古仁屋港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
古仁屋港
Koniya.jpg
所在地
日本の旗 日本
所在地 鹿児島県大島郡瀬戸内町
詳細
管理者 鹿児島県
種類 地方港湾
統計
統計年度 2015年度
発着数 4,133隻(1,849,219総トン)[1]
旅客数 108,460人[2]
公式サイト 鹿児島県

古仁屋港(こにやこう)は、鹿児島県大島郡瀬戸内町奄美大島)にある港湾。周辺の大島海峡奄美群島国立公園に指定されている。

概要[編集]

奄美大島の南西部、加計呂麻島との間の大島海峡にある。瀬戸内町の中心地古仁屋の海上の玄関であり、奄美大島南部における物流および交通の拠点となっている。近隣の加計呂麻島請島与路島奄美群島徳之島沖永良部島喜界島及び鹿児島港への定期航路があるほか、海上タクシーもよく利用されており、2017年奄美群島国立公園に指定され、珊瑚も多い大島海峡の海中が見られる水中観光船「せと」の乗り場もある。

また、しまバス奄美市名瀬から旅客船が出る「古仁屋(海の駅)」まで直通の路線バスを毎時運行している[3]ほか、付近には瀬戸内町内を走る瀬戸内海浜バスのターミナルがあり、海上タクシーの待合室も隣接している。また、瀬戸内町最大のスーパーマーケットA-COOPファミリーマートが付近にあるなど、生活の拠点でもある。

1991年から始まった古仁屋漁港活性化計画「コニヤ21プラン」の一環として「せとうち海の駅」(総工費約5億円)が2007年に完成した。1階に船の営業所、待合室、特産品・海産物の販売所・公衆便所など、2階に食堂などがある。

古仁屋港は、海上防衛、海上警備の拠点でもあり、海上自衛隊佐世保地方隊奄美基地海上保安庁第十管区海上保安本部奄美海上保安部古仁屋海上保安署が設置されている。

2015年度の発着数は4,133隻(1,849,219総トン)[1]、利用客数は108,460人(乗船55,039人、下船53,421人)である[2]

旅客輸送[編集]

旅客用のフェリーターミナル「せとうち海の駅」がある。

旅客扱いを行う航路
  • 奄美海運 フェリーあまみ(第3代)、フェリーきかい - 鹿児島港(本港区北埠頭) - 湾港喜界島) - 名瀬港(新港地区) - 古仁屋港(奄美大島) - 平土野港徳之島) - 知名港沖永良部島)。週5便(鹿児島港平日17:30発)。月曜日・水曜日鹿児島出港で、火曜日・木曜日に知名港折り返し発のフェリーあまみの場合、上りは古仁屋港に寄港せずに名瀬港に向かう。鹿児島港から514km 、所要約17時間、知名港へ154km、所要約5時間。
  • フェリーかけろま(瀬戸内町営)
古仁屋港 - 加計呂麻島(瀬相・生間)
  • せとなみ(瀬戸内町営)
古仁屋港 - 請島(請阿室・池地) - 与路島

観光船[編集]

その他の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第1表
  2. ^ a b 港湾統計(平成27年度)第3部第2表
  3. ^ 奄美空港とは名瀬の「ウエストコート前」か「しまバス本社前」で乗り継ぎとなる。当日乗り継ぎには、割安となる路線バス乗り放題券(空港営業所、車内購入可)がよく利用されている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]