パーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パーパー
PARPAR
Parper 2017-06-18.jpg
左から、あいなぷぅ、三人合わせて星野です(2017年6月)
メンバー 三人合わせて星野です
あいなぷぅ
結成年 2014年
事務所 マセキ芸能社
活動時期 2014年 -
出身 マセキタレントゼミナール
出会い 星野からの勧誘
旧コンビ名 ほしのしみず(星野)
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 三人合わせて星野です
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
お笑いハーベスト大賞2017 優勝
2017年キングオブコント9位
テンプレートを表示

パーパーは、日本の男女お笑いコンビ。所属事務所はマセキ芸能社霜降り明星ハナコらと同じお笑い第七世代

メンバー[編集]

略歴[編集]

コンビ「ほしのしみず」が、相方の引退により解散した星野が、マセキタレントゼミナールで学ぶ芸人の卵の中から新たな相方を捜していた所、「男女コンビもいいかも」と思って「気合が入っている子だな」と思ったあいなぷぅを見つけ、星野が「ネタを書くから」と誘って2014年に結成[9][16][6]。翌年2015年にマセキ芸能社のオーディションに合格し、同社所属となる[16]。コンビ名は名古屋弁で窓を開けっ放しにすることを「窓をパーパーにする」と呼ぶ響きを可愛いと思っていたことからあいなぷぅが付けた。

2016年 キングオブコント 準決勝進出[17]

2017年 「あなたが選ぶ!お笑いハーベスト大賞2017」で優勝[10]、キングオブコント決勝進出。

2018年3月2日3月4日の3日間にわたり、初単独ライブ「ほいほいはひふへほ」(東京・中野 劇場MOMO)を行った[18](この模様は2018年4月6日・4月13日の2週にわたってテレ朝チャンネルで放送)。

芸風[編集]

主にコント。あいなぷぅがダメな彼女、星野がそれに振り回されるカップルコントで[9]、あいなぷぅが理不尽なことや無理難題を押し付ける様な、はっきりものを言うキャラで、星野は台詞や動きが「キモい」と言われ、あいなぷぅの言動にぼやいたり釈明したりするキャラを演じることが多い[16]。二人とも、ネタと地の自分とは「いつも通りだし、普段と同じ」とのこと[16]。コントでは本名を用いず、「えりちゃん」「ケンジくん」などの役名を使うことが多い。星野は最初「バカリズムさんのような世界観で笑わせたかった」と話しているが、自分をあいなぷぅに振り回される役にするというネタの傾向にしたら、客の反応が見違えるように良くなったということで、今は自分が笑われるネタばかりになったという[6]

ネタ作りは星野が担当。休日を利用し、長時間かけて作り、何度も練り直しているためにネタが仕上がるのはいつも出演当日の1 - 2時間前頃ということで[16]、あいなぷぅとの打ち合わせもその時にやっている。あいなぷぅは当日までどのネタをやるかは知らされていないという[7]。また、あいなぷぅは「ネタは舞台を降りた時に忘れてしまう」と言う[16]

ネタ合わせはカラオケボックスでやっている。公園でやっていると、周りから「カップルが喧嘩してる」ように見られるからだという[19]。小道具も無く、稽古もあまりしないので、お笑いにかかる費用が少ないという[20]

1か月以内に入れるライブの本数は10本~15本が限界とのことで、「1つ1つ本気で取り組むにはこれが限界」とのこと[10]。また他に、アルバイトを優先させるためという理由もある[6]

星野は「相方のプライベートは全く知らない」と話している[20]。また、あいなぷぅが星野に対して返事をしないなど、コンビ仲が悪いことでも知られている[6]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

Web[編集]

DVD[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」参照
  2. ^ 『AまたはC!?』の模様”. お笑いライブプロデュース『U&Cエンタプライズ』の次もまた見に行きたくなるブログ (2016年5月27日). 2017年4月25日閲覧。
  3. ^ パーパー 三人合わせて星野ですtwitter 自己紹介(2016年12月10日閲覧)
  4. ^ a b スッキリ!! 2017年8月16日放送回”. gooテレビ (2017年8月16日). 2017年8月28日閲覧。
  5. ^ ウエストランド井口の2017年10月6日のツイート2017年10月7日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g 日経エンタテインメント! 2019年1月号 p.157「バラエティびとNEO」
  7. ^ a b c d 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(141)】ちょっと風変わりな男女コンビ、パーパー(2/2)”. サンケイスポーツ (2016年11月24日). 2016年12月10日閲覧。
  8. ^ a b 役者・芸人「貧乏物語」 「男女コンビ「パーパー」 不仲な2人のビミョーな生活格差」(1/4)”. 日刊ゲンダイ (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(141)】ちょっと風変わりな男女コンビ、パーパー(1/2)”. サンケイスポーツ (2016年11月24日). 2016年12月10日閲覧。
  10. ^ a b c 結成4年目のパーパーが優勝 お笑いハーベスト大賞”. 日刊スポーツ (2017年7月1日). 2017年7月2日閲覧。
  11. ^ パーパー・ほしのディスコ「三人合わせて星野です」に改名 大好きなPerfumeのっちが命名”. オリコン (2018年8月15日). 2018年8月15日閲覧。
  12. ^ パーパーほしのディスコが改名、名付け親は憧れのPerfumeのっち”. お笑いナタリー (2018年8月15日). 2018年8月16日閲覧。
  13. ^ SHOW COM! 2019.5 Vol.29「特集『新元号記念!改名の理由はなんですか!?』」
  14. ^ マセキ芸能社「マセキライブ」公式facebook 2016年2月17日(2017年8月7日閲覧)
  15. ^ あいなぷぅの2018年1月10日のツイート2018年1月10日閲覧。
  16. ^ a b c d e f 東京新聞 2016年12月7日 14面「笑う神拾う神」
  17. ^ 【キングオブコント2016】準決勝進出者発表!”. キングオブコント2016 (2016年8月17日). 2016年12月10日閲覧。
  18. ^ パーパー初単独ライブ「ほいほいはひふへほ」”. マセキ芸能社 (2018年1月7日). 2018年3月13日閲覧。
  19. ^ 役者・芸人「貧乏物語」 「男女コンビ「パーパー」 不仲な2人のビミョーな生活格差」(2/4)”. 日刊ゲンダイ (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  20. ^ a b 役者・芸人「貧乏物語」 「男女コンビ「パーパー」 不仲な2人のビミョーな生活格差」(3/4)”. 日刊ゲンダイ (2018年2月26日). 2018年2月26日閲覧。
  21. ^ PON! 2015年12月25日放送回”. gooテレビ (2015年12月25日). 2016年12月10日閲覧。
  22. ^ パーパー初単独ライブがCSテレ朝で、あいなぷぅ休日密着ロケも”. お笑いナタリー (2018年4月3日). 2018年4月7日閲覧。
  23. ^ TBS. “オールスター後夜祭” (日本語). TBSテレビ. 2018年10月7日閲覧。
  24. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。
  25. ^ 2016年11月”. マイナビ Laughter Night. TBSラジオ. 2016年12月10日閲覧。
  26. ^ パーパーがやってきた!!!!!”. 川谷絵音の約30分我慢してくれませんか. JFN PARK. 2017年12月2日閲覧。

外部リンク[編集]