ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
Bridget Jones: The Edge of Reason
監督 ビーバン・キドロン
脚本 ヘレン・フィールディング
アンドリュー・デイヴィス
リチャード・カーティス
アダム・ブルックス
原作 ヘレン・フィールディング
製作 ティム・ビーヴァン
ジョナサン・カヴェンディッシュ
エリック・フェルナー
製作総指揮 ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
出演者 レネー・ゼルウィガー
コリン・ファース
ヒュー・グラント
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
撮影 エイドリアン・ビドル
編集 グレッグ・ヘイデン
製作会社
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 2004年11月16日
アメリカ合衆国の旗 2004年11月19日
日本の旗 2005年3月19日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $262,520,724[1]
前作 ブリジット・ジョーンズの日記
次作 ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期
テンプレートを表示

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(Bridget Jones: The Edge of Reason)は、2004年イギリスアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画2001年公開の『ブリジット・ジョーンズの日記』の続編。原作はヘレン・フィールディング同名小説

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(DVD&VHSとKADOKAWAから発売のBlu-rayに収録)

受賞・ノミネーション[編集]

第62回ゴールデングローブ賞

脚注[編集]

  1. ^ a b Bridget Jones: The Edge of Reason (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2009年10月23日閲覧。

外部リンク[編集]