カトゥロ・カスティージョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カトゥロ・カスティージョ
生誕 1906年8月6日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
死没 (1975-10-19) 1975年10月19日(69歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 作曲家作詞家

カトゥロ・カスティージョ(Ovidio Cátulo González Castillo, 1906年8月6日 - 1975年10月19日)は、アルゼンチンの作曲家。タンゴの楽曲「たそがれのオルガニート」 Organito de la tarde の作曲で知られる。また、タンゴの楽曲 「最後の酔い」 の作詞としても有名である。

略歴[編集]

裕福な家庭に生まれ、ボクシング選手であったこともあったが、1924年レコード会社のタンゴコンクールで、「たそがれのオルガニート」 で第二位に入賞する。この曲は、今でも頻繁に聴けるタンゴの曲である。

タンゴについては、作曲よりも作詞で名声を上げる。また、ミロンガバルス・タンゴの作詞もある。タンゴのインターネットサイトの Todotango に、カスティージョ作詞の80曲ほどがある。

主な作品[編集]

作曲[編集]

作詞[編集]

外部リンク[編集]