栗原務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

栗原 務(くりはら つとむ)は東京都出身のギタリスト

略歴[編集]

1984年に、ワーナーパイオニアからロックバンドEUROXでデビュー。 デビュー曲は、サントリートロピカルドリンクのCM曲になった「Cold Line」。 ちなみに「Cold Line」は、weaより12インチシングルとしてイタリアでもリリースされた。 また、この年にはEUROXは、ミキハウスやバイオミンXなどのCMソングや テレビアニメ機甲界ガリアンのテーマソングなども手がけている。 1987年にワーナーパイオニアより、ファーストアルバム「MEGATREND」をリリース。 1988年~1997年はバンド活動以外にスタジオミュージシャンとして様々なアーチストのレコーディングに参加している。 1998年、Electric Guitar Quartet(エレクトリック・ギター・カルテット)を結成しクラウン・レコードより 1stアルバム「エレクトリック・ギター・カルテ ット」をリリース。 2000年に クラウン・レコードより2ndアルバム「エレクトリック・ギター・カルテット II」リリースし、 ギターサウンドを極限まで追求した音楽性が話題を呼ぶ。 2000年、キーボディストであり作曲家の梅垣ルナとインストルメンタル・グループ、"Lu7"を結成し、mp3.comを中心に活動を始める。2002年に、Lu7の1stアルバム「efflorescence」をmp3.comよりリリース。 2005年、Lu7の2ndアルバム「L'esprit de l'exil」をフランスのmuseaレコード(国内ではインターミュージック)よりリリース。 2010年、Lu7の3rdアルバム「Bonito」をベガ・ミュージックエンタテインメント株式会社よりリリース。 また、2008年には活動を停止していたEUROXの活動再開を発表し、 2009年3月25日にEUROXのDVD付ミニアルバム 「Dig From The Past」を ヤマハA&Rよりリリース。 2009年6月24日発売のOVA、「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話~主題歌集」のテーマソングをEUROXが担当している。

ディスコグラフィ[編集]

  • 「Cold Line」(EUROX)ワーナーパイオニア
  • 「ガリアンワールド」(EUROX)ワーナーパイオニア
  • 「メガトレンド」(EUROX)ワーナーパイオニア
  • 「エレクトリック・ギター・カルテット」(EGQ)日本クラウン
  • 「エレクトリック・ギター・カルテットII」(EGQ)日本クラウン
  • 「efflorescence」(Lu7)mp3.com
  • 「L'esprit de l'exil」(Lu7)musea、インターミュージック
  • 「efflorescence(リマスター)」(Lu7)musea、インターミュージック
  • 「Bonito」(Lu7)VME
  • 「Dig From The Past」DVD付(EUROX)ヤマハA&R
  • 「聖闘士星矢 THE LOST CANVAS 冥王神話〜主題歌集」(EUROX)東京ムービーレコード

その他のレコーディング参加作品[編集]

  • 「不思議」中森明菜
  • 「Wonder」中森明菜
  • 「Tatoo」中森明菜
  • 「I Missed The Shock」中森明菜
  • 「Mellow Prism」class
  • 「ベラ・ドンナ」米倉利紀
  • 「リベルタ」米倉利紀
  • 「With All My Heart」小野正利
  • 「世界中があなただったら」篠原利佳
  • 「Virgin Eyes」田中美奈子
  • 「イン・サーチ・オブ・ザ・ソウル・トゥリーズ」ASTURIAS
  • 顔でかーい[1]funta
  • 「PRESSURE」MOMOKO
  • 「常夏姫」きどりっこ
  • その他[2]

CM参加作品[編集]

  • 「サントリートロピカルドリンク」
  • 「ミキハウス」
  • 「サントリーバイオミンX」
  • 「ダイハツミラ」
  • 「ケスラー」

ゲーム関連参加作品[編集]

  • 「ウェーブラリー」(PS2)
  • 「ドリホー」(XBOX)

サウンドトラックCD参加作品[編集]

注釈[編集]

  1. ^ テレビアニメドクタースランプオープニング主題歌 )
  2. ^ 作品のタイトルは不明だが、仙道あきほ田村英里子刀根まりこ星野由紀メトロファルス、G-Stringsといったアーチストのレコーディングに参加しているようである。

参考文献・出典[編集]

  • CRYSTA(所属事務所)ウェブサイト
  • ギターマガジン 2005年5月号インタビュー記事

外部リンク[編集]