大宮エリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大宮 エリー(おおみや えりー、本名:大宮恵里子[1]1975年11月21日[2] - )は、日本の画家、脚本家CMディレクター映画監督作家エッセイストコピーライター演出家ラジオパーソナリティ

大阪府出身。血液型A型東京大学薬学部卒業[2]。株式会社電通を経て独立し[3]、2021年現在は大宮エリー事務所所属。2021年8月からはマセキ芸能社と業務提携を開始した[4]

経歴[編集]

元々植物が好きで、将来は砂漠でも育つ植物の研究などをしたかったという[5]。また病気の父を治したいという思いで理系学部を受けたいと思うようになった[6]

理系科目が苦手だったため、学校の先生から「お前は理系の大学に受からない」と言われたが、その言葉に疑問を感じ、「数学0点でも受かるところはないですか?」と質問し、「一つだけある。東大だ」の言葉を受け、桐蔭学園卒業後に浪人し東京大学に合格[7]薬学部に進学[6]

卒業前に、薬剤師国家試験を受けるように言われたが、「向いてない」と考え、ちょうど受験日がリオのカーニバル当日だったことから「皆がカリカリ勉強しているのに、自分だけが地球の裏側で踊っていたら面白い」と思い、ブラジルに行っていた。そのため、現在も薬剤師資格を持っていない[8]。薬学は「向いていない」と感じ転向[6]。その後就職活動に際しては、商社、自動車メーカー、ガス会社と数々受けて落ちたが[6]博報堂にOB訪問したのをきっかけに「言葉に関わる仕事ができる」広告代理店の仕事に魅力を覚え[9]、株式会社電通に入社。

2006年に独立し、個人事務所である大宮エリー事務所を立ち上げる。同年、初監督作品であるショートムービー『海でのはなし。』がヒットした[10]

2010年6月29日に、はんにゃのピンチヒッターとして初の『大宮エリーのオールナイトニッポン』が放送。2010年9月16日に、ナインティナインのピンチヒッターとして二回目の放送。2回の単発放送を経てレギュラー化され、2011年1月3日から12月26日まで月曜の枠を担当した。

2012年2月3日から2月27日まで、渋谷PARCOミュージアムにて初めての個展「大宮エリー「思いを伝えるということ」展 造形と言葉のインスタレーション」が開催された。

2021年8月16日、マセキ芸能社との業務提携を発表した[4]

生い立ち・人物[編集]

大阪府に生まれ、小学生の時に東京に引っ越した[11]

3歳からヴァイオリンを習っており、ライブで弾くことがある[12]

小学4年生のときにいじめられた経験を持つが、このときに「人を笑わせるといじめられない」ことを覚え、その後自然といじめもなくなった[13]

スキューバダイビングのインストラクター資格を持っている[9]

初監督作品『海でのはなし。』は、スピッツのプロモーションビデオとして製作されたものだったが、リトルモア社長・孫家邦の後押しで劇場公開に至り、上映を果たした[14]

大宮作品の多くに板尾創路が出演するが、これは「橋田壽賀子泉ピン子のようにコンビで作品を出し続けよう」という両者の約束によるもの[15]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビCM[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

  • 『生きるコント』(2008年3月、文藝春秋) - エッセイ、(イラストレーション:カンバラクニエ)
    • 『生きるコント』(2010年4月、文春文庫) - - 上記の文庫版
  • 『エリーの部屋 うさぎ編』(2009年5月、幻冬舎) - 対談本
  • 『ねこがたり』(2009年6月、ぶんか社) - 翻訳本
  • 『エリーの部屋 かめ編』(2009年7月、幻冬舎) - 対談本
  • 『生きるコント2』(2009年8月、文藝春秋) - エッセイ
    • 『生きるコント2』(2012年3月、文春文庫) - - 上記の文庫版
  • 『劇的クリエイティブ講座』(2009年9月、イースト・プレス) - 講演録
  • 『グミとさちこさん』(2010年10月、講談社) - 絵本
  • 『彼女が会社を辞めた理由 夢を叶えた「元会社員」13人の物語』(2011年5月、阪急コミュニケーションズ) - インタビュー
  • 『なんとか生きてますッ』(2014年10月、毎日新聞社)
  • 『なんとか生きてますッ2』(2015年12月、毎日新聞社)

作詞[編集]

