ペネロープ・ウィルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペネロープ・ウィルトン
Penelope Wilton
ペネロープ・ウィルトン Penelope Wilton
2013年撮影
本名 Penelope Alice Wilton
生年月日 (1946-06-03) 1946年6月3日(75歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドノース・ヨークシャースカーブラ
職業 女優
活動期間 1969年 -
配偶者 ダニエル・マッセイ
(1975年 - 1984年)
イアン・ホルム
(1991年 - 2001年)
主な作品
フランス軍中尉の女
マリーゴールド・ホテルで会いましょう
マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
ダウントン・アビー
 
受賞
ローレンス・オリヴィエ賞
最優秀主演女優賞
Taken at Midnight、2015年)
その他の賞
テンプレートを表示

ペネロピ・アリス・ウィルトン(Dame Penelope Alice Wilton, DBE1946年6月3日 - )は、イギリス女優。日本ではペネロープと発音されるが実際の発音はペネロピ

来歴[編集]

イングランドノース・ヨークシャースカーブラ出身。父親は実業家、母親は元女優・タップダンサーだった[1][2][3][4]。伯父や叔母、従兄弟も俳優だった[5][6]。 1965年から1968年までロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ傘下のドラマセンター・ロンドンで演劇を学び[7]、1969年に舞台で女優デビューした。

映画『フランス軍中尉の女』や、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』、『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』、テレビドラマ『ダウントン・アビー』などで知られ、『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』では高い評価を受けた。

2015年、Taken at Midnightローレンス・オリヴィエ賞最優秀主演女優賞を受賞した[8]

1975年から1984年まで俳優のダニエル・マッセイ[9]、1991年から2001年まで俳優のイアン・ホルムと結婚していた[10]

2004年にOBE、2016年にDBEを授与された[11]

2016年公開のアメリカ映画『BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』(監督:スティーヴン・スピルバーグ)では、イギリス児童文学作品を原作とした架空のファンタジー映画ではあるものの、実在の人物であるイギリス女王エリザベス2世役を演じた。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1977 ジョゼフ・アンドリュースの華麗な冒険
Joseph Andrews
ウィルソン夫人
1981 フランス軍中尉の女
The French Lieutenant's Woman
ソニア
オセロー
Othello
デズデモーナ テレビ映画
1986 時計仕掛けの校長先生
Clockwise
パット
1987 遠い夜明け
Cry Freedom
ウェンディ・ウッズ
1988 炎の反逆者
The Monocled Mutineer
レディ・アンジェラ・フォーブス テレビ映画
1992 ベルボーイ狂騒曲/ベニスで死にそ〜
Blame It on the Bellboy
パトリシア・フルフォード
1995 キャリントン
Carrington
レディ・オットリン・モレル
1998 アナザーワールド鏡の国のアリス
Alice through the Looking Glass
白の女王 テレビ映画
2001 アイリス
Iris
ジャネット・ストーン
2003 カレンダー・ガールズ
Calendar Girls
ルース
2004 ショーン・オブ・ザ・デッド
Shaun of the Dead
バーバラ
2005 マッチポイント
Match Point
エレノア・ヒューイット
プライドと偏見
Pride and Prejudice
ガーディナー夫人
2007 ヒストリーボーイズ
The History Boys
ビビー夫人
2011 マリーゴールド・ホテルで会いましょう
The Best Exotic Marigold Hotel
ジーン・エインズリー
2012 ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
The Girl
ペギー・ロバートソン テレビ映画
2013 ベル-ある伯爵令嬢の恋-
Belle
レディ・メアリー・マレー
2015 マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章
The Second Best Exotic Marigold Hotel
ジーン・エインズリー
2016 BFG: ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
The BFG
エリザベス2世
2017 ZOO
Zoo
デニーズ・オースティン
2018 ガーンジー島の読書会の秘密
The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society
アメリア・モーグリー
2019 ダウントン・アビー
Downton Abbey
イザベル・マートン
2020 サマーランド
Summerland
晩年のアリス

テレビドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 床下の小さな住人たち
The Borrowers
ホミリー・クロック ミニシリーズ
2005-2008 ドクター・フー
Doctor Who
ハリエット・ジョーンズ 4エピソード
2010-2015 ダウントン・アビー
Downton Abbey
イザベル・クローリー 52エピソード
2019- After Life/アフター・ライフ
After Life
アン 11エピソード

脚注[編集]

  1. ^ Penelope Wilton, the winner of discontent”. The Times (2011年4月30日). 2016年6月12日閲覧。
  2. ^ Andrew Billen (2000年4月26日). “Time for Penelope to soar”. Evening Standard. 2016年6月12日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Acting Alumni Win Big at Olivier Awards”. Csm.arts.ac.uk. 2016年6月12日閲覧。
  4. ^ Profile, oxforddnb.com; 14 April 2015; accessed 14 June 2016.
  5. ^ "What's On: Wicked role for Penelope means it's Women Beware Wilton; Theatre (Features)" アーカイブ 2016年5月31日 - ウェイバックマシン Coventry Evening Telegraph (England) via HighBeam Research
  6. ^ Richard Morant profile, IMDb.com; accessed 12 June 2016.
  7. ^ Drama Centre: watch this face アーカイブ 2014年3月2日 - ウェイバックマシン, blogs.arts.ac.uk, 22 March 2009; accessed 14 June 2016.
  8. ^ “2015年オリヴィエ賞、『ダウントン・アビー』ペネロープ・ウィルトンが最優秀主演女優賞に輝く”. 海外ドラマNAVI. (2015年4月15日). http://dramanavi.net/news/2015/04/2015-3.php 2016年6月25日閲覧。 
  9. ^ Kellaway, Kate (2001年9月30日). “A study in emotion”. The Observer. http://www.guardian.co.uk/theobserver/2001/sep/30/features.review27 2015年8月25日閲覧。 
  10. ^ Olga Craig (2008年11月15日). “Penelope Wilton: an actress who epitomises all things quintessentially English”. Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/3465247/Penelope-Wilton-an-actress-who-epitomises-all-things-quintessentially-English.html 2012年11月21日閲覧。 
  11. ^ "No. 61608". The London Gazette (Supplement) (英語). 11 June 2016. p. B8.

外部リンク[編集]