本田恭章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本田 恭章
出生名 本田 恭章
(ほんだ やすあき)
別名 H少年
本田君
本田先生
やっちゃん
生誕 (1965-05-02) 1965年5月2日(56歳)
日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本 東京都田無市杉並区
学歴 本郷高等学校
明治大学付属中野高等学校
ジャンル J-POP
Rock
職業 歌手
音楽家
俳優
担当楽器 ギター
活動期間 1981年 -

本田 恭章(ほんだ やすあき、1965年5月2日 - )は、東京都出身のミュージシャン歌手ギタリスト俳優

来歴[編集]

  • 幼少期より親が保有していたクラシック全集などを聴き、音楽に親しんでいた。小学生の頃にはボーイスカウトの先輩からの影響で洋楽を聴くようになった。自らの意思で初めて買ったレコードは、小学6年生の時、キッスのライブアルバム[1]。中学校に進学するとますます音楽(特にロック)の虜になり、「MUSIC LIFE」「ロック・ショウ」といった音楽雑誌を愛読して、好きなミュージシャンのファッションや髪型を真似、いわゆる"ロック少年"の風貌になっていった。この頃から街中で写真撮影やスカウトなどの声を頻繁に掛けられるようになる[2]
  • 1981年2月25日、中学3年生の時に、大ファンであるイギリスのロック・バンド「JAPAN」の来日公演が日本武道館で行われ、本田も足を運んだ。その際、取材に訪れていた音楽雑誌「MUSIC LIFE」のカメラマンの目に留まり、写真撮影を快諾。「JAPAN」のオフィシャルファンクラブ(MUSIC LIFEが運営[1])の会報に掲載されると本田の美貌は大きな反響を呼び、のちに同誌の読者モデルとなった。雑誌の版元であるシンコーミュージックが本田のマネジメントを行うことになった。
ある日、事務所スタッフに呼ばれTBS社屋に行くと、脚本家やドラマプロデューサー、そして本田と同世代の若者が集まっており、オーディションが行われていた。音楽雑誌の読者モデルとして活動を始めたばかりで、演技などの訓練を受けていなかったが、その"人気学園ドラマ"に多かった親しみやすい少年の風貌とは一線を介した、どこか冷めたような耽美的な本田の容姿は異彩を放っており、出演が決定。ドラマに新風を吹き込むキャラクターを演じることになった。
  • 1981年9月、TBSテレビの連続ドラマ『2年B組仙八先生』第24話に転入生・"上田夏彦"役で俳優デビュー。ドラマに登場するや否や、寡黙で翳のある役柄に加え、精悍で端正な顔立ちの美少年に望外な注目が集まり、共演したシブガキトリオ(後にシブがき隊に改名)、三田寛子とともに人気を博した。しかし、本田自身はアイドル視される芸能活動に積極的ではなく「レコードを買ったりコンサートへ行くための小遣い稼ぎ」と、醒めた気持ちであったという[1][2]本郷高等学校デザイン科に入学後、明治大学付属中野高等学校定時制に転学。
  • 1982年5月25日、シングル「0909させて(ワクワクさせて)」(日本フォノグラム)でアイドル歌手デビュー。歌手デビュー前にファンクラブ限定のコンサートを行った[1]
  • 1982年10月、フジテレビの連続ドラマ『ねらわれた学園』に超能力者・"京極少年"として出演。共演は原田知世高柳良一伊藤かずえ柳沢慎吾堀広道森尾由美
  • ドラマ出演の前後に3枚のシングルと1枚のアルバムを発表するが、本人はロック志向だったため、アイドル路線のシングル発売を停止。その後、ロック色を強調した当時としては珍しいミニアルバム『1NIGHT KIDS』、『DREAM LIKE FIRE』、『STINGER』(「Kids Disk」3部作と評している)を立て続けに発表する。この頃から自ら作詞作曲を手掛けるようになる。
  • 1983年にシングル「サヨナラのSEXY BELL」(作曲:玉置浩二安全地帯))、ハノイ・ロックス(ナスティー以外のメンバー)をバックに迎え、ロンドンでレコーディングしたアルバム『ANGEL OF GLASS』を発表(収録曲「Keep Our Fire Burning」はハノイのアンディ・マッコイによる楽曲。後にマイケル・モンローにより補作詞され、ハノイによってセルフカバーされる)。
  • 1984年、シングル「SHAKE&SHAKEパラダイス」を発表。森永製菓の地域限定発売「シェークンシェーク」のCMに出演。CMの全国放映も期待されたが、当時、世間を騒がせた「グリコ・森永事件」の影響を受け実現しなかった。
  • 1984年11月4日、日本武道館にてコンサートを行う。
  • 1985年、シングル「LAST DANCE」のプロモーションビデオをサンフランシスコにて撮影。
  • 1986年、シングル「ONLY YOU」を最後にソロ活動を一時休止。
  • 1986年、ロックバンドThe TOYS」を結成。1987年5月25日、同バンドを率いての初ライブ。
  • 1991年、「The TOYS」解散。ソロ活動再開。

