble)
  • クレイグ・デイヴィッド
  • ピーター・デヴェルー
  • クレイグ・ロビー・エルキンズ
  • マーク・ヒル[注釈 12]
アートフル・ドジャー & ロビー・クレイグ feat. クレイグ・デイヴィッド[注釈 13]
17.リング、リング、リング英語版(Ring Ring Ring)
  • アーロン・ソウル
  • ブリスコ
  • ジェイラン[注釈 14]
アーロン・ソウル
合計時間:

先代:
ムーラン・ルージュ オリジナル・サウンドトラック英語版
Moulin Rouge! Music from Baz Luhrmann's Film
by ヴァリアス・アーティスト
オーストラリア・ARIAチャート第1位獲得アルバム (en
1) 2001年8月13日 – 9月9日
2) 2001年9月17日 – 9月23日
次代:
1)『ファンク・オデッセイ英語版
A Funk Odyssey by ジャミロクワイ
2)『V英語版』by ライブ

Bridget Jones's Diary 2: More Music from the Motion Picture and Other V.G. Songs[編集]

Bridget Jones's Diary 2: More Music from the Motion Picture and Other V.G. Songs
Various artistsサウンドトラック
リリース
ジャンル Mixed
時間
レーベル マーキュリー・レコード
プロデュース デイヴ・アレン (Dave Allen)
Various artists 年表
『ブリジット・ジョーンズの日記 オリジナル・サウンドトラック』
Bridget Jones's Diary: Music from the Motion Picture
Bridget Jones's Diary 2: More Music from the Motion Picture and Other V.G. Songs『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12ヶ月 オリジナル・サウンドトラック』
Bridget Jones: The Edge of Reason soundtrack (en
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:File:Bridget Jones's Diary 2 OST Cover.jpg
カバー写真
#タイトル作詞作曲・編曲アーティスト
1.ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ(Me and Mrs. Jones)  ドラマティクス英語版
2.サムワン・ライク・ユー英語版(Someone like You)  ヴァン・モリソン
3.マイ・ラヴィン(ユーアー・ネヴァー・ガナ・ゲット・イット)英語版(My Lovin' (You're Never Gonna Get It))  アン・ヴォーグ
4.マイ・ファニー・ヴァレンタイン(My Funny Valentine)  エルヴィス・コステロ
5.エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ(Ain't No Mountain High Enough)  ダイアナ・ロス
6.イエス英語版(Yes)  マッカルモント&バトラー
7.ウーマン英語版(Woman)  ネナ・チェリー
8.ウィザウト・ユー(Without You)  ニルソン
9.ドゥー・ホワット・ユー・ガッタ・ドゥー英語版(Do What You Gotta Do)  ニーナ・シモン
10.セイ・ホワット・ユー・ウォント英語版(Say What You Want)  テキサス
11.ブラス・イン・ポケット英語版(Brass in Pocket)  プリテンダーズ
12.アウト・オブ・リーチ英語版(アコースティック・バージョン)」(Out of Reach (Acoustic Version))  ガブリエル
13.ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロー(Will You Love Me Tomorrow)  シュレルズ
14.レッツ・ゲット・イット・オン英語版(Let's Get It On)  マーヴィン・ゲイ
15.ウォーターフォールズ英語版(Waterfalls)  TLC
16.エンジェルス(Angels)  ロビー・ウィリアムズ
17.イット・シュッド・ハヴ・ビーン・ミー英語版(It Should Have Been Me)  イヴォンヌ・フェア英語版
18.ウー・ベイビー・ベイビー英語版(Ooo Baby Baby)  スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズ英語版
19.アイ・ドント・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・イット英語版(I Don't Want to Talk About It)  ダイナ・キャロル英語版
20.パッショネート・キスィズ英語版(Passionate Kisses)  メアリー・チェイピン・カーペンター英語版
チャート順位
チャート(2001年) 最高順位
