プライドと偏見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プライドと偏見
Pride & Prejudice
監督 ジョー・ライト
脚本 デボラ・モガー
原作 ジェーン・オースティン
製作 ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ポール・ウェブスター
製作総指揮 ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
出演者 キーラ・ナイトレイ
マシュー・マクファディン
音楽 ダリオ・マリアネッリ
撮影 ロマン・オーシン
編集 ポール・トシル
製作会社 スタジオカナル
ワーキング・タイトル・フィルムズ
配給 イギリスの旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 UIP
公開 イギリスの旗 2005年9月16日
日本の旗 2006年1月14日
上映時間 127分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $28,000,000
興行収入 $121,147,947[1]
テンプレートを表示

プライドと偏見』(Pride & Prejudice)は2005年イギリスの映画である。原作はこれまで何度も映像化されているジェーン・オースティンの小説『高慢と偏見』(Pride and Prejudice)。この作品は『高慢と偏見』『自負と偏見』等の訳題で親しまれてきたが、この題名が付けられたのはこの映画が初である。

主演はキーラ・ナイトレイマシュー・マクファディン、監督はジョー・ライト。キーラ・ナイトレイはこの映画で第78回アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。他に美術賞衣装デザイン賞作曲賞でも候補になった。

ストーリー[編集]

18世紀末のイギリスの田舎町。そこに暮らすベネット家の子どもは五人姉妹である。女性に相続権がないこの時代、父親が死んだら家も土地も遠縁の男子が継ぎ、娘たちは路頭に迷ってしまうと、母親はなんとか娘たちを資産家と結婚させようと躍起になっていた。

そんなある日、近所に独身の大富豪ビングリーが引っ越して来る。舞踏会の夜、美人の長女ジェーンはビングリーからダンスを申し込まれる。しかしビングリーの親友ダーシーは、ベネット家の娘たちに関心を示すどころか見下し、次女エリザベスは彼の口から侮辱の言葉を聞いてしまう。彼女はダーシーの高慢な態度に強い反感を抱き、あらぬ誤解から彼への嫌悪感を募らせていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原作との相違点[編集]

  • ダーシーが初めてプロポーズする場面は、原作ではエリザベスが滞在していたコリンズ氏の邸宅をダーシーが訪ねるが、映画では雨の降る戸外にて。

日本においてのこの映画に関する情報[編集]

裏話[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Pride and Prejudice”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]