  • 楽園GANGA ZUMBA(2006年8月2日、「アサヒ旬果絞り」CMソング、作曲:宮沢和史
  • 「スキ☆メロ」小倉優子(2008年6月25日、「CRぱちんこアバンギャルド」収録曲、作曲:富貴晴美
  • 「HOME TOWN(北海道・宮城・東京・名古屋・大阪・福岡篇)」ザ!!トラベラーズ(2009年9月10日、「ザ!!トラベラーズ」主題歌、作詞(共作):塩野智章、作曲:吉川奏、編曲:坂本秀一)
  • 「君とボクと」板尾創路南こうせつ(2010年3月10日、YTV系「連続ドラマ小説 木下部長とボク」主題歌、作曲:南こうせつ)
  • 「世直しjourney」ザ!!トラベラーズplus(2010年7月14日、「びっくりぱちんこ 爽快 水戸黄門2」パチンコタイアップ)
  • 「Atashi」土屋アンナ(2010年7月21日、作詞(共作):ANNA、作曲・編曲:Yusuke Itagaki)
  • 「HEY YOU」土屋アンナ(「Atashi」カップリング曲、作曲:赤松隆一郎、編曲:和田耕平)
  • 「魔法をかけたのは君」MISIA((2014年4月2日)「NEW MORNING」収録曲、作曲:Jun Sasaki、編曲:GEN ITTETSU、Jun Sasaki)
  • 「One day,One life」MISIA((2014年4月2日)「NEW MORNING」収録曲、作曲:Jun Sasaki、編曲:GEN ITTETSU、Jun Sasaki)

DVD[編集]

  • 「海でのはなし。」(2007年5月、ポニーキャニオン)
  • 「1min.ドラマ エル・ポポラッチがゆく!!」(2007年5月、エイベックス・マーケティング)
  • おじいさん先生 熱闘篇 DVD-BOX」(2007年12月、VAP,INC)
  • 「GOD DOCTOR」(2009年2月、TCエンタテインメント)
  • the 波乗りレストラン」(2009年2月、アミューズソフトエンタテインメント)
  • Room Of King DVD-BOX」(2009年7月、Aniplex Inc.)
  • 「3つの小さな見る絵本 亀の恩返し」(2010年2月、video maker)
  • 「斉藤“弾き語り”和義ライブツアー2009 - 2010十二月in大阪城ホール〜月が昇れば弾き語る〜」LIVE DVD(ビクターエンタテインメント)
  • 木下部長とボク DVD-BOX」(2010年7月、よしもとアール・アンド・シー)
  • 「SINGER5」(2011年4月、ビクターエンタテインメント)

主な開催イベント[編集]

  • スナックエリー(毎週水曜22時 - 、ustream放送)
  • イベントエリー「生きるコント寄席」(2011年1月29日、お江戸両国亭)
  • 新春!スナックエリー!公開大新年会2012(2012年1月6日、阿佐ヶ谷ロフトA ゲスト:U-zhaan(タブラ奏者)、藤枝暁(ギタリスト)
  • 大宮エリー「思いを伝えるということ」展 造形と言葉のインスタレーション(2012年2月3日 - 2月27日、渋谷PARCOミュージアム)

主な出演番組・その他[編集]

テレビ[編集]

  • 情報プレゼンター とくダネ!(2008年10月3日/11月28日、フジテレビ)コメンテーター(不定期出演)
  • 日立 世界・ふしぎ発見!(2009年2月21日 - 、TBSテレビ)解答者(不定期出演)
  • ソロモン流(2010年3月7日、テレビ東京)大宮エリー完全密着
  • ビジネス新伝説 ルソンの壺(NHK関西)不定期出演
  • カシャっと一句!フォト575(NHK BSプレミアム)不定期出演
  • アーティスト(2013年4月17日 - 、TBSテレビ)司会
  • タモリ倶楽部(テレビ朝日)不定期出演、酒を飲む企画に呼ばれることが多い
  • 真相報道 バンキシャ!(日本テレビ)コメンテーター(不定期出演)
  • 趣味どきっ! 国宝に会いに行く(2015年3月 - 5月(第1回〜第4回・第9回)、NHK Eテレ) - 旅人
  • 開運!なんでも鑑定団(2016年11月8日 - テレビ東京)ゲスト出演
  • ちちんぷいぷい(毎日放送)コメンテーター(不定期出演)

ラジオ[編集]

