ウォー (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ウォー
War
WarOriginalLineup 01.jpg
オリジナル・ラインナップ(1976年)
基本情報
別名 エリック・バードン&ウォー (1969年–1970年、1976年)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロングビーチ
ジャンル フォークロックファンクソウルジャズ・ロックラテン・ロック
活動期間 1969年 -
レーベル MGMユナイテッド・アーティスツMCA、Avenue
公式サイト war.com

ウォーWar)は、元アニマルズエリック・バードンとともに結成された、アメリカ合衆国ソウルファンク・バンドである。代表曲には「仲間よ目をさませ!(Why Can't We Be Friends?)」「ロー・ライダー」「シスコ・キッド」などがある。

略歴[ソースを編集]

「エリック・バードン&ウォー」として1970年にデビュー。各メンバーは多様な人種によって構成され、ラテン、ソウル、ファンク、R&B、スカ、ジャズ、ロック、レゲエ等を融合させた独自のハイブリッド・ファンク・ミュージックを生み出し、同年に発表した「スピル・ザ・ワイン」[1]が大ヒットとなり、一躍注目を浴びた。

1975年には、国や人種間の対立解消という普遍的なテーマを素朴かつ朗らかに訴えかけた「仲間よ目をさませ!(Why Can't We Be Friends?)」をリリースし、多人種混合バンドが放つそのポジティブな融和的メッセージは、ベトナム戦争終結直後の背景を持つアメリカ全土で多くの共感を呼び、幅広い層から根強い支持を得た。また、この曲は同年7月、当時冷戦下にあったアメリカとソ連の宇宙飛行士による合同ミッションが行われた際に、米ソ友好の象徴としてNASAが宇宙船内で流したことでも知られる。

1990年代には、その音楽性の豊かさからDJやミュージシャンにサンプリングという形式で掘り起こされたことで再び脚光を浴び、現在もなお時代を超えてさまざまな場面で親しまれている。

ディスコグラフィ[ソースを編集]

スタジオ・アルバム[ソースを編集]

  • 『宣戦布告』 - Eric Burdon Declares "War" (1970年) ※エリック・バードン&ウォー名義
  • 『エリック・バードンの黒い世界!!』 - The Black-Man's Burdon (1970年) ※エリック・バードン&ウォー名義
  • 『ウォー』 - War (1971年)
  • 『オール・デイ・ミュージック』 - All Day Music (1971年)
  • 『世界はゲットーだ!』 - The World Is a Ghetto (1972年)
  • 『デリヴァー・ザ・ワード』 - Deliver the Word (1973年)
  • 『ホワイ・キャント・ウィ・ビー・フレンズ?』 - Why Can't We Be Friends? (1975年)
  • 『ラヴ・イズ・オール・アラウンド』 - Love Is All Around (1976年) ※エリック・バードン&ウォー名義
  • 『プラチナ・ファンク』 - Platinum Jazz (1976年)
  • 『ギャラクシー』 - Galaxy (1977年)
  • 『ヤングブラッド』 - Youngblood (Original Motion Picture Soundtrack) (1978年)
  • 『ミュージック・バンド』 - The Music Band (1979年)
  • 『ミュージック・バンド2』 - The Music Band 2 (1979年)
  • 『アウトロウ』 - Outlaw (1982年)
  • The Music Band – Jazz (1983年)
  • 『ライフ』 - Life (is So Strange) (1983年)
  • Where There's Smoke (1985年)
  • 『ピース・サイン』 - Peace Sign (1994年)
  • Evolutionary (2014年) ※ディスク2は『グレイテスト・ヒッツ』の再発

ライブ・アルバム[ソースを編集]

  • 『狂熱のライブ』 - War Live (1973年)
  • 『ライヴ・インLA』 - The Music Band Live (1980年)
  • Greatest Hits Live (2008年)

コンピレーション・アルバム[ソースを編集]

  • 『グレイテスト・ヒッツ』 - Greatest Hits (1976年)
  • Platinum Jazz (1976年)
  • The Best of the Music Band (1982年)
  • The Best of War... and More (1987年)
  • 『ウォー・イズ・カミング1』 - War Is Coming! I - The Best Of War (1996年)
  • 『ウォー・イズ・カミング2』 - War Is Coming! II - The Best Of War (1996年)
  • The Best of Eric Burdon and War (1996年)
  • Anthology (1970–1994) (1996年)
  • 『グルーヴス&メッセージス〜グレイテスト・ヒッツ』 - Grooves and Messages (1999年)
  • 『ヴェリー・ベスト・オブ・ウォー』 - The Very Best of War (2003年)
  • Icon: The Hits (2010年)
  • Icon 2: The Hits & More (2011年)

シングル[ソースを編集]

  • 「スピル・ザ・ワイン」 - "Spill the Wine" (1970年) ※エリック・バードン&ウォー名義
  • 「我が音楽は死なず」 - "They Can't Take Away Our Music" (1970年) ※エリック・バードン&ウォー名義
  • 「黒くぬれ」 - "Paint It Black" (1971年) ※エリック・バードン&ウォー名義
  • 「太陽の子供達」 - "Sun Oh Sun" (1971年)
  • 「オール・デイ・ミュージック」 - "All Day Music" (1971年)
  • 「ビベカ」 - "Vibeka" (1971年)
  • 「暗闇へつっ走れ」 - "Slippin' into Darkness" (1972年)
  • 「世界はゲットーだ!」 - "The World Is a Ghetto" (1972年)
  • 「シスコ・キッド」 - "The Cisco Kid" (1972年)
  • 「ジプシー・マン」 - "Gypsy Man" (1973年)
  • 「ベイビー・ブラザー」 - "Me and Baby Brother" (1973年)
  • 「バエロ」 - "Ballero" (Live) (1974年)
  • 仲間よ目をさませ!」 - "Why Can't We Be Friends?" (1975年)
  • 「ロー・ライダー」 - "Low Rider" (1975年)
  • "Me and Baby Brother" (reissue) (1976年)
  • 「サマー」 - "Summer" (1976年)
  • 「愛の戦士」 - "The Seven Tin Soldiers" (1977年)
  • 「L.A.サンシャイン」 - "L.A. Sunshine" (1977年)
  • 「ギャラクシー」 - "Galaxy" (1978年)
  • 「ヘイ・セニョリータ」 - "Hey Señorita" (1978年)
  • "Youngblood (Livin' in the Streets)" (1978年)
  • "Sing a Happy Song" (1978年)
  • 「ミュージック・バンド2」 - "The Music Band 2 (We Are The Music Band)'" (1979年)
  • 「グッド・フィーリン」 - "Good, Good, Feelin'" (1979年)
  • "I'm the One Who Understands" (1979年)
  • "Don't Take It Away" (1979年)
  • "I'll Be Around" (1980年)
  • "Cinco De Mayo" (1981年)
  • 「ユー・ガット・ザ・パワー」 - "You Got The Power" (1982年)
  • "Outlaw" (1982年)
  • 「ジャスト・ビコーズ」 - "Just Because" (1982年)
  • "Life (Is So Strange)" (1983年)
  • "Groovin'" (1985年)
  • "Livin' in the Red" (1987年)
  • "Low Rider" (Remix by Arthur Baker) (1987年)
  • "Peace Sign" (1994年)

関連項目[ソースを編集]

脚注/参照[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]