シモネタGP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シモネタGP
ジャンル バラエティ番組 / お笑い番組
配信国 日本の旗 日本
企画 片岡章博
演出 五島大徳
出演者 ケンドーコバヤシ
山田菜々
シモネタGP2018
配信時間 毎週月曜22:00 - 23:00
配信期間 2018年5月14日 - 6月4日
シモネタGP2018シモ半期
配信時間 毎週月曜22:00 - 23:00
配信期間 2018年9月17日 - 12月3日
テンプレートを表示

シモネタGP(シモネタグランプリ)は、AbemaTVのAbemaSPECIAL2チャンネルで、配信されているお笑い演芸番組[1]

概要[編集]

AbemaTVが実施した「AbemaTVオープン化コンテンツプログラム」受賞企画として2018年5月14日に1か月限定番組としてスタート[2]。チーフ作家として参加する放送作家・片岡章博がオオカミ少年・片岡の協力を得て主催した2回のイベントをもとに企画。持ち込み企画として制作会社を通し応募。

地上波テレビでは軽視されがちな下ネタの可能性を肯定し、そのナンバーワンを決めることがコンセプト[3]

第一弾が好評だったことから同年9月より「シモネタGP2018シモ半期」として再びレギュラー番組として開始。予算都合から関東地区で活動する芸人限定であった出演枠も、東海、関西地区を含むものへと拡大する。最終回は20時から23時までの3時間生配信スペシャルとして行われた。

番組内容[編集]

漫才やコント、スタンダップコメディ、漫談などお笑いスタイルの垣根を、下ネタという一つのテーマで括ることによって取っ払った新たな賞レースを開催。出場芸人は優勝賞金100万を争い舞台で下ネタ芸を披露する。下ネタであれば手品、歌、ダンスでも可能。ただし審査評価は笑えるか否かであり、下品さではない。ネタ時間は特に決められていないが3分から5分程度。芸人登場時には名前(コンビの場合はグループ名)、芸歴(コンビの場合は結成年)と所属事務所が表記される。

司会進行には下ネタ芸を有するケンドーコバヤシ[4]。下ネタ歴51年の笑福亭鶴光が審査員長を務め、面白いと思った芸には審査委員がその都度投票を入れるシステム。

初代覇者はコント芸のかもめんたるサンミュージック[5]。シモ半期覇者は歌ネタのどぶろっく浅井企画[6]

出演者[編集]

進行[編集]

審査委員[編集]

配信回[編集]

