廣嶋玲子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廣嶋 玲子
(ひろしま れいこ)
誕生 1981年????
日本の旗 神奈川県横浜市
職業 小説家
児童文学作家
ファンタジー作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 横浜市立大学卒業
活動期間 2005年 -
ジャンル 児童文学
ファンタジー小説
主な受賞歴 ジュニア冒険小説大賞大賞(2005年)
デビュー作 「水妖の森」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

廣嶋 玲子(ひろしま れいこ、1981年[1] - )は、日本小説家児童文学作家ファンタジー作家

経歴・人物[編集]

神奈川県横浜市生まれ[2]横浜市立大学を卒業する[3]2003年、投稿作「姫君と女騎士」が小学館の第27回パレットノベル大賞佳作に入選し、同作を改題した「翡翠の守護者」が受賞作アンソロジー『デビュタント・オムニバス』(パレット文庫刊)に収録された。2005年には、「水妖の森」が第4回ジュニア冒険小説大賞大賞を受賞し、本格的に作家デビュー[4]2008年、「あぐりこ」で第14回児童文学ファンタジー大賞奨励賞を受賞する[5]。主に児童文学を発表しているが、一般向けの小説も発表している[6]。趣味は読書、オペラ鑑賞など[7]

「妖怪の子預かります」は、2018年11月よりMAGCOMIマッグガーデン)で森野きこりによるコミカライズ連載中。

児童文学ファンタジー大賞奨励賞を受賞した際には、「日本には、多くの精霊や神々が息づいている。あらゆるものに魂が宿っているという考え方が大好き。そのようなものに焦点を当てた作品を、これからも書いていきたい」との旨を語っている[5]

作品リスト[編集]

はんぴらり!シリーズ[編集]

  • はんぴらり!1 妖怪だらけの夏休み(2007年7月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社
  • はんぴらり!2 秋の宴はおおさわぎ(2007年9月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社)
  • はんぴらり!3 神さまはてんてこまい(2007年11月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社)
  • はんぴらり!4 きけんなきけんな鬼退治(2008年1月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社)
  • はんぴらり!5 満月の夜はミステリー(2008年7月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社)
  • はんぴらり!6 妖怪たちの大運動会(2008年9月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社)
  • はんぴらり!7 まねき猫のおくりもの(2009年2月 フォア文庫 / 2010年3月 童心社)

鬼ケ辻にあやかしありシリーズ[編集]

  • 鬼ケ辻にあやかしあり(2008年10月 ポプラポケット文庫
  • 鬼ケ辻にあやかしあり2 雨の日の迷子(2009年2月 ポプラポケット文庫)
  • 鬼ケ辻にあやかしあり3 座敷の中の子(2009年6月 ポプラポケット文庫)

ゆうれい猫ふくこさんシリーズ[編集]

  • ゆうれい猫ふくこさん(2011年10月 岩崎書店
  • ゆうれい猫と魔女の呪い(2013年5月 岩崎書店)
  • ゆうれい猫と魔術師の少年(2020年5月 岩崎書店)

魔女犬ボンボンシリーズ[編集]

  • 魔女犬ボンボン ナコと運命のこいぬ(2012年10月 角川つばさ文庫
  • 魔女犬ボンボン2 ナコと金色のお茶会(2013年1月 角川つばさ文庫)
  • 魔女犬ボンボン3 ナコと奇跡の流れ星(2013年4月 角川つばさ文庫)
  • 魔女犬ボンボン4 ナコと幸せの約束(2013年9月 角川つばさ文庫)
  • 魔女犬ボンボン5 おかしの国の大冒険(2014年4月 角川つばさ文庫)
  • 魔女犬ボンボン6 ナコと夢のフェスティバル(2014年9月 角川つばさ文庫)
  • 魔女犬ボンボン7 ナコとひみつの友達(2015年4月 角川つばさ文庫)
  • 魔女犬ボンボン8 ナコと太陽のきずな(2015年9月 角川つばさ文庫)

