森田童子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森田 童子
生誕 (1953-01-15) 1953年1月15日
出身地 日本の旗 日本東京都
死没 (2018-04-24) 2018年4月24日(65歳没)
ジャンル フォークJ-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 1975年 - 1983年
レーベル ポリドール
(1975 - 1979)
ワーナー・パイオニア
(1980 - 1983)
事務所 小澤音楽事務所
海底劇場

森田 童子(もりた どうじ、1953年(昭和28年)1月15日 - 2018年(平成30年)4月24日[1])は、日本の元女性シンガーソングライター。本名は非公開[1]。芸名は笛吹童子に由来[2]

略歴[編集]

東京都出身[1]。1970年、学園闘争が吹き荒れる時代に友人が捕まったことをきっかけに高校を中退[2][3]、気ままな生活を送っていたが、20歳の時、友人の死をきっかけに歌い始める[1][3](この亡くなった友人をモチーフにした曲がデビュー曲となる『さよなら ぼくの ともだち』である)。

1975年10月、シングルレコード『さよなら ぼくの ともだち』で、ポリドール(現:ユニバーサルミュージック合同会社)よりデビュー。以後主にライブハウスを中心に活動する。1980年に、ポリドールからワーナー・パイオニア(現:ワーナーミュージック・ジャパン)に移籍。1983年までにアルバム7枚、シングル4枚をリリースし、同年のアルバム「狼少年 wolf boy」と新宿ロフトでのライブを最後に、引退を宣言することなく活動を休止する[3][2]。レコーディングの編曲は、アコースティックギター奏者の石川鷹彦(元六文銭)などが担当した。その後結婚。

カーリーヘアにサングラスというスタイルが特徴で、コンサートはもちろんレコードジャケットなどでも素顔を見せることはなかった[3]。森田童子は芸名であり、本名は非公開。加えて実生活についてもほとんど公表せず、作詞した歌詞の内容もありのままの実体験ではなく願望を投影したものであるとしており、普段も寡黙で、独特の世界観を表現した作品に生活感を滲ませることを避けていた[3]

活動停止以後[編集]

1988年、初期アルバム4作『グッド・バイ』から『東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤』までが初CD化された。

1989年9月、日本の学生運動青春と恋をテーマにした、ミニシアター映画『グッドバイ[1]』に楽曲が使用され、映画での使用曲を集めたサウンドトラックCDも発売された。

1993年・ドラマ『高校教師』以後[編集]

一部ではカリスマ的な人気を博しつつも、森田のファンは全国的に見れば少数で[3] 、森田本人がメジャー化を望んでいなかったこともあり[3]、その作品はマスコミなどに表立って紹介されることもなかった。イラストレーターとして活躍したマネージャーだった前田亜土と結婚[4]

1993年1月、テレビドラマ『高校教師』の主題歌に1976年発売のシングル『ぼくたちの失敗』が使われ、シングルCDは100万枚に迫る大ヒットとなった[5]。このドラマの脚本を書いた野島伸司は、高校時代同級生に誘われてライブハウスで歌う彼女を知り、強い印象を受けたという[6]

これにともない、同年3月にベスト・アルバム『ぼくたちの失敗 森田童子ベスト・コレクション』が発売された。続けて同年4月には、オリジナル・アルバム7枚がCDで再発売(初CD化3枚)され、活動当時を知らない若い世代を含めて、新たに多くのファンを獲得した。

しかし本人はこのリバイバルブームに対し、マスコミの取材には応じず沈黙を守った[5]

同年11月には、映画版『高校教師』で『たとえばぼくが死んだら』が主題歌として使われた。

2003年・ドラマ『高校教師』以後[編集]

2003年1月、10年振りにドラマ『高校教師』の新作が放送され、再び『ぼくたちの失敗』が主題歌として使用された。

これにともない発売された2003年版のベスト盤『ぼくたちの失敗 森田童子ベストコレクション』に、「海が死んでもいいョって鳴いている」(アルバム『ラスト・ワルツ』)収録)」の歌詞を一部変更して、新規に歌唱・録音された「ひとり遊び」が収録された。それが最後の作品となった。「ひとり遊び」は森田の自宅で自らのギター、ハーモニカの演奏で20年ぶりに録音された[7]2010年5月に記事が掲載された朝日新聞の取材によれば、近しい人物の死去による精神的ショックと、自身の持病により活動が困難な状況であるとしている[3]。夫の前田亜土は2010年に没している。[8]

2015年9月に公開された映画『GONIN サーガ』で、『ラスト・ワルツ』が挿入歌として使用された。

『高校教師』のリバイバルヒットで再発されたCDアルバムもその後廃盤になり、長らく入手困難な状況が続いていたが、2016年7月に23年ぶりにCDが再発売された。オリジナルアルバム7作、ベストアルバム2作(うち『友への手紙 森田童子自選集』は初CD化)の計9タイトルが発売。小澤賢太郎(音楽出版ジュンアンドケイ)の企画・監修で、レーベルはユニバーサルミュージック/USMジャパン。オリジナルマスターテープからデジタルリマスタリングされたSHM-CD仕様となっている。

また現在までに、様々なアーティストによって楽曲がカバーされている。リバイバルヒットで代表曲となった『ぼくたちの失敗』は、YMCK、cheeなどによるカバーがあり、mondialitoによるフランス語カバー曲(曲名は『notre echec』)も存在する。『たとえばぼくが死んだら』はeastern youth山中さわおによってカバーされている。変わったところではJOJO広重非常階段)の「スラップ・ハッピー・ハンフリー」によるノイズ系カバーなどもあり、幅広いジャンルミュージシャンにカバーされている。

