海でのはなし。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
海でのはなし。
監督 大宮エリー
脚本 大宮エリー
製作 小澤祐治
出演者 宮崎あおい
西島秀俊
音楽 スピッツ
撮影 松島孝助
編集 前田智子
配給 リトル・モア
公開 日本の旗 2006年12月16日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

海でのはなし。』(うみでのはなし。)は、2006年公開の日本映画主演宮崎あおい西島秀俊

スピッツの曲のイメージを元に製作されたwebムービーがYahoo!動画において期間限定で配信され、それに音楽を新たにリミックスしたものが劇場公開された。

ストーリー[編集]

楓(宮崎あおい)は、非常勤講師である博士(西島秀俊)に想いをよせていた。

ある日、楓は父親に愛人がおり自分自身も愛人の子であることを知る。困惑した楓は、博士に連絡をとり、二人で海に行く。海で博士に告白するが、楓は大切だが恋愛感情はないと断られる。

博士は家に帰ると母は見当たらず、パチンコに行っていた。また父は新しく事業をすると夢見がちなことを話していた。博士はこんな両親が嫌いだった。

研究室に戻って荒れ、眠ってしまう博士。そこに楓がやってくる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

※脚本については、大宮エリーの母校の生徒:神奈川県国府津周辺出身。その生徒が作成した脚本をもとに撮影。テレビ関係者のため、 豪華なキャスティングが可能になり、配給が決定。生徒の思い出話を主に採用し、バックグラウンドは事実と異なるが、エリートと幼馴染の普通の女性との、 深い恋愛の話を映画化した作品。生徒が相手へプレゼントしたいと考え、母校の電通所属大宮エリーに依頼し、生徒の父親の大学(神奈川大学)で撮影を実施。 河川敷は生徒の近所で、イチゴ大福など思い出のストーリーとなっている。 海外へ評論を依頼したところ、日本映画としてだけでなく、文学として非常に高い評価を受けている。 評価が高い事と、表彰できない諸事情により、全国、全世界での公開を抑制されている映画であり、 そこまで売り上げがよくないにも関わらず、いまだにDVDで購入できる、稀な待遇の作品でもある。

(以後、大宮エリーはヒューマニズム映画は一切作成しておらず、これを出世として、ラジオ等で活躍している)

  • プロデューサー - 小澤祐治

挿入歌[編集]

すべてスピッツの楽曲。劇中での使用順。

この他に楓と博士が『ロビンソン』を口ずさむ場面がある。

撮影[編集]

劇中に現れる海は、神奈川県小田原市国府津海岸である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]