ふしぎ駄菓子屋 銭天堂シリーズ[編集]

  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂(2013年5月 偕成社
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂2(2014年1月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂3(2014年8月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂4(2015年6月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂5(2015年9月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂6(2016年5月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂7(2017年2月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂8(2017年10月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂9(2018年4月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂10(2018年10月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂11(2019年4月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂12(2019年10月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂13(2020年4月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂14(2020年9月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋 銭天堂15(2021年4月 偕成社)
  • ふしぎ駄菓子屋銭天堂にようこそ 公式ガイドブック(2021年1月 偕成社)

夢の守り手シリーズ[編集]

  • 夢の守り手 ふしぎな目を持つ少女(2015年3月 ポプラポケット文庫)
  • 夢の守り手2 永遠の願いがかなう庭(2015年8月 ポプラポケット文庫)
  • 夢の守り手3 うつろ夢からの逃亡者(2015年11月 ポプラポケット文庫)

妖怪の子預かりますシリーズ[編集]

  • 妖怪の子預かります(2016年4月 創元推理文庫
  • うそつきの娘 妖怪の子預かります2(2016年8月 創元推理文庫)
  • 妖たちの四季 妖怪の子預かります3(2016年12月 創元推理文庫)
  • 半妖の子 妖怪の子預かります4(2017年6月 創元推理文庫)
  • 妖怪姫、婿をとる 妖怪の子預かります5(2018年1月 創元推理文庫)
  • 猫の姫、狩りをする 妖怪の子預かります6(2018年7月 創元推理文庫)
  • 妖怪奉行所の多忙な毎日 妖怪の子預かります7(2019年1月 創元推理文庫)
  • 弥助、命を狙われる 妖怪の子預かります8(2019年6月 創元推理文庫)
  • 妖たちの祝いの品は 妖怪の子預かります9(2019年12月 創元推理文庫)
  • 千弥の秋、弥助の冬 妖怪の子預かります10(2020年6月 創元推理文庫)

もののけ屋シリーズ[編集]

  • もののけ屋 一度は会いたい妖怪変化(2016年5月 静山社
  • もののけ屋 二丁目の卵屋にご用心(2016年9月 静山社)
  • もののけ屋 三度の飯より妖怪が好き(2017年3月 静山社)
  • もののけ屋 四階フロアは妖怪だらけ(2017年11月 静山社)

ナルマーン年代記シリーズ[編集]

  • 青の王(2017年4月 東京創元社
  • 白の王(2018年10月 東京創元社)
  • 赤の王(2020年3月 東京創元社)

十年屋シリーズ[編集]

  • 十年屋 時の魔法はいかがでしょう?(2018年7月 静山社)
  • 十年屋2 あなたに時をあげましょう(2019年2月 静山社)
  • 十年屋3 時にはお断りもいたします(2019年7月 静山社)
  • 十年屋4 ときどき謎解きいたします(2020年6月 静山社)
  • 十年屋5 ひまな時もございます(2021年3月 静山社)

十年屋と魔法街の住人たちシリーズ[編集]

  • 作り直し屋 十年屋と魔法街の住人たち(2019年4月 静山社)
  • いろどり屋 十年屋と魔法街の住人たち2(2020年3月 静山社)

鬼遊びシリーズ[編集]

  • 鬼遊び 鬼よぶわらべ歌(2019年4月 小峰書店
  • 鬼遊び 地獄のお囃子(2019年6月 小峰書店)
  • 鬼遊び 髑髏の手まり歌(2019年10月 小峰書店)
  • 鬼遊び 闇の子守唄(2020年1月 小峰書店)

秘密に満ちた魔石館シリーズ[編集]

  • 秘密に満ちた魔石館(2019年8月 PHP研究所
  • 秘密に満ちた魔石館2(2020年8月 PHP研究所)

