ニッキューナナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニッキューナナ
メンバー 峯シンジ
斎藤琴音
事務所 マセキ芸能社
出会い 創価大学落語研究会
旧コンビ名 +297
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 コント
ネタ作成者 峯シンジ
公式サイト マセキ芸能社 MASEKI GEINOSHA Official Site
テンプレートを表示

ニッキューナナは、マセキ芸能社所属の男女お笑いコンビ[1]

メンバー[編集]

来歴[編集]

創価大学落語研究会にて結成し、2017年4月にマセキ芸能社預かりのマセキユースに入る。2018年7月14日の『ゴッドタン』「この若手知ってんのか!? 見逃せない女芸人部門」で2位にランクイン。

芸風[編集]

主にコントで、「今の時代に真っ向から逆らうセクハラコント」と称される[2][3]。峯シンジが“あの手この手”で斎藤に身体的接触を図り、ときに峯が斎藤の胸をソフトタッチならぬ、ハードにガツガツ触ることも珍しくない。受けの立場である斎藤は「笑ってもらえれば色々と複雑な感情も消化(昇華)されますけど……ウケなかったときは私的にも『おやおや?』ってなりますよね(笑)。舞台に一人ポツンと『あの子、何やってるんだ』みたいな雰囲気になって、単なる公開処刑ですよね」と意気込みを語っている。

この芸風になったのは斎藤の演技力がなさすぎたことが起因であると述べている。下ネタを取り入れようという提案は斎藤からしたものだという[4]

出演歴[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 青春高校3年C組』通しレギュラー最終オーディション」(YouTube/LINELIVE/SHOWROOM/ニコニコ生放送)
  • 「パラビき!パラビき!あらびき団 四天王編」(Paravi)
  • 「シモネタGP2018」「スピードワゴンの月曜The NIGHT」(AbemaTV)

出典[編集]

外部リンク[編集]