オーストリア (Ö3 Austria)[111] 67
ドイツ (Offizielle Top 100)[97] 97

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ パーティでブリジットは、マークが自身の悪口を言う様子を立ち聞きしてしまうが、これは『高慢と偏見』の主人公・エリザベスが、ダーシーからビングリーへ自分の評価が伝えられる様子を立ち聞きしてしまうシーンと対になっている[7]
  2. ^ ここで聞かされる話はクリーヴァーの作り話だったが、『高慢と偏見』でもクリーヴァーに相当するウィカムが、ダーシーの仕打ちについてエリザベスへ偽の話を吹き込む[7]
  3. ^ この時ブリジットは、ダニエルから吹き込まれた話を元にマークを詰っているが、同様のシーンは『高慢と偏見』にも存在する[8]
  4. ^ この時ララは「ペンバリー・プレス」(Pemberley Press) と書かれたスケッチブックを持っているが、『高慢と偏見』で登場するダービーシャーのダーシー邸の名前も「ペンバリー英語版フランス語版」である[7]
  5. ^ 英: Mr. "Tits Pervert" Fitzherbert. ふたつの単語は「おっぱい」「変態」という意味なので、「おっぱい触り魔」という二つ名を持っていることになる。
  6. ^ 追加特典のタイトル(原題):"The Bridget Phenomenon, The Young And The Mateless, Portrait Of The Makeup Artist, Domestic and International TV Spots, Bridget Jones: The Edge Of Reason Theatrical Trailer, Bridget Jones's Diary Reviews and A Guide to Bridget Britishism."
  7. ^ このシーンの映像はミラマックスのサイトで視聴することができる。"Bridget Jones's DiaryUgly Sweater Party". ミラマックス. 2018年1月23日閲覧. 
  8. ^ Louise Bobb, Jonathan Shorten
  9. ^ Shelby Moorer
  10. ^ Dorothy Overstreet
  11. ^ Karen Poole, Shelly Poole, Martin, Hogarth
  12. ^ Craig David, Peter Devereux, Craig Robbie Elkins, Mark Hill
  13. ^ Artful Dodger & Robbie Craig featuring Craig David
  14. ^ Aaron Soul, Brisco, Jeilan

出典[編集]

  1. ^ ブリジット・ジョーンズの日記 - 映画.com - 2018年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d Bridget Jones's Diary (15)”. British Board of Film Classification (2001年4月2日). 2016年9月23日閲覧。
  3. ^ a b c d GILLIS-FURUTAKA 2006, p. 162.
  4. ^ a b c ブリジット・ジョーンズの日記 - allcinema - 2018年1月14日閲覧。
  5. ^ a b Bridget Jones's Diary (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2009年12月11日閲覧。
  6. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  7. ^ a b c Carra, Mallory (2016年4月13日). “9 'Pride & Prejudice' Callbacks You Probably Missed In 'Bridget Jones' Diary'”. Bustle. 2018年1月23日閲覧。
  8. ^ ジェーン・オースティン 『高慢と偏見』上、富田彬訳、岩波書店〈岩波文庫〉、148-149頁。ISBN 4-00-322221-0
  9. ^ Bridget Jones's Diary (2001) Acting Credits”. ニューヨーク・タイムズ. 2009年6月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月23日閲覧。
  10. ^ シャロン・マグワイア英語版. ブリジット・ジョーンズの日記 - 音声解説. ユニバーサル・ピクチャーズ.. 該当時間: 39:28 
  11. ^ ロジャー・イーバート (2003). Roger Ebert's Movie Yearbook 2004. Andrews McMeel Publishing. p. 92. ISBN 0740738348. https://books.google.co.jp/books?id=kPH7osbwOEMC&pg=PA92&lpg=PA92&dq=Honor+Blackman+bridget+jones+diary 2018年1月17日閲覧。. 