出演者表示は公式表記に準ずる。

配信回 配信期日 タイトル 出場者
シモネタGP2018
1 2018年

5月14日

シモネタGP2018第1夜 あぁ〜しらき相席スタートオテンキアナログタロウAMEMIYAインポッシブルエハラマサヒロ鬼越トマホークかもめんたるガリットチュウカンフーガール、キタキーナ、クラシック・ショコラ、紺野ぶるま、THE GREATEST HITS、ジグザグジギートータルテンボスどぶろっくなすなかにし、ニッキューナナ、ニューヨークHi-Hi8.6秒バズーカーハニートラップ、ハッピー遠藤、バーニーズパニーニハブサービスバンビーノ、ふ〜みん、HEY!たくちゃん本田兄弟やさしい雨ゆんぼだんぷライスルシファー吉岡(※50音順)
2 5月21日 シモネタGP2018第2夜 同上
3 5月28日 シモネタGP2018第3夜 同上
4 6月4日 シモネタGP2018決勝 あぁ〜しらき、相席スタート、アナログタロウ、エハラマサヒロオテンキ、かもめんたる、キタキーナ、紺野ぶるま、HEY!たくちゃん(※50音順)
シモネタGP2018シモ半期
1 9月17日 2018シモ半期第1夜 インポッシブル、おとぎばなし、紺野ぶるま、JP、スーパーニュウニュウ中山功太、ニッキューナナ、日本エレキテル連合、バーニーズ、魔族(※50音順)
2 9月24日 2018シモ半期第2夜 インスタントジョンソン、上木恋愛研究所、オジンオズボーン、きしたかの、古賀シュウ、ブラットピーク、HEY!たくちゃん、本田兄妹、八幡カオルリニア(※50音順)
3 10月1日 2018シモ半期第3夜 アナログタロウ、アマレス兄弟、カンフーガール、キンカ、ザ・シーツサイクロンZツジカオルコ、なかよし、なすなかにしニブンノゴ!(※50音順)
4 10月8日 2018シモ半期前半ダイジェスト ダイジェスト総集編
5 10月15日 2018シモ半期第4夜 あまからひやし、アメリカザリガニ、キタキーナ、日本クレールバーゲンセール、ハッピー遠藤、ハブサービス、ハローケイスケ、プラスワン、やさしい雨[7](※50音順)
6 10月22日 賞レース ファイナリスト続々登場! あべこうじ、オテンキ、空気階段小森園ひろしザ・パンチすゑひろがりずタイムマシーン3号Hi-Hiペコリーノ、ルシファー吉岡(※50音順)
7 10月29日 M-1ファイナリストR-1チャンピオンが繰り出す爆笑シモネタ16連発! ダイジェスト総集編
8 11月5日 10組の芸人が己のプライドをかけ激突!今回はシモネタ異種格闘技戦! ウエストランド、THE GREATEST HITS、サスペンダーズ、ジェラードンジグザグジギーどぶろっく虹の黄昏ハニートラップ牧野ステテコや団(※50音順)
9 11月12日 【爆笑下ネタ続々!】M-1 R-1 KOCファイナリスト続々! あぁ〜しらき、赤もみじ、AMEMIYAアルコ&ピースTHE GEESEスパローズ天津木村なかやまきんに君馬鹿よ貴方はぷらんくしょん(※50音順)
10 11月19日 12月3日のファイナルステージに向け最終予選!!シモネタ王に輝くのは一体誰だ!? 鬼越トマホークキートンしずる、下町ミュンスター、とにかく明るい安村永野2丁拳銃ニューヨークネコニスズバビロン(※50音順)
11 11月26日 12月3日のファイナルステージに出場する芸人たちのネタを一挙放送!果たして勝者は!? インポッシブル。オジンオズボーン、なすなかにし、サイクロンZ、アメリカザリガニ、タイムマシーン3号、ジグザグジギー、AMEMIYA、2丁拳銃
12 12月3日 生放送でフィニッシュ!シモネタの頂点に勃った芸人は誰だ! かもめんたる。インポッシブル、オジンオズボーン、なすなかにし、サイクロンZ、アメリカザリガニ、タイムマシーン3号、ジグザグジギー、AMEMIYA、2丁拳銃、日本エレキテル連合、アナログタロウ、おとぎばなし、どぶろっく、魔族、紺野ぶるま

スタッフ[編集]

  • 演出:五島大徳
  • 企画・構成:片岡章博[8]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ 豪華芸人が封印解き放つ「シモネタGP2018」開催”. ナリナリドットコム (2018年5月8日). 2018年10月14日閲覧。
  2. ^ 「下ネタは絶対共感領域」 たった1度のチャンスを“下ネタ”で掴んだお笑い賞レース界の新たな刺客”. AbemaTIMES (2018年9月3日). 2018年10月14日閲覧。
  3. ^ 「人生を変えるかも」シモネタGP決勝にHEY!たくちゃん、かもめんたるら9組”. お笑いナタリー (2018年6月3日). 2018年10月14日閲覧。
  4. ^ “「下ネタには“芸人の美学”が凝縮されている」 『シモネタGP2018シモ半期』MCのケンコバ、下ネタの魅力語る” (日本語). AbemaTIMES. https://abematimes.com/posts/4910640 2018年10月15日閲覧。 
  5. ^ かもめんたるが初代シモネタGP王者に、鶴光やイジリーも認める「ザ・変態」”. お笑いナタリー (2018年6月5日). 2018年10月14日閲覧。
  6. ^ どぶろっくが「シモネタGPシモ半期」王者に!タイムマシーン3号との接戦制す|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE. 2018年12月6日閲覧。
  7. ^ シモネタGP2018シモ半期#5 | 無料のインターネットテレビは【AbemaTV(アベマTV)】” (日本語). AbemaTV. 2018年10月14日閲覧。
  8. ^ “コンプラの壁をぶち破った『シモネタGP2018』 番組の立役者が語る「下ネタに市民権を」” (日本語). しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!. https://sirabee.com/2018/09/17/20161790021/ 2018年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]