失せ物屋お百シリーズ[編集]

  • 失せ物屋お百(2020年2月 ポプラ文庫
  • 失せ物屋お百 首なしの怪(2020年9月 ポプラ文庫)

おっちょこ魔女先生シリーズ[編集]

  • おっちょこ魔女先生 保健室は魔法がいっぱい!(2020年3月 KADOKAWA)
  • おっちょこ魔女先生 魔女修業は危険がいっぱい!(2020年11月 KADOKAWA)

怪奇漢方桃印シリーズ[編集]

  • 怪奇漢方桃印 いらんかね? 退魔封虫散(2020年7月 講談社
  • 怪奇漢方桃印 いかがかな? 相思相愛香(2020年8月 講談社)
  • 怪奇漢方桃印 ぴったりなのね 木偶人形心丹(2020年12月 講談社)
  • 怪奇漢方桃印 なかなかやばいの 違反解除湯(2021年4月 講談社)

猫町ふしぎ事件簿シリーズ[編集]

  • 猫町ふしぎ事件簿 猫神さまはお怒りです(2020年10月 童心社)
  • 猫町ふしぎ事件簿 猫神さまは月夜におどります(2021年2月 童心社)

単発作品[編集]

  • 水妖の森(2006年4月 岩崎書店)
  • 盗角妖伝(2007年10月 岩崎書店)
  • だるまてんぐのあかてんくろてん きょうだいばんざいの巻(2009年11月 教育画劇)
  • 送り人の娘(2010年2月 角川書店 / 2014年10月 角川文庫
  • 火鍛冶の娘(2011年3月 角川書店)
  • 仮面城からの脱出 ちぎれた世界のリトルレイダー(2011年10月 講談社青い鳥文庫
  • 魂を追う者たち(2012年7月 講談社)
  • こちら、ハンターカンパニー希少生物問題課!(2015年5月 KADOKAWA
  • 狐霊の檻(2017年1月 小峰書店)
  • 神様ペット×(ペケ) 幸運のノラネコ(2017年5月 角川つばさ文庫)
  • 世界一周とんでもグルメ はらぺこ少女、師匠に出会う(2018年5月 角川つばさ文庫)
  • トラブル旅行社(トラベル) 砂漠のフルーツ狩りツアー(2020年3月 金の星社
  • かみさまのベビーシッター(2020年4月 理論社

一般小説[編集]

  • 鵺の家(2015年6月 東京創元社)
  • 鳥籠の家(2017年12月 東京創元社/単行本版『鵺の家』改題・文庫化)

アンソロジー[編集]

「」内が収録されている廣嶋玲子の作品

  • デビュタント・オムニバス Vol.1 第27回パレットノベル大賞入選作品集(2003年3月 パレット文庫)「翡翠の守護者」
  • 楽園の薫香 フーコー短編小説傑作選 20(2006年3月 星雲社)「おすみ幽霊」
  • もしも魔女になれたら!? 人気作家スペシャル短編集(2011年3月 角川つばさ文庫)「魔女犬ボンボン」
  • ねがいごと(2018年5月 静山社)「十年後の約束」

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 第4回ジュニア冒険小説大賞 受賞作品 - 株式会社岩崎書店
  2. ^ 水妖の森/広嶋玲子/作 橋賢亀/絵 本・コミック : オンライン書店e-hon
  3. ^ 火鍛冶の娘 | 銀のさじ | ファンタジーレーベル 児童書籍 KADOKAWA
  4. ^ 送り人の娘 | 銀のさじ | ファンタジーレーベル 児童書籍 KADOKAWA
  5. ^ a b ドーンDAWN16号 特定非営利活動法人 絵本・児童文学研究センター
  6. ^ (エンタメ)『鵺の家』 廣嶋玲子〈著〉:朝日新聞デジタル
  7. ^ プロフィール : 廣嶋玲子

関連項目[編集]

外部リンク[編集]