  12. ^ Bridget Jones vs Pride and Prejudice”. 英国放送協会 (2013年1月28日). 2018年1月17日閲覧。
  13. ^ Turner, Megan (2001年4月8日). “FIRTH’S AUSTEN POWER PRIDE AND PREJUDICE FOR BRITISH ACTOR IN ‘BRIDGET JONES’S DIARY’”. ニューヨーク・ポスト. 2018年1月17日閲覧。
  14. ^ Steiner, Susie (2001年3月31日). “Twice Shy”. London: The Guardian. https://www.theguardian.com/film/2001/mar/31/features.weekend 2008年5月20日閲覧。 
  15. ^ Colin Firth - Me Sexy? - only to that crazy Bridget Jones”. Italy: Vanity Fair (2003年10月16日). 2018年1月17日閲覧。
  16. ^ 木梨由利 (2005年4月28日). “愛すべきシングルトンの物語 ―『ブリジット・ジョーンズの日記』―”. 金沢学院大学国際文化学科. 2017年12月17日閲覧。
  17. ^ Davies wants more Bridget Jones”. ベルファスト・テレグラフ (2014年7月10日). 2018年1月17日閲覧。
  18. ^ Gallagher, Caitlin (2016年4月13日). “7 Big Ways 'Bridget Jones' Diary' References 'Pride & Prejudice'”. BUSTLE. 2018年1月17日閲覧。
  19. ^ a b c d e f g Bridget Jones's Diary : Production Notes”. Cinema.com. 2013年12月29日閲覧。
  20. ^ a b c d e Hart, Hugh (2001年4月8日). “A Part With Meat on Its Bones”. Los Angeles Times: p. 2. http://articles.latimes.com/2001/apr/08/entertainment/ca-48232/2 2013年12月29日閲覧. "I saw in Renee a gift few people have, that she was able to straddle comedy and emotion." 
  21. ^ a b “Renée wins Bridget role”. BBC News. (2000年2月24日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/655190.stm 2013年12月29日閲覧. "He told the Daily Telegraph that Zellweger was "brings enormous character and conviction to the part"." 
  22. ^ Dicker, Ron (2002年1月11日). “For Emily Watson, Acting Success Came In `Waves'”. ハートフォード・クラント英語版. 2013年12月29日閲覧。
  23. ^ In brief: Rachel Weisz too beautiful for Bridget Jones”. The Guardian (2001年3月16日). 2013年12月29日閲覧。
  24. ^ Hochman, David (1999年12月17日). “Reel World: Bridget Jones CastinFe”. Entertainment Weekly. http://ew.com/article/1999/12/17/reel-world-bridget-jones-casting-call/ 2013年12月29日閲覧。 
  25. ^ Toni Collette Online - Magazines”. Tonicollette.org. 2017年9月3日閲覧。
  26. ^ a b ピーター・トラヴァース (2001年4月13日). “Bridget Jones's Diary”. ローリング・ストーン. 2018年1月18日閲覧。 “Instead, Bridget Jones's Diary delivers frisky fun for bruised romantics regardless of age, sex or nationality.”
  27. ^ Loewenstein, Lael (2001年3月28日). “Review: 'Bridget Jones’s Diary'”. Variety. https://variety.com/2001/film/reviews/bridget-jones-s-diary-2-1200467073/ 2013年12月29日閲覧。 
  28. ^ 愛すべきキャラ、ブリジット・ジョーンズを作る女優レニーを大解剖!”. VOGUE (2016年11月11日). 2017年12月17日閲覧。
  29. ^ Scott, Ellen (2017年4月5日). “21 things you never knew about Bridget Jones's Diary”. コスモポリタン. 2018年1月17日閲覧。
  30. ^ Bridget Jones's Diary (Picador 40th Anniversary Edition)”. the guardian bookshop. ガーディアン. 2018年1月17日閲覧。
  31. ^ Grant defends beleaguered Bridget Jones star”. The Guardian (2000年5月3日). 2013年12月29日閲覧。
  32. ^ Hoye, Sue (2000年3月8日). “Bridget Jones is back and funny as ever”. CNN. http://edition.cnn.com/2000/books/news/03/08/helen.fielding/ 2013年12月29日閲覧。 
  33. ^ Hale, Ellen (2001年4月12日). “Zellweger's Bridget is 'bang on' to Brits, if a bit posh”. USA Today. http://usatoday30.usatoday.com/life/movies/2001-04-12-bridget-jones-brit-appeal.htm 2015年11月15日閲覧. "Zellweger's accent was a point of great discussion among those attending on opening night, many of whom admitted to trying to find flaws in her performance. Most agreed that at times her accent was too upper-class for her background. ... Wrote Christopher Tookey英語版, of the Daily Mail... 'Those who predicted Renee Zellweger wouldn't be able to do English accent about to eat words.'" 
