甘党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甘党(あまとう)とは、(主に日本酒を指す)を好む者をあらわす辛党の対義語であり、甘い菓子類を好む人のことをいう。

実際には酒と菓子をどちらも好む(菓子をつまみに酒を飲むという者もいる)者もいる一方、甘いものも酒も苦手とする者もいる。最近では、単に甘いものが好きな人のことを指す意味で使われることが多い。

種田山頭火の日記を集めた『其中日記 (八)』(1935年(昭和10年)1月1日から12月6日の日記を集めたもの)の2月20日の日記に甘党に関する文が出てくるため、最近の言葉ではないと思われる[1]

子供と甘いもの[ソースを編集]

子供は大抵甘党である(酒を飲めないので当然ではあるが)。これは、人間は本能的に分を必要とするが、特に幼児はエネルギー消費が激しく、糖分の濃いもの、カロリーの高いものを強く要求する傾向があることに由来すると言われる。また、幼い頃はまだ味覚が発達しておらず、その他の味への嗜好が育っていないことも、甘いものを好む一因ではないかとされている。一方、子供には野菜嫌いが多い。

偏見[ソースを編集]

日本では、(成人)男性が甘党であることを忌避したり、軟弱であるとする偏見が見受けられたが、「スイーツ男子」という言葉の登場からも、徐々にではあるが市民権を得てきている。一方、ヨーロッパインド中近東諸国にはこのような風潮は全く無い。中近東には、飲酒が戒律によりご法度であることから、特に甘党の男性が多く、中年の男性が砂糖をたっぷり入れたミルクティーを飲みつつ、甘い菓子を食べる姿も街角でよく見受けられる。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 青空文庫 - 種田山頭火 其中日記 (八)

関連項目[ソースを編集]