2021年現在、音楽活動をメインに行っている。

エピソード[編集]

  • 1980年代当初、化粧やピアス、派手目のヘアカラーやメッシュを入れて、ニューロマンティックやモード系ファッションで身を固めた、のちにヴィジュアル系と呼ばれる男性のスタイルはまだ物珍しく、マスコミに奇異な扱いとして取り上げられることがあった。
  • 日本におけるヴィジュアル系のパイオニアとして中川勝彦とともに名を挙げられ、美形好みの女性からの人気を二分した[3]。気さくで腰が低く茶目っ気のある柔和な中川に対して、本田は寡黙でクールな姿勢を貫き、妖艶でミステリアスな正統派ヴィジュアル系のキャラクターを売りにしていた。
  • 小室哲哉TM NETWORKデビュー当時、よく「本田恭章君に間違えられる」と当時のインタビューで語っていた[4]
  • 三児の父親である[5]

使用機材[編集]

他多数。

ディスコグラフィー[編集]

※ The Toysのディスコグラフィーは、The TOYSを参照。

シングル[編集]

タイトル 発売日 規格 規格品番 作詞 作曲 編曲
フィリップス・レコード
1st 0909させて 1982年5月25日 EP 7PL-76 0909させて

謎めく・・・シャーロック

大津あきら 鈴木キサブロー 武部聡志
2nd ジュテーム・スキャンダル 1982年8月5日 EP 7PL-89 ジュテーム・スキャンダル

瞳にテンプテーション

大津あきら 鈴木キサブロー 武部聡志
3rd ☆BOY 1982年10月25日 EP 7PL-97 ☆BOY

ラヴ・マジック

大津あきら 鈴木キサブロー 武部聡志
4th サヨナラのSEXY BELL 1983年11月1日 EP 7PL-138 サヨナラのSEXY BELL

One Night Heaven

大津あきら 玉置浩二 武部聡志
5th SHAKE&SHAKEパラダイス 1984年5月21日 EP 7PL-157 SHAKE&SHAKEパラダイス

Miss DEVIL

大津あきら 鈴木キサブロー

本田恭章

鈴木キサブロー

武部聡志 本田恭章

6th It's no FASHION GAME 1984年10月10日 EP 7PL-170 It's no FASHION GAME

Turns Blue

本田恭章 本田恭章 本田恭章
7th Take The Floor 1985年1月25日 EP 7PL-178 Take The Floor

HIGH STYLE

本田恭章 本田恭章 本田恭章
8th Last Dance 1985年9月5日 EP 7PL-200 Last Dance

Rainy Life

大津あきら

本田恭章

本田恭章 本田恭章

徳家敦

9th ONLY YOU 1986年5月2日 EP 7PL-218 ONLY YOU

LOOK MY WAY

大津あきら 本田恭章 Brett Raymond
WEAミュージック(株)((株)ワーナーミュージック・ジャパン))
10th EROTIC BEAT 1993年6月25日 8cmCD WMD-33028 EROTIC BEAT

CHANGE YOUR WAY

本田恭章 本田恭章 本田恭章

吉田建

アルバム[編集]

オリジナルアルバム[編集]

アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 備考
1st ICE PALACE 1982年11月5日 フィリップス・レコード LP 28PL-44
1994年6月25日 マーキュリー・ミュージック CD PHCL-8036
2014年11月5日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1602 デジタル・リマスター盤
2nd 1NIGHT KIDS 1983年3月16日 フィリップス・レコード LP 20PL-22
3rd DREAM LIKE FIRE 1983年5月5日 フィリップス・レコード LP 20PL-23
4th STINGER 1983年7月7日 フィリップス・レコード LP 20PL-24
5th ANGEL OF GLASS 1983年12月1日 フィリップス・レコード LP 28PL-68
2014年11月5日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1603 デジタル・リマスター盤
6th It's no FASHION GAME 1984年11月1日 フィリップス・レコード LP 28PL-85
2014年11月5日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1604 デジタル・リマスター盤
7th STAY GOLD 1985年11月21日 フィリップス・レコード LP 28PL-109
2014年11月5日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1605 デジタル・リマスター盤
8th ID 1993年6月25日 WEAジャパン CD WMC3-39
9th TRANSMISSION 1995年11月1日 YASUAKI HONDA CD YHID-0001
10th Acknowledge 2002年5月25日 バウンディ CD DDCZ-1030
11th ROCK AGAINST THE WALL 2004年8月25日 バウンディ CD DDCZ-1070
12th ASTRO Mode 2006年6月21日 バウンディ CD DDCZ-1307
13th NEXT ONE 2012年5月25日 CD
14th 50/50(fifty fifty) 2015年5月2日 CD
15th 54TH FORCE 2019年5月2日 YASUAKI HONDA CD YHID-014
16th 55 2020年5月2日 YASUAKI HONDA CD

セルフカバー・アルバム[編集]

アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 備考
re experience 2007年5月2日 CD

ベスト・アルバム[編集]

アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 備考
INDEX 1984年7月10日 フィリップス・レコード LP 28PL-80
2015年3月18日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1648 デジタル・リマスター盤、タワーレコード限定盤
ゴールデン☆ベスト:コンプリートシングルス 2014年6月4日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1575 本人監修のデジタル・リマスター盤
ゴールデン☆ベスト2:キッズディスクコレクション+5 2015年3月18日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1636 デジタル・リマスター盤

ライブ・アルバム[編集]

アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 備考
ROLLING PARTY 1986年 フィリップス・レコード LP 20PL-54・55
2015年3月18日 ウルトラ・ヴァイヴ CD CDSOL-1638 初CD化音源4曲を追加「完全盤」として、本人監修のデジタル・リマスター盤
ALIVE 1996年1月1日 YASUAKI HONDA CD YHID-0002

カヴァー・アルバム[編集]

アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 備考
ZIGGY STARDUST/WILD IS THE WIND 2010年12月30日 CD
DON'T RAIN ON MY PARADE/SUBURBAN LOVE 2011年2月14日 CD

その他[編集]

アルバム 発売日 レーベル 規格 規格品番 備考
Time For Action Series BAVI STOCK-I

※ 音楽監督

1986年2月1日 フィリップス・レコード LP 25PL-3

ライブビデオ[編集]

  • ROLLING PARTY(1986年7月25日)
  • THE TOYS - BAGHDAD ROCKS(1991年)
  • DOUBLE EDGE - Acoustic Live(2003年4月)
  • 50/50(fifty fifty)(2015年7月3日)

書籍[編集]

  • ガラスの天使(写真集、1982年3月20日)
  • ジュテーム・スキャンダル(フォト&エッセイ、1982年8月5日)
  • BOYは今…(フォト&エッセイ、1982年12月20日)
  • 「STINGER」(大型アートブック、1983年7月10日)
  • いかれたダイヤモンド―本田恭章・虚像を超える瞬間(平山雄一著、1984年2月1日)
  • ROCK PIX(写真集、1984年5月9日)
  • アンソロジー(フォト&エッセイ、1984年8月25日)
  • STAY GOLD(写真集、1986年3月25日)
  • Re Experience Visual(ビジュアルブック、2007年5月25日)
  • 35th Visual Book(ビジュアルブック、2017年5月2日)

出演作品[編集]

ドラマ[編集]

映画[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

  • 森永製菓
    • 「ラ・ベール」(1983年4月、地域限定発売)
    • 「シェークンシェーク」(1984年、地域限定発売)
  • 原宿BLACK(1984年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 【インタビュー】 本田恭章”. HMV&BOOKS on-lineニュース (2014年5月30日). 2021年6月8日閲覧。
  2. ^ a b 昭和45年女・1970年女 2021年7月号 pp.32-36
  3. ^ 江口寿史の「ストップ!! ひばりくん!」でも、美形男子の〈本田拓人〉というキャラクターにカミソリが送られてきたと作中で語られている。
  4. ^ 小室哲哉が「笑っていいとも!」に生出演した際にも昔のエピソードとしてタモリに語っている。
  5. ^ 爆報! THE フライデー 2013年10月18日の放送より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]