  34. ^ Boyle, Simon (2015年10月17日). “Bridget Jones's Dialect conundrum as Renee Zellweger FORGETS how to do character's accent”. Mirror (London, England). http://www.mirror.co.uk/tv/tv-news/bridget-joness-dialect-conundrum-renee-6654201 2015年11月15日閲覧. "Renee’s plummy English accent became one of Bridget’s best known characteristics in the films..." 
  35. ^ Graham, Bob (2001年4月1日). “Renee Zellweger's Identity Switch / Texas actress managed to perfect an English accent for 'Bridget Jones'”. SFGate. サンフランシスコ・クロニクル. 2015年11月15日閲覧。 “Zellweger brought the accent off, [Hugh] Grant now says, but 'there was a phase at the beginning when she was a little bit like Princess Margaret... But even the most brutal British journalists, who are kind of snooty, have seen screenings in London and have had to eat humble pie. She's impeccable.'”
  36. ^ Janine Dallas Steffan (2000年4月17日). “Seen, Heard, Said”. The Seattle Times. http://community.seattletimes.nwsource.com/archive/?date=20000417&slug=4016109 2013年12月29日閲覧。 
  37. ^ Jolin, Dan (2016年8月19日). “Sharon Maguire – the director behind Bridget Jones – on the hilarious character’s latest chapter”. DIRECTOR'S CUT. ザ・サン. 2018年1月17日閲覧。
  38. ^ Hall, Emma (2001年4月5日). “Shazzer is me, only funnier”. デイリー・テレグラフ. 2016年2月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  39. ^ Stoke Park film history”. Stokepark.com. 2018年1月17日閲覧。
  40. ^ Freyberg, Annabel (2002年1月31日). “The film favourite”. ロンドン・イヴニング・スタンダード英語版. 2018年1月17日閲覧。
  41. ^ Heathrow Airport star on most popular airport film locations list”. UKinbound (2017年9月21日). 2018年1月17日閲覧。
  42. ^ Bridget Jones's Diary - Production Details”. ブリティッシュ・コメディ・ガイド英語版. 2018年1月17日閲覧。
  43. ^ Bridget Jones' Diary Locations”. Gloucestershire On Screen. 2010年4月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  44. ^ Renee Zellweger and director Sharon Maguire during 'Bridget Jones's Diary' Premiere at Ziegfeld Theater in New York City, New York, United States. (Photo by RJ Capak/WireImage)”. ゲッティ・イメージズ (2001年4月2日). 2018年1月22日閲覧。
  45. ^ Hugh Grant decided to pull out of the third 'Bridget Jones' film”. AOL (2014年10月13日). 2018年1月22日閲覧。
  46. ^ a b Bridget Jones hits the silver screen”. BBCニュース. 英国放送協会 (2001年4月4日). 2018年1月22日閲覧。
  47. ^ マリオン・ロス (2001年8月9日). “レニー・ゼルウィガー独占インタヴュー”. シネマトゥデイ. 2018年1月22日閲覧。
  48. ^ ブリジット・ジョーンズの日記”. 映画ナタリー. 2018年1月22日閲覧。
  49. ^ 斎藤敦子 (2013年12月20日). “125『ブリジット・ジョーンズの日記』”. 映画の処方箋(コラム). 映画専門チャンネル「ムービープラス」. 2018年1月23日閲覧。
  50. ^ Bridget Jones's Diary”. Kids in mind. 2018年1月22日閲覧。
  51. ^ Bridget Jones finds phenomenal success”. ガーディアン (2001年4月17日). 2018年1月22日閲覧。
  52. ^ a b Win Bridget Jones's Diary on video and DVD”. ガーディアン (2001年10月29日). 2018年1月22日閲覧。
  53. ^ Bridget Jones's Diary (Collector's Edition)”. Movie Review. IGN (2004年11月24日). 2018年1月22日閲覧。
  54. ^ Bridget Jones's Diary Blu-ray”. blu-ray.com. 2018年1月22日閲覧。
  55. ^ レネー・ゼルウィガー、コリン・ファース、ヒュー・グラント. ブリジット・ジョーンズの日記 (DVD). ソニー・ピクチャーズエンタテインメント.. TSUD-32890 
  56. ^ Bridget Jones's Diary - Rotten Tomatoes(英語) - 2018年1月18日閲覧。
  57. ^ Bridget Jones's Diary - Metacritic(英語) - 2018年1月18日閲覧。
  58. ^ Roger Ebert (2001年4月13日). “Bridget Jones's Diary :: rogerebert.com :: Reviews”. https://www.rogerebert.com/reviews/bridget-joness-diary-2001 2018年1月18日閲覧. "A story like this can't work unless we feel unconditional affection for the heroine, and casting Zellweger achieves that; the only alternate I can think of is Kate Winslet, who comes close but lacks the self-destructive puppy aspects." 
