JOJO広重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JOJO広重
出生名 廣重 嘉之
生誕 (1959-09-09) 1959年9月9日(58歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
ジャンル ノイズミュージック
職業 ギタリスト
歌手
音楽評論家
音楽プロデューサー
実業家
占い師
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1974年 -
レーベル アルケミーレコード
事務所 アルケミーレコード
共同作業者 SLOTH
ULTRA BIDE
非常階段
スラップ・ハッピー・ハンフリー

JOJO広重(ジョジョ ひろしげ、1959年(昭和34年)9月9日 - )は、日本ノイズミュージシャンギタリスト歌手音楽評論家スポーツカード収集家、実業家占い師。本名、廣重 嘉之(ひろしげ よしゆき)。

京都府京都市出身。アルケミーレコード主宰[1]ノイズミュージック非常階段の中心人物である[2]

概要・経歴[編集]

1974年頃から京都で自宅録音を開始。当初はカセットやオープンリールテープデッキでの多重録音作品の制作が多かったという。1977年即興演奏バンドSLOTHを結成。1978年アバンギャルドパンク・ロックバンド、ULTRA BIDEを結成。ライブハウスデビューした。

1979年ノイズバンド、非常階段を結成[2]。ロックの可能性の大部分が試行され尽くした当時、「だれもやっていない、なんだかわからないもの」を求め、ノイズ演奏に行き着いたという[2]

1984年インディーズ・レーベルアルケミーレコード林直人と設立[3]CDDVDなど200以上の作品をリリースしている[3]

1994年スラップ・ハッピー・ハンフリー(JOJO広重、MINEKO、藤原弘昭)のアルバム『スラップ・ハッピー・ハンフリー』をリリースする[4]

1997年、自らの歌とノイズというスタイルで、JOJO広重としての初のアルバム『君が死ねって言えば死ぬから』を発表。2002年以降は単独での活動と並行して、ベースドラムスを加えたバンド形式で演奏することが多くなる。

2010年、JOJO広重のエッセイや非常階段のメンバーの自伝などを収録した書籍『非常階段 A Story of the King of Noise』が刊行される[5]。非常階段がステージ上での放尿や嘔吐などのパフォーマンスで知られる事に関して、広重自身は「ノイズをアートにしたくない。偉くなりたくなかった。僕らは、昔のプロレスでいう反則レスラー。この本は、30年間アホでしたという記録です。」と語っている[2]

スポーツカード収集家として日本スポーツカード協会会長を務め、テレビ番組CS番組で『トレカ大作戦』という帯番組を持ち[6]、JO'Sスポーツカードという専門店を経営していた[7](2011年閉店)[8]

2012年、2枚組のソロ・アルバム『死神に出会う時のように〜JOJO'S WORLD〜』をリリースする[9]

2013年、それまでの全ソロ・アルバムなどを収録した10枚組のボックス・セット『生きている価値なしBOX』がリリースされる[10]。同年、スター階段からBiS階段に至る非常階段のコラボレーション企画の歴史をまとめた単行本『非常階段ファイル』が出版される[11]

初音階段のライヴにて白波多カミンと共演し[12]、白波多カミンの2014年のアルバム『くだもの』をプロデュースする[13]

2016年、占いの店「FUTURE DAYS 下北沢」をオープンする[14]

ライブはギター演奏で行われることが多いが、2014年5月には大阪なんばベアーズにソロで出演、オルガンによるノイズ演奏を行った。

作品[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 君が死ねって言えば死ぬから(1997年)
  • みんな死んでしまえばいいのに(1999年)
  • このまま死んでしまいたい(2000年)
  • 子宮と人(2000年) - 沢口みき秋田昌美大野雅彦との共作
  • Crimson Voyage(2001年) - 佐井好子との共作
  • 怒鳴り散らすぼくの声はあまりにも小さい(2003年)
  • ぼくはもう歌わないだろう(2004年)
  • Osaka Fortune(2013年) - Pika、Paal Nilssen-Love、Lasse Marhaugとの共作
  • Jojo(2015年) (UTECH RECORDS
  • little something(2015年)
  • 2時間ライブ-Fortune of Twelve-(2016年)
  • Triple Echo(2016年)
  • Triple Echo 2(2017年)
  • Triple Echo 3(2017年)
  • Triple Echo Live(2017年)

ベスト・アルバム[編集]

  • 生きている価値なし The Very Best of Jojo Hiroshige(2002年)
  • 生きてる価値などあるじゃなし(2005年)
  • 死神に出会う時のように〜JOJO'S WORLD〜(2012年)
  • 生きている価値なしBOX(2013年)

ミニ・アルバム[編集]

  • 情趣演歌(2014年)

DVD[編集]

  • こころの歌・最後の歌(2005年)

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岡村詩野 (2013年1月25日). “(第8回)アルケミーが誇る〈関西パンク版ロネッツ〉、赤痢”. bounce. 2014年8月3日閲覧。
  2. ^ a b c d 近藤康太郎 (2010年9月5日). “非常階段―A STORY OF THE KING OF NOISE JOJO広重さん”. 朝日新聞 (朝日新聞社). http://book.asahi.com/author/TKY201009080145.html 2013年1月26日閲覧。 
  3. ^ a b 対談 : JOJO広重(非常階段/Alchemy Records主宰)×谷ぐち順(LessThanTV主宰)”. OTOTOY (2013年7月11日). 2014年8月3日閲覧。
  4. ^ ノイズの向こう側へ――初音階段、洋楽カヴァーを集めた2ndアルバムをハイレゾ配信”. OTOTOY (2014年2月13日). 2014年8月3日閲覧。
  5. ^ 非常階段の約30年の雑音伝説をまとめたドキュメント本刊行”. ナタリー (2010年7月27日). 2014年8月3日閲覧。
  6. ^ 新・モンド総合研究所「トレカ大作戦・トレカアイドルカード特集」”. 2014年8月3日閲覧。
  7. ^ 小西昌幸 (2006年1月13日). “東京訪問記 2005年12月17‐19日”. 文化ジャーナル. 北島町. 2014年8月3日閲覧。
  8. ^ 閉店のお知らせ、JO'sスポーツカード、2016年5月28日閲覧。
  9. ^ JOJO広重、新録やライブ音源多数収録の2枚組ソロベスト”. ナタリー (2012年11月20日). 2014年8月3日閲覧。
  10. ^ JOJO広重ソロ集めた10枚組「生きている価値なし Box」”. ナタリー (2013年3月26日). 2014年8月3日閲覧。
  11. ^ 岡本貴之 (2013年7月20日). “初音階段、BiS階段ほか「○○階段シリーズ」の裏側を追った書籍『非常階段ファイル』が発売”. OTOTOY. 2014年8月3日閲覧。
  12. ^ 前田将博 (2013年9月17日). “INTERVIEW : 初音階段”. OTOTOY. 2014年8月3日閲覧。
  13. ^ 初音階段のミク役、白波多カミンがJOJOプロデュースの新作”. ナタリー (2014年4月15日). 2014年8月3日閲覧。
  14. ^ 非常階段JOJO広重、東京・下北沢に占いの店オープン”. 音楽ナタリー (2016年1月22日). 2016年1月22日閲覧。

外部リンク[編集]