S-WORD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
S-WORD
出生名 下村善正
別名 SWO'D'ROLLJAH
生誕 (1975-10-24) 1975年10月24日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 青山学院大学[1]
ジャンル ヒップホップ
職業 MC
活動期間 1998年 -
レーベル Def Jam Japan
日本コロムビア
共同作業者 NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
MURO
DJ WATARAI
公式サイト WELCOME TO HYPOCENTER
S-WORDアー写.jpg

S-WORD(スウォード、本名:下村 善正(しもむらよしまさ)、1975年10月24日 - )は、日本のヒップホップMCNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのMCとしても知られる。東京都新宿区出身。叔父は日本の法学者の下村康正

概要・人物[編集]

しわがれた渋い声が特徴。MC名の由来は、MACKA-CHIN小田原城に行ったときに、城内に飾られてあった日本刀を見て名付けられた。後にMUROによってSとWの間にハイフンが付け足された。歌詞に当て字や記号を用いる事もある。NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの楽曲や客演した曲ではフック(サビ)を担当することが多く、ラップのときも音階を重視して歌う事が多い。ONE PIECE愛好者。

ファッション関連[編集]

ファッションブランド「NITRAID(旧:nitrow)」のクリエイティブディレクターを、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーであるXBSGORE-TEXと共に務めた。また、ストリート系の多くのファッション誌に登場している。ハットなどの被り物やストールを着用することが多い。

来歴[編集]

  • 1990年代後半から都内クラブを中心にMACKA-CHIN、GORE-TEXらと共にライブ活動を始める。その後、MUROがプロデュースした渋谷のショップ『SAVAGE!』にてニューヨークを中心とした洋服雑貨のバイヤーを担う傍ら、MUROのサイドMCを日本全国各地で務める。
  • 1998年
    • MUROのシングル『K.M.W.(King Most Wanted)』の6曲目、「WEEKEND FUNK #7」にフィーチャリングされ、初のレコーディングを果たす。
  • 1999年
    • 12inchシングル「A Smokin' Bluff」でソロデビュー。自らそのミュージックビデオの制作にも関与。
  • 2000年
    • 6月24日、シングル「Neo Phyte」を発売。
  • 2002年
    • 3月27日、メジャー1stシングル「KROSS OVA'<斬>-swisherz deftime fliez-」でメジャーデビュー。
    • 5月22日、2ndシングル「THE ANSWER feat. CHRISTINA MILIAN」を発売。Nasなどを手掛けたアメリカのトラックメーカーLofeyがプロデュースし、クリスティーナ・ミリアンと共演。ミュージックビデオがMTVのBUZZ CLIPとして日本のみならずアジア各国でオンエアされた。
    • 6月5日、メジャー1stフルアルバム『ONE PIECE』を発売。アメリカのプロデューサーKENNY DOPEやLord Finesseが制作に携わった。オリコンデイリーチャートで初登場3位、オリコンウィークリーチャートで初登場7位。初動10万枚のセールスを記録。
    • 初の全国ソロツアー『KROSS OVA’JAPAN TOUR』を開催。
    • ブリトニー・スピアーズ東京ドーム公演でのフロントアクトに出演し、クリスティーナ・ミリアンと共演。
    • JAY-Zの初来日公演でのフロントアクトに出演。
    • DOUBLEの楽曲・ライブでの客演や、椎名純平との共演を行った。
    • 12月18日、ミニアルバム『FORTUNE』をリリース。『ONE PIECE』収録曲のリミックスと新曲。ミュージックビデオやツアー映像などを収録したDVDも付属されている。
  • 2003年
    • 4月2日、3rdシングル「FIGHT FOR YOUR RIGHT」を発売。ビースティ・ボーイズをカバー。
    • 6月11日、4thシングル「WRAP MUZIK」を発売。藤原ヒロシが楽曲を提供した。
    • 7月16日、2ndアルバム『STARILL WARZ』をリリース。アメリカのトラックメーカーJUST BLAZEや、プロデューサーRASHAD SMITHなど海外プロデューサーも楽曲を提供し、自身初となるニューヨークでのレコーディングを経験する。
    • 8月21日発売のPlayStation 2の格闘ゲーム・ソフト「Def Jam Vendetta」(エレクトロニック・アーツ)に、同じく当時Def Jam Japanと契約していたDABOと共にゲーム・キャラクターとして登場。
  • 2004年
    • クリスティーナ・ミリアンのシングル「Dip it low」のリミックスに客演。ロサンゼルスでの同シングルのミュージックビデオ撮影にも参加。
    • コンピレーション・アルバム『Def Jamaica』の「ANYTHING GOES/WAYNE WONDER feat. CNN(CAPONE&N.O.R.E.) & LEXXUS & S-WORD」に参加。
    • 香港のヒップホップグループLazy Mutha Fuckaの中心メンバーでありプロデューサーでもあるDBF(陳匡榮)のソロアルバム『UNBREAKABLE』への参加など海外のアーティストとのコラボレーションも積極的に果たす。
    • 9月22日発売のフジテレビ系アニメ『サムライチャンプルー』サウンド・トラック『impression』の楽曲「日出ズルSTYLE」にFORCE OF NATURE feat.SUIKEN & S-WORDとして参加。
  • 2005年
    • 7月20日、SUIKENとのユニットSUIKEN×S-WORDによる2枚組アルバム『HYBRID LINK』をリリース。ミュージックビデオ撮影とともに、初のロサンゼルスでのレコーディング。
    • 音楽レーベル『NITRICH』、「NITRAID」を擁するアパレル『UNDERGROUND』、また自身のパーソナル活動を支える『DISCOVERYONE.ENTERPRISE』の3つの会社を立ち上げ、各会社の企画・運営・経営に携わる。『NITRAID』では、年2回の展示会を行っていた。
  • 2008年
    • 11月5日、自身初のセルフプロデュース配信限定シングル「I JUST BE...」を配信。3rdアルバム『KING OF ZIPANG』をリリース。収録曲「MY PLEASURE」では藤井リナをフィーチャーした。どちらも携帯配信サイトcoolsoundにて、HIPHOP, R&B部門での配信ランキング一位を長期独占。
    • クラブサーキットツアーとして、日本全国でライブを行う。
  • 2010年
    • NEWERA JAPANの新しいブランドラインである“EK by NEWERA”とS-WORD のコラボハット『THE BLACK ONE』をリリース。少数限定だった為、発売30分で完売[2]
  • 2015年
    • NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのメンバーでもあるMACKA-CHIN、SUIKEN、DABOと共にユニット東京弐拾伍時を結成。この名義でミニアルバム『TOKYO 25:00』をリリース[3]
  • 2020年
    • 1月30日、TSUTAYA O-EASTで開催されたワンマンライブ「LIVE20」を持って、NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDを脱退。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル レーベル 最高順位 備考
1999年12月12日 Reality Records 12インチ盤
2000年6月24日
2001年 10インチ盤
2002年3月27日 Def Jam Japan 27位
2002年5月22日 24位
2003年4月2日 27位
2003年6月11日 25位

アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 最高順位 備考
2002年6月5日 ONE PIECE Def Jam Japan 7位
2002年12月18日 29位 ミニアルバム
2003年7月16日 14位
2005年7月20日 日本コロムビア 39位 SUIKEN×S-WORD名義
2008年11月5日 48位
2012年11月28日 acehigh records SUIKEN×S-WORD名義
2015年7月22日

TOKYO 25:00

1. 24:59

2. Time Check

3. Lucifer’s Out feat. AKLO

4. OLE OLE オレ

5. ラン(乱)ナーズ・ハイ

6. 東京弐拾伍時

7. 時間ヨ止マレ feat. MURO & PUSHIM

Lexington Co., Ltd / One Year War Music 東京弍拾伍時名義

客演[編集]

楽曲名 アーティスト 収録作品
WEEKEND FUNK #7 MURO feat. GORE-TEX, S-WORD, BOO, G.K.MARYAN, TINE, RED VAN WINKLE
BROTHER OF RISING FUNK BOO feat. GORE-TEX, S-WORD
悪戯 DELI feat. GORE-TEX, SUIKEN, S-WORD, DABO
煙立つ東京 DJ OASIS feat. S-WORD, DABO 東京砂漠
カモフラ SHAKKAZOMBIE feat. S-WORD
無情 (DJ WATARAI REMIX) 椎名純平 feat. S-WORD
4 MINUTES OF YELL DELI feat. S-WORD DELTA EXPRESS LIKE ILLUSION
適当強盗 a.k.a 春夏秋冬 MACKA-CHIN feat. S-WORD, XBS, DABO, BIGZAM, GORE-TEX, SUIKEN, DELI CHIN ATTACK
090 NUMB × S-WORD
YOU GOT TO DOUBLE feat. S-WORD
W STEAL MURO feat. SUIKEN, S-WORD Sweeeet Baaad A*s Encounter
YOU GOT TO PART 2 DOUBLE feat. S-WORD
東京湾中毒 MACKA-CHIN feat. S-WORD
ココ東京 AQUARIUS feat. BIG-O, DABO, S-WORD
シャボン玉 remix DELI, MIKRIS, MACKA-CHIN feat. Tina, S-WORD
EXTRA NEGOTIATION Pt.2 XBS feat. S-WORD
ANYTHING GOES (REMIX) CNN(CAPONE & N.O.R.E.) feat. WAYNE WONDER & LEXXUS, S-WORD
DIP IT LOW CHRISTINA MILIAN feat. S-WORD
GODZILRAH S-WORD + DUB SQUAD
日出ズルSTYLE FORCE OF NATURE feat. SUIKEN & S-WORD
美ら MABO feat. SUIKEN & S-WORD
SOUND of SAVAGE! MURO feat. GORE-TEX, SUIKEN, S-WORD, KASHI DA HANDSOME, GORIKI, JOE-CHO, HIKO
I'm here YAKKO feat. DABO, S-WORD
REAL TOKYO SHIT MURO feat. S-WORD
Midnight Dancehall Mr.Itagaki a.k.a. Ita-Cho feat. S-WORD, BUTCHER
OHH CHILD AQUARIUS feat. S-WORD etc
東京弐拾伍時 DABO, MACKA-CHIN, SUIKEN & S-WORD
SEASON4 DJ Deckstream feat. S-WORD & RINO LATINA II DRESS CODE
THE BLACK ONE DJ SOULJAH Feat. 2WIN (T-PABLOW & YZERR), WIZE (TERIYAKI BOYZ), S-WORD (NITRO MICROPHONE UNDERGROUND) Be My Guest

出典[編集]

外部リンク[編集]