  59. ^ Howe, Desson (2001年4月13日). “'Bridget' Is Almost V. Good”. ワシントン・ポスト. 2018年1月18日閲覧。 “I clapped for "Four Weddings and a Funeral." I applauded "Notting Hill." And although I didn't dislike "Bridget Jones," I felt as if I was watching "One Wedding and a Funeral."”
  60. ^ Berry, Allison (2011年12月22日). “A Brief History of the Ugly Christmas Sweater”. TIME. 2018年1月23日閲覧。
  61. ^ Lamont, Tom (2012年12月8日). “The 10 best jumpers”. ガーディアン. 2018年1月23日閲覧。
  62. ^ Cumming, Ed (2012年12月13日). “How Christmas jumpers came in from the cold”. デイリー・テレグラフ. 2018年1月23日閲覧。
  63. ^ Alexander, Bryan (2016年12月13日). “Did 'Bridget Jones' start the Ugly Christmas Sweater craze? Here's the story behind Darcy's jumper.”. USAトゥデイ. 2018年1月23日閲覧。
  64. ^ Search Results”. アカデミー賞. 映画芸術科学アカデミー. 2018年1月18日閲覧。
  65. ^ Film / Actress in a Leading Role in 2002”. BAFTA. 2018年1月18日閲覧。
  66. ^ a b Bridget Jones's Diary”. ゴールデン・グローブ賞. 2018年1月19日閲覧。
  67. ^ The MTV Movie Awards, Once and Again and The Osbournes”. FOXニュース (2002年4月24日). 2018年1月20日閲覧。
  68. ^ a b c d Berkshire, Geoff (2001年12月17日). “‘Moulin Rouge’ in orbit, topping Satellite noms”. バラエティ. 2018年1月20日閲覧。
  69. ^ The 8th Annual Screen Actors Guild Awards”. Screen Actors Guild Awards. 2018年1月20日閲覧。
  70. ^ 2001 Teen Choice Awards”. awardsandwinners.com. 2018年1月20日閲覧。
  71. ^ European Film Academy : European Film Awards Winners 2001”. ヨーロピアン・フィルム・アカデミー. 2018年1月22日閲覧。
  72. ^ Film / Actor in a Supporting Role in 2002”. BAFTA. 2018年1月18日閲覧。
  73. ^ a b British Film Honoured”. エンパイア (2002年2月4日). 2018年1月18日閲覧。
  74. ^ Best Actor”. Empireonline.co.uk (2001年). 2002年6月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  75. ^ Moulin Takes Three”. エンパイア (2002年2月14日). 2018年1月18日閲覧。
  76. ^ Film / Adapted Screenplay in 2002”. BAFTA. 2018年1月18日閲覧。
  77. ^ Film / Alexander Korda Award for the outstanding British Film of the Year in 2002”. BAFTA. 2018年1月18日閲覧。
  78. ^ Globe Nominations Announced”. エンパイア (2001年12月20日). 2018年1月18日閲覧。
  79. ^ The 2002 Empire Awards”. エンパイア (2002年2月5日). 2018年1月18日閲覧。
  80. ^ AFI's 10 Top 10 Nominees (PDF)”. p. 74. 2011年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月19日閲覧。
  81. ^ 「ブリジット・ジョーンズの日記」 オリジナル・サウンドトラック”. HMV. 2018年1月23日閲覧。
  82. ^ Justin Myers (2014年5月16日). “Official Charts Flashback 1999: Geri Halliwell – Look At Me”. Official Charts. 2014年5月24日閲覧。
  83. ^ It's Raining Men”. Foreverspice.com. 2014年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月1日閲覧。
  84. ^ InfoDisc : Les Certifications (Singles) du SNEP (Bilan par Artiste) – Search for "HaliwellG."”. Syndicat National de l'Édition Phonographique. 2007年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月14日閲覧。
  85. ^ Certifications Singles Diamond - année 2002”. Disque en France. 2011年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月3日閲覧。
  86. ^ NRJ Music Awards 2002 - Geri Halliwell”. NRJ (2009年11月20日). 2018年1月23日閲覧。
  87. ^ Entertainment Daily : Geri Halliwell - AP Archive”. Aparchive.com. 2017年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月3日閲覧。
