エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルシングル
初出アルバム『ユナイテッド
B面 ギヴ・ア・リトル・ラヴ
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル タムラ / モータウン
作詞・作曲 ニコラス・アシュフォード、ヴァレリー・シンプソン
プロデュース ハーヴィー・フークワ、ジョニー・ブリストル
チャート最高順位
  • 19位(アメリカ[1]
マーヴィン・ゲイ&タミー・テレル シングル 年表
エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
(1967年)
ユア・プレシャス・ラヴ
(1967年)
テンプレートを表示

エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」(Ain't No Mountain High Enough)は、アメリカ合衆国歌手マーヴィン・ゲイタミー・テレル1967年に発表した楽曲。作詞・作曲は、後に夫婦デュオアシュフォード&シンプソン英語版として活動するニコラス・アシュフォードとヴァレリー・シンプソンによる。

オリジナル・ヴァージョン[編集]

ハーヴィー・フークワとジョニー・ブリストル(ゲイとテレルのアルバムのプロデューサー・チーム)からの依頼により提供された楽曲で、当時ダスティ・スプリングフィールドもこの曲の録音を希望していたが、アシュフォードとシンプソンは「モータウンへの入り口となるべき曲」と考えて、スプリングフィールドからの依頼を断った[2]。レコーディングに参加したユリエル・ジョーンズ(ファンク・ブラザーズ英語版のドラマー)によれば、リズム・セクション、ホーン・セクション、テレルの歌、ゲイの歌はいずれも別々に録音され、「ラジオのスイッチを入れてこの曲が流れるまで、完成された曲を聴いたことがなかった」と語っている[3]

アメリカのBillboard Hot 100では19位、『ビルボード』のR&Bシングル・チャートでは3位に達した[1]。ゲイとテレルのヴァージョンは、『グッドナイト・ムーン』(1998年)[4]、『タイタンズを忘れない』(2000年)[5]、『ブエノスアイレス恋愛事情』(2011年)[6]、『恋するパリのランデヴー』(2012年)[7]、『カットバンク』(2014年)[8]、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)[9]といった映画のサウンドトラックで使用された。

カヴァー[編集]

エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
ダイアナ・ロスシングル
初出アルバム『エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
B面 明日まで待てない
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル R&Bソウル
時間
レーベル モータウン
作詞・作曲 ニコラス・アシュフォード、ヴァレリー・シンプソン
プロデュース ニコラス・アシュフォード、ヴァレリー・シンプソン
チャート最高順位
  • 1位(アメリカ[10]
  • 6位(イギリス[11]
ダイアナ・ロス シングル 年表
リーチ・アウト・アンド・タッチ
(1970年)
エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ
(1970年)
リメンバー・ミー
(1970年)
テンプレートを表示

ダイアナ・ロスによるカヴァー[編集]

ダイアナ・ロスが在籍していたシュープリームスは、テンプテーションズとのコラボレーション・アルバム『ダイアナ・ロス&シュープリームスとテンプテーションズ』(1968年)において、この曲をカヴァーした[12]。そして、ロスは初のソロ・アルバム『エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ』(1970年/原題:Diana Ross)で再び本作のカヴァーを発表しており、同年シングル・カットされた。ロスのヴァージョンでは、作者のアシュフォードとシンプソンがプロデューサーも兼任しており[13]、モータウンの社長ベリー・ゴーディは両名のアレンジを気に入らず、シングル曲の候補に考えていなかったという[2]

ロスのソロ・ヴァージョンは、Billboard Hot 100と『ビルボード』のR&Bシングル・チャートの両方で1位を獲得し、『ビルボード』のアダルト・コンテンポラリー・チャートでは6位を記録した[10]。第13回グラミー賞では最優秀女性コンテンポラリー・ボーカル・パフォーマンス賞にノミネートされた[14]

2005年のアニメ映画『チキン・リトル』のサウンドトラックでは、ロスのヴァージョンが使用された[15]

その他の主なカヴァー[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Marvin Gaye - Awards”. AllMusic. 2016年6月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月19日閲覧。
  2. ^ a b Kot, Greg (2011年11月21日). “Valerie Simpson on Nick Ashford 'I'm not used to him not being here yet'”. PopMatters.com. 2017年7月19日閲覧。
  3. ^ Ain't No Mountain High Enough by Diana Ross”. Songfacts. 2017年7月19日閲覧。
  4. ^ Stepmom (1998) - Soundtracks - IMDb
  5. ^ Remember the Titans (2000) - Soundtracks - IMDb
  6. ^ Medianeras (2011) - Soundtracks - IMDb
  7. ^ Un bonheur n'arrive jamais seul (2012) - Soundtracks - IMDb
  8. ^ Cut Bank (2014) - Soundtracks - IMDb
  9. ^ Guardians of the Galaxy (2014) - Soundtracks - IMDb
  10. ^ a b Diana Ross - Awards”. AllMusic. 2015年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月19日閲覧。
  11. ^ diana-ross | full Official Chart History | Official Charts Company
  12. ^ Hamilton, Andrew. “Diana Ross & the Supremes Join the Temptations - Diana Ross & the Supremes, The Temptations”. AllMusic. 2017年7月19日閲覧。
  13. ^ Diana Ross - Ain't No Mountain High Enough / Can't It Wait Until Tomorrow (Vinyl) at Discogs
  14. ^ Diana Ross”. GRAMMY.com. The Recording Academy. 2017年7月19日閲覧。
  15. ^ Chicken Little (2005) - Soundtracks - IMDb
  16. ^ The Promise of a Future - Hugh Masekela | AllMusic
  17. ^ Van McCoy & The Soul City Symphony - Love Is The Answer (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  18. ^ Boys Town Gang - Cruisin' The Streets (Vinyl, LP, Album) at Discogs
  19. ^ Jimmy Barnes - Soul Deep (CD, Album) at Discogs
  20. ^ australian-charts.com - Jimmy Barnes - Ain't No Mountain High Enough
  21. ^ Sister Act 2: Back in the Habit (1993) - Soundtracks - IMDb
  22. ^ Standing in the Shadows of Motown (2002) - Soundtracks - IMDb
  23. ^ Motown - Michael McDonald | AllMusic
  24. ^ Michael McDonald”. GRAMMY.com. The Recording Academy. 2017年7月19日閲覧。
  25. ^ Jimmy Somerville - Home Again (CD, Album) at Discogs
  26. ^ Wanna Go Back - Eddie Money | AllMusic
先代:
エドウィン・スター「黒い戦争」
Billboard Hot 100 ナンバーワンシングル
(ダイアナ・ロス・ヴァージョン)

1970年9月19日 - 10月9日
次代:
ニール・ダイアモンドクラックリン・ロージー