  • 「PAO〜N」(2010年9月〜2011年3月、毎月第2木曜日、KBC九州朝日放送)情報ソムリエ
  • 「STYLE CAFÉ session with JT」(2007年10月 - 2008年3月、TokyoFM)パーソナリティ
  • 大宮エリーのオールナイトニッポン」(2010年6月19日+9月16日、2011年1月3日-12月26日)月曜レギュラー
  • 「ロッテの時報」(ニッポン放送のラジオ時報CM 平日の24:59:45-)
  • TOYOTA FRIDAY DRIVE WITH ELLIE」(2012年10月5日〜2014年9月26日、J-WAVE)ナビゲーター
  • THE HANGOUT」(2014年10月1日〜2016年9月30日、J-WAVE)ナビゲーター

舞台[編集]

連載[編集]

  • 「生きるコント」(2006年8月 - 2009年8月、『週刊文春』文藝春秋)
  • 「わたしのもらいもの」(2006年12月 - 、『パピルス』幻冬舎)
  • 「エリー’sカフェ」(2009年2月 - 、『SWAK』マトイパブリッシング)
  • 「わたしをおしゃれにしてくださいッ」(2009年7月-2011年3月、『GINZA』マガジンハウス)
  • 「お取り寄せガール」(2010年4月 - 2011年6月、『EFiL』扶桑社)
  • 「大宮エリーの働く、ステキ女子発見!」(2011年1月 - 、『Oggi』小学館)
  • 「大宮エリーのなんでコレ買った?!」(2016年10月 - 、『日経MJ』日本経済新聞社)

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 大宮エリー [@tsubu_ellie] (2012年4月4日). "ちなみに本名は大宮恵里子です。エリちゃん、と言われていたので大宮エリーになりました。" (ツイート). Twitterより2021年9月25日閲覧
  2. ^ a b 大宮エリー”. TOWER RECORDS ONLINE. 2021年9月25日閲覧。
  3. ^ 楽しいと思えることを探せばいいじゃん!”. ダイエット・エステ・美容のオリコンランキング. oricon ME (2009年8月18日). 2021年9月25日閲覧。
  4. ^ a b マセキ芸能社公式 [@maseki_official] (2021年8月16日). "【業務提携について】 この度、大宮エリーさんと業務提携を結びました。テレビ・ラジオ等、お仕事のお問い合せはマセキ芸能社までお願いいたします。" (ツイート). Twitterより2021年9月25日閲覧
  5. ^ みんなのミシマガジン「第136回 いつでも丸裸、全力で傷だらけ(大宮エリーさん編)」”. ミシマ社 (2015年2月10日). 2015年3月21日閲覧。
  6. ^ a b c d 仕事とは? - 演出家・脚本家・作家・CMプランナー 大宮エリー”. リクナビ (2012年6月20日). 2020年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月21日閲覧。
  7. ^ 大宮エリー「東大受験」『生きるコント』文藝春秋〈文春文庫〉、2010年4月9日、[要ページ番号]ISBN 978-4167773663
  8. ^ 週刊朝日 2013年6月21日 102-106ページ『マリコのゲストコレクション(670)』
  9. ^ a b ぎゃらく(放送批評懇談会 編)2010年2月号 pp. 3-5 「THE PERSON 大宮エリー」
  10. ^ 大宮エリーのオールナイトニッポン”. ニッポン放送. 2021年9月25日閲覧。
  11. ^ 藤谷浩二 (2008年5月8日). “大宮エリー 舞台手がける コメディー創作・演出”. 朝日新聞 (朝日新聞社). https://www.asahi.com/culture/stage/theater/TKY200805080056.html 2021年9月25日閲覧。 
  12. ^ 【エンタがビタミン♪】<インタビュー>大宮エリー、“天然すぎるキャラ”と“ピュアな心”の金太郎飴。「恋愛には不器用」「自分を癒すトレーニング中」”. Techinsight (2014年12月5日). 2021年9月25日閲覧。
  13. ^ 玄光社 CM NOW 2005年 114号「CM業界の人になりたい!!シリーズ第7回大宮恵理子編」より
  14. ^ 海でのはなし 宮崎あおい 西嶋秀俊主演 元はスピッツのプロモ 監督は大宮エリー”. ストレスシネマ (2013年1月7日). 2015年3月21日閲覧。
  15. ^ 大宮エリー "出会い"をつなげるコミュニケーション術/<視線の先>インタビュー”. トレンドニュース (2014年12月5日). 2015年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]