エリック・カルメン (1975年のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エリック・カルメン
エリック・カルメンスタジオ・アルバム
リリース
録音 1975年
ジャンル ロック
時間
レーベル ライノ/アリスタ
プロデュース ジミー・レナー
エリック・カルメン アルバム 年表
エリック・カルメン
(1975)
雄々しき翼
(1977)
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
Allmusic3/5stars [1]

エリック・カルメン』 (Eric Carmen) は、アメリカのロックミュージシャン、シンガーソングライターであるエリック・カルメンのデビューアルバム。アルバム邦題は『サンライズ』。

概要[編集]

彼は自身の名を冠したアルバムを2枚リリースしており、もう一方は1984年に発表されている。1975年にBillboard 200で最高21位を記録し、同年に2位となったシングル「オール・バイ・マイセルフ」も生み出している。この曲は、キャッシュボックスやレコードワールドのチャートでは1位となった。アルバムからは他にも「恋にノータッチ」(11位)と「サンライズ」(34位)がリリースされており、共に1976年にトップ40入りしたヒットとなった。

バリー・マンシンシア・ワイルジェリー・リーバーとマイク・ストーラーによって書かれたドリフターズの曲「オン・ブロードウェイ」を除いて、エリック・カルメンが全曲を作曲している。また、1977年にショーン・キャシディが歌って3位のヒットとなる「すてきなロックン・ロール」のカルメンによるオリジナルも収録されている。

このアルバムは、1970年代初頭に数曲のトップ40ヒットを発表したパワーポップグループ、ラズベリーズを脱退したカルメンが、最初に発表したソロ作品である。

収録曲[編集]

セルゲイ・ラフマニノフの「交響曲第2番」のメロディーを一部借用した「恋にノータッチ」や、同じくラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」を使った「オール・バイ・マイセルフ」、そしてドリフターズのカバーである「オン・ブロードウェイ」を除いてエリック・カルメンが全曲作詞・作曲を行っている。

  1. サンライズ - Sunrise (5:21)
  2. すてきなロックン・ロール - That's Rock and Roll (3:10)
  3. 恋にノータッチ - Never Gonna Fall in Love Again (3:45)
  4. オール・バイ・マイセルフ - All by Myself (7:13)
  5. 悲しきラスト・ナイト - Last Night (2:57)
  6. 愛しのマイ・ガール - My Girl (3:02)
  7. 野望 - Great Expectations (3:03)
  8. エヴリシング - Everything (2:01)
  9. ノー・ハード・フィーリング - No Hard Feelings (5:40)
  10. オン・ブロードウェイ - On Broadway (3:26)

シングル[編集]

US Billboard US Cash Box US Record World US AC CAN CAN AC UK シングル
1975 2 1 1 6 3 1 12 オール・バイ・マイセルフ
1976 11 9 9 1 1 1 -- 恋にノータッチ
1976 34 38 28 33 36 29 -- サンライズ

年間チャート[編集]

アメリカ (1976) 順位
オール・バイ・マイセルフ[2] 40
恋にノータッチ 107
サンライズ 146
カナダ (1976) 順位
オール・バイ・マイセルフ 48
恋にノータッチ 26
サンライズ --

出典[編集]