  88. ^ "Australiancharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  89. ^ "Austriancharts.at – Soundtrack – Bridget Jones's Diary" (in German). Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  90. ^ a b c d "Original Soundtrack - Bridget Jones's Diary Awards". Allmusic. Rovi Corporation. 2013年11月20日閲覧. 
  91. ^ "Ultratop.be – Soundtrack – Bridget Jones's Diary" (in Dutch). Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  92. ^ "Ultratop.be – Soundtrack – Bridget Jones's Diary" (in French). Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  93. ^ "Danishcharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  94. ^ "Dutchcharts.nl – Soundtrack – Bridget Jones's Diary" (in Dutch). Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  95. ^ "Soundtrack: Bridget Jones's Diary" (in Finnish). Musiikkituottajat – IFPI Finland. 2013年11月20日閲覧。
  96. ^ "Lescharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  97. ^ a b "Longplay-Chartverfolgung at Musicline" (in German). Musicline.de. Phononet GmbH. 2013年11月20日閲覧。
  98. ^ "Charts.org.nz – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  99. ^ "Norwegiancharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  100. ^ "Spanishcharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  101. ^ "Swisscharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  102. ^ "Swedishcharts.com – Soundtrack – Bridget Jones's Diary". Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。
  103. ^ ARIA Charts – End Of Year Charts – Top 100 Albums 2001”. Australian Recording Industry Association. 2010年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。
  104. ^ Jahreshitparade Alben 2001”. Austrian Charts. Hung Medien.. 2013年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。(ドイツ語)
  105. ^ Chart of the Year 2001”. TOP20.dk. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。
  106. ^ Dutchcharts.nl – Jaaroverzichten – Single 2001” (Dutch). Hung Medien. 2012年7月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。(オランダ語)
  107. ^ Classement Albums – année 2001” (French). SNEP. 2012年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月22日閲覧。(フランス語)
  108. ^ "Top 100 Album-Jahrescharts (2001)". 2017年12月22日閲覧. 
  109. ^ Årslista Album – År 2001” (Swedish). Sverigetopplistan. スウェーデン・レコード産業協会. 2014年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年2月19日閲覧。(スウェーデン語)
  110. ^ "Schweizer Jahreshitparade (2001)". 2018年1月23日閲覧. 
  111. ^ "Austriancharts.at – Soundtrack – BRIDGET JONES'S DIARY 2" (in German). Hung Medien. 2013年11月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • GILLIS-FURUTAKA, Amanda (2006年3月). “Intertextuality and Intercultural Studies : A Case Study of "Pride andPrejudice", "Bridget Jones'sDiary", and "Bridget Jones:The Edge of Reason"(間テクスト性と文化交流研究;『高慢と偏見』『ブリジット・ジョーンズの日記』『ブリジット・ジョーンズの日記 : きれそうなわたしの12か月』)”. 京都産業大学論集. 人文科学系列 (京都産業大学) 34: 157-175. NAID 110004365565. 

外部リンク[編集]