トニー・オーランド&ドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー・オーランド&ドーンTony Orlando & Dawn)、ドーンDawnもしくはDawn featuring Tony Orlando)はアメリカポップスグループ。「幸せの黄色いリボン」や「ノックは3回(Knock Three Times)」などを歌った。

略歴[編集]

トニー・オーランド(Tony Orlando、本名Michael Anthony Orlando Cassavitis、1944年4月3日-)は1961年から歌手として活動していたが、スタジオシンガーとしての仕事が主だった。後にCBSレコード系の音楽出版社に勤務した。

このときに「恋するキャンディダ(Candida)」のデモテープを制作したところ評判となり、1970年に「ドーン」(Dawn)名義でリリースした。「恋するキャンディダ」は、ビルボード(Billboard)誌で、1970年10月3日に、週間ランキング最高位の第3位を獲得した。ビルボード誌1970年年間ランキングは第18位だった。

これを切っ掛けにして、オーランドは歌手に復帰。オーランドは、テルマ・ホプキンスジョイス・ビンセントをバックコーラスにして、ポップスグループ・ドーン(Dawn)を結成した。1971年には「ノックは3回(Knock Three Times)」」をリリースした。「ノックは3回」は、ビルボード誌で、1971年1月23日から3週間週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1971年年間ランキングでは第10位だった。

1973年に、ドーンは「Dawn featuring Tony Orlando」名義で(ただし、日本版の名義は「ドーン」のままだった)、「幸せの黄色いリボン」をリリースした。「幸せの黄色いリボン」は、ビルボード誌で、1973年4月21日から4週間、週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1973年年間ランキングでも第1位だった。ビルボード誌の集計では、ドーン最大のヒット曲となった。

同年、ドーンは「トニー・オーランド&ドーン」(Tony Orlando & Dawn)名義で(ただし、日本版の名義は「ドーン」)、「嘆きのジプシー・ローズ(Say,Has Anybody Seen My Sweet Gypsy Rose)」をリリースした。「嘆きのジプシーローズ」は、ビルボード誌では、1973年9月15日に週間ランキング最高位の第3位を獲得した。ビルボード誌1973年年間ランキングでは第34位だった。また「いちご畑のサリーちゃん」、「夜のブギ・ウギ・パーティー」などの楽曲もヒットさせた。

1975年、トニー・オーランド&ドーン(このとき、日本版の名義も「トニー・オーランド&ドーン」だった)は、「恋のシーソー・ゲーム(He Don't Love You(Like I Love You)」をリリースした。「恋のシーソー・ゲーム」は、ビルボード誌で、1975年5月3日から3週間、週間ランキング第1位を獲得した。ビルボード誌1975年年間ランキングは第18位だった。さらに「ルッキング・マイ・アイズ」や「キューピッド」なども発表した。

「幸せの黄色いリボン」はニューヨーク・ポスト紙のピート・ハミルのコラムに掲載された話を元にした歌(曲の作者はアーウィン・レビンとラッセル・ブラウン)。刑期を終えて出所した男がバスに乗って妻のいる家に帰ろうとする。もし妻が待っているなら庭の木に黄色いリボンを結んでくれるはずだが、なければ・・・という内容である。親しみやすいメロディーとともに、この歌詞が人々の共感を呼び、アメリカではこの年一番のヒット曲となった。

この曲はその後ポップスのスタンダードとなり、フランク・シナトラをはじめ多くの歌手にカバーされた。日本でもヒットし、山田洋次監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」のモチーフとなったといわれ、後年同映画のリメイク版が放映されたときには、挿入歌として使用された。また、大阪ガスキリン一番搾りなどのCMでも使用された。