チャールズ・オースティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャールズ・ジョン・オースティン
Charles John Austen
Sir Charles John Austen.jpg
チャールズ・オースティン
生誕 1779年6月23日
ハンプシャー州スティーヴントン
死没 1852年10月7日
英領ビルマピイ
所属組織 イギリス海軍
軍歴 1791年-1852年
最終階級 少将
墓所 ミャンマートリンコマリー
テンプレートを表示

サー・チャールズ・ジョン・オースティン(Sir Charles John Austen, 1779年6月23日 - 1852年10月7日)は、イギリス海軍の軍人で、バス勲爵士である。フランス革命戦争ナポレオン戦争に従軍し、その後、最終的に海軍少将の地位に昇進した。

生涯[編集]

海軍入隊まで[編集]

ジェーン・オースティン

1779年にジョージ・オースティン牧師の末子として生まれた[1][2]。5人の兄と2人の姉がおり、五兄のフランシスも海軍に入隊し、元帥になっている。次姉が有名な作家のジェーン・オースティンである[3]

チャールズは1791年海軍兵学校に入校し、1794年の9月にはダイダロス英語版で士官候補生として任務に就いた。その後ユニコーン英語版エンディミオン英語版にも乗艦した。ユニコーンで任務に就いているときにオランダブリッグ「コメット」とフランスの44門フリゲートトリビューヌ英語版(トリビューン)、そしてやはりフランスの輸送艦である「ヴィユ・ドリアン」の拿捕を補佐した[4]

エンディミオン転属後は、ヘレフートスライス英語版にオランダの戦列艦「ブルートゥス」(Brutus)を追い込むために助力し、この結果オースティンは1797年海尉となって、スコーピオン英語版[注釈 1]で任務に就いた。「スコーピオン」での任務の期間は長期にわたり、その間にオランダのブリッグ「クーリエール」を拿捕した。その後オースティンはタマー英語版に移った[4]。タマーでは、アルヘシラス港外でしばしば小砲艦私掠船との交戦や攻撃に巻き込まれた。1800年の4月に「エンディミオン」に戻ったオースティンはある時、他に4人だけを連れて、強風をついて小舟で出港し、149人を載せた18門艦「シピオ」に乗り込んでこれを拿捕した[6]。その翌日、「エンディミオン」が完全にこの艦を拿捕するまで、オースティンは「シピオ」を管理下に置いた[注釈 2][4][7]。その後オースティンは、チャールズ・パジェット英語版艦長のもとで功績を次々とあげた後、海軍本部からコマンダー[注釈 3]に昇格され、1804年10月10日スループ「インディアン」の指揮官に就任した[4][9]

指揮官として[編集]

ワーテルローの敗北後、セントヘレナ島へ流されるナポレオン

その後5年間を北アメリカ艦隊英語版で過ごしたオースティンは、1810年5月10日に74門艦スウィフトシュア (戦列艦)英語版の艦長となった、その当時この艦はボルラス・ウォーレン英語版の旗艦だった[4][9]。その年の9月にはクレオパトラ英語版に乗艦し、1811年の11月から1814年の9月まではナムール英語版の艦長として任務についた。この艦はノアを基地としており、トマス・ウィリアムズ英語版の旗艦だった。その後36門フリゲートのフェニックス英語版をまかされ、百日天下が終わって、アンドーンテッド英語版ガーランド英語版と共に、アドリア海で勢力を伸ばしつつあると思われるナポリ軍をくまなく探すために、戦隊の指揮官として派遣された。ナポリ軍を降伏させた後は、ブリンディジでの封鎖に加わった。その後エドワード・ペリューから、フランス戦隊の様子を探る任務を受けたが、フランスとの戦争が終わったこともあり、オースティンはしばらくの間、この地域の海賊行為の鎮圧の方に注意を向けた。そしてパヴォス港で2隻の私掠船を拿捕することに成功したが、「フェニックス」が1816年2月20日スミルナで難破するという災難に見舞われた。これは案内人を無視したのが原因だった[4]