2018年4月24日心不全のため自宅で死去[9][10]。65歳没。同年6月1日発行の日本音楽著作権協会(JASRAC)会報に訃報が掲載されたことで死去が明らかになった[1]。音楽活動休止後は主婦として暮らしていたが[11]、音楽関係者の話として体調を崩して2017年から入退院を繰り返し、退院後間もなくして逝去したという[10]

音楽作品[編集]

アルバム[編集]

アルバム名 発売日 レーベル 発売形態
1st GOOD BYEグッドバイ 1975年11月21日 ポリドール・レコード LP・CT
2nd マザー・スカイ=きみは悲しみの青い空をひとりで飛べるか= 1976年11月21日
3rd A BOY ボーイ 1977年12月10日
LIVE 東京カテドラル聖マリア大聖堂録音盤 1978年11月1日
4th ラスト・ワルツ 1980年11月20日 ワーナー・パイオニア
BEST 友への手紙 森田童子自選集 1981年 CT
5th 夜想曲 1982年11月20日 LP・CT
6th 狼少年 wolf boy 1983年11月30日
  • 2016年7月20日に、上記のアルバムと下記の「ぼくたちの失敗 森田童子ベスト・コレクション」の計9タイトルが、小澤賢太郎(音楽出版ジュンアンドケイ)の企画・監修で、ユニバーサルミュージック/USMジャパンより、オリジナル・マスター・テープからデジタル・リマスタリングされた音源/SHM-CD仕様で発売された。

その他のアルバム[編集]

※当時、各アーティストが発売していたカセットテープのみのベストとして発売。未CD化
さよならぼくのともだち/早春にて/雨のクロール/蒼き夜は/ぼくを見かけませんでしたか/ピラビタール/ぼくと観光バスに乗ってみませんか/ふるえているね/海を見たいと思った/地平線/ぼくたちの失敗/逆光線/まぶしい夏/伝書鳩/君は変わっちゃったネ/センチメンタル通り/君と淋しい風になる/春爛漫/G線上にひとり/セルロイドの少女
ポリドール時代の4アルバムから12曲を収録したプロモーション用非売品LP

シングル[編集]

シングル名 発売日 レーベル 発売形態
1st さよならぼくのともだち/まぶしい夏 1975年10月21日 ポリドール EP
2nd ぼくたちの失敗/ぼくと観光バスに乗ってみませんか 1976年11月21日
3rd セルロイドの少女/蒼き夜は 1978年3月1日
4th ラスト・ワルツ/菜の花あかり 1981年1月25日 ワーナー・パイオニア
5th ぼくたちの失敗/男のくせに泣いてくれた 1993年1月25日 ワーナーミュージック・ジャパン 8cmCD
6th たとえばぼくが死んだら/ラスト・ワルツ 1993年10月10日
7th ぼくたちの失敗/蒸留反応 2003年2月5日 東芝EMI 12cmCD

未発売曲[編集]

ライヴで披露していたが、レコード作品未収録となっている。
曲名 備考
バイバイともだちよ
少年の日
今日は六月一日です
水中花(真夏の夜の夢) 「サナトリウム」(『夜想曲』収録)として歌詞を一部変えて発表。
堕落の春 「憂鬱デス」(『狼少年 wolf boy』収録)として歌詞を一部変えて発表。

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e “森田童子さん 4月に死去していた 65歳 ドラマ「高校教師」主題歌「ぼくたちの失敗」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2018年6月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/11/kiji/20180612s00041000027000c.html 2018年6月12日閲覧。 
  2. ^ a b c “高校教師主題歌「ぼくたちの失敗」森田童子さん略歴”. 日刊スポーツ. (2018年6月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806120000008.html 2018年6月12日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h 保科龍朗 (2010年5月22日). “うたの旅人 人の弱さをいとおしむ 森田童子「ぼくたちの失敗」 新潟・柏崎”. 朝日新聞土曜版 be on Saturday (朝日新聞社): pp. e1-e2面 
  4. ^ “『森田童子さん死去』” (日本語). 高取英 月蝕歌劇団の日記. https://ameblo.jp/obaqda/entry-12383080386.html 2018年6月17日閲覧。 
  5. ^ a b 「伝説の歌手」森田童子よみがえる 最新リマスターCDや「全曲集」、36年前の「お宝動画」も 2016年11月18日、J-CASTトレンド
  6. ^ ベストアルバム『ぼくたちの失敗 森田童子ベスト・コレクション』のライナーノーツより。
  7. ^ 2003年2月27日付スポーツニッポン「森田童子が20年ぶり歌った!!」
  8. ^ ベールに包まれた森田童子さん 時代の“痛み”背負い生きた|日刊ゲンダイDIGITAL” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2018年6月18日閲覧。
  9. ^ “森田童子さん、心不全で死去 「ぼくたちの失敗」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2018年6月12日). https://www.sankei.com/life/news/180612/lif1806120011-n1.html 2018年6月12日閲覧。 
  10. ^ a b “森田童子さん 死因は心不全 退院して間もなく自宅で 音楽関係者「公表するつもりなかった」”. スポーツニッポン新聞社. (2018年6月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/13/kiji/20180613s00041000005000c.html 2018年6月13日閲覧。 
  11. ^ “森田童子さん死去していた「高校教師」主題歌ヒット”. 日刊スポーツ. (2018年6月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806120000007.html 2018年6月12日閲覧。 

外部リンク[編集]