1826年6月2日、オースティンは46門艦オーロラ英語版をまかされ、次席司令官としてジャマイカ駐留地に赴任した。ここで奴隷貿易の阻止に奮迅し、多くの奴隷船を捕獲してかなりの戦功をあげた。オースティンは「オーロラ」の指揮官を2年半務め、その後この艦は1828年12月に退役した。エドワード・コルポイズ英語版がオースティンを自分の旗艦の艦長に指名したため、北アメリカ及び西インド諸島艦隊(かつての北アメリカ艦隊)でウィンチェスターに乗務し、その後、1830年12月の大事故で負傷して、送還されるまでこの地にとどまった。回復して任務に戻ったオースティンは、1838年ウォータールー英語版に配属された。1840年8月28日には恩給が支給された。オースティンは地中海に「ウォータールー」で航海し、1840年11月3日アッコの爆撃で功績をあげ[4]、この結果、1840年12月18日バス勲章を授与された[10]。オースティンと「ウォータールー」は帰国し、「ウォータールー」はその後、1841年の6月に退役した[4]

提督昇進とビルマでの死[編集]

1846年には少将に昇進し、1850年1月14日には東インド・中国艦隊の司令官に任じられて、その翌日には提督旗をなびかせて出港した[4]第二次英緬戦争でイギリス遠征軍を率いたが、1852年10月7日、73歳でコレラのためピイで死去した[4][11]。1852年4月30日、オースティンはその功績をインド総督ダルハウジー侯爵ジェイムズ・ブラウン=ラムゼイにたたえられ、その後ラムゼイはオースティンの死に対する哀悼の意を、正式に記録に残した[11]。遺体はトリンコマリーに埋葬された。

家族[編集]

オースティンは、バミューダの前法務官の末娘であるフランシス・パーマーと1807年に結婚した。2人には3つ子が生まれた。1814年にフランシスが亡くなった後、フランシスの姉ハリエットと再婚した。2人には4人の子供が生まれ、うち2人が男で、そのうち1人が父の後を追って海軍に入隊した[4][12]

脚注[編集]

  1. ^ 英語版ではhoyとなっており、大型はしけまたはスループ式帆装船を意味する。ここでは後者の意味か[5]
  2. ^ 姉のジェーン・オースティンはこの拿捕に関してこう書いている。「チャールズは私掠船拿捕の分け前として30ポンドを受け取り、さらに10ポンドもらえることになっていた。しかしその賞金を姉妹たちへのプレゼントに使ったとしたら、一体その賞金は何だったのだろう?チャールズは私たちにそのお金で、金のチェーンやトパーズの十字型飾りを買ってくれたのである。さぞかしあれこれ言われたことだろう」。
  3. ^ 本来は艦長と海尉の間に創設された地位、当初はマスター・アンド・コマンダーと呼ばれたが、1794年にコマンダーという名称になった[8]

出典[編集]

  1. ^ Butler, Marilyn (September 2004; online edition, January 2010). “Austen, Jane (1775?1817)”. Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/904. 2010年1月20日閲覧。
  2. ^ Stanford - WH Auden Ghosts
  3. ^ Burke. A Genealogical and Heraldic History. pp. 44. 
  4. ^ a b c d e f g h i j k The Gentleman's Magazine. pp. 438. 
  5. ^ ランダムハウス大英和辞典
  6. ^ The London Gazette: no. 15258. p. 486. 1800年5月17日。
  7. ^ Hill (1902), p.48.
  8. ^ 小林幸雄著 『図説 イングランド海軍の歴史』原書房、73-74頁。
  9. ^ a b RN Officer's Service Records?Image details?Austen, Charles John, Captain”. DocumentsOnline. The National Archives. 2008年11月6日閲覧。
  10. ^ The London Gazette: no. 19931. p. 3015. 1840年12月18日。
  11. ^ a b RN Officer's Service Records?Image details?Austen, Charles John, Rear Admiral”. DocumentsOnline. The National Archives. 2008年11月6日閲覧。
  12. ^ The Peerage .Com

参考文献[編集]

  • The Gentleman's Magazine. F. Jefferies. (1853). 
  • Burke, John (1836). A Genealogical and Heraldic History of the Commoners of Great Britain and Ireland Enjoying Territorial Possessions Or High Official Rank: But Uninvested with Heritable Honours. Colburn. 
  • Hill, Constance (1902) Jane Austen: her homes & her friends. (John Lane)

外部リンク[編集]

軍職
先代:
フランシス・コリエ
東インド・中国艦隊司令官
1850年 - 1852年
次代:
フリートウッド・ペリュー