名瀬市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なぜし
名瀬市
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
名瀬市住用村笠利町奄美市
現在の自治体 奄美市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
団体コード 46207-1
面積 127.68km²
(境界未定部分あり)
総人口 41,063
(2006年1月1日)
隣接自治体 住用村、大和村龍郷町
市の木 ガジュマル(1976年6月14日制定)
市の花 ハイビスカス(1965年5月15日制定)
市の鳥 なし
名瀬市役所
所在地 894-8555
鹿児島県名瀬市幸町25番8号
名瀬市役所(現在は奄美市役所となっている)
座標 東経129度48分
北緯28度37分
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

名瀬市(なぜし)は、鹿児島県南部、奄美群島最大の島である奄美大島に所在した。県内離島自治体中最大の人口規模を有し、名瀬合同庁舎や大島支庁などの行政機関、文化施設や商業施設物流等が集中する、奄美地方の中核都市であったが、2006年3月20日住用村笠利町合併し、奄美市となった。

概要[編集]

「名瀬」という地名の由来は諸説あるものの、魚を指す「な」と「瀬」からとする説が有力である。「なぜ」が正しい読みであるが、地元では「なせ」と発音される場合も多い。

2006年の市町村合併によって、旧名瀬市内の全域が奄美市地域自治区である「名瀬」となり、住所表記は「名瀬市○○」から町名に地域自治区名を冠した「奄美市名瀬○○」という表記に変更されている。但し、地域自治区の設置期限は2016年(平成28年)3月31日までとなっており、それ以降の住所表記は地域自治区名を除いた「奄美市○○」となる予定である[1]

地理[編集]

奄美大島の中部に位置し、東は大島郡龍郷町、西は大島郡大和村住用村に接し、北は東シナ海、南は太平洋に面する。中央部は山林・原野で覆われた高原となっている。鹿児島港から西南海上383キロ。

市街地の密集度は鹿児島市に次いで高く、地価公示価格(商業地・住宅地)も鹿児島市に次いで高かった。本土並みの商業・公共施設が揃い、アーケード街等も充実している。経済圏は奄美群島全域に及び、人口等を除けば、実質、鹿児島第二の都市とも云えた。

歴史[編集]

657年斉明天皇3年)『日本書紀』の条に「海見(あまみ)島」と見えるのが初見。古代には遣唐使南路の中継地として古代国家と接触があったが、郡郷は設置されなかった。やがて忘れられ、中世には按司(あじ)が発生、15世紀に琉球王国の支配下に入る。1609年薩摩藩の琉球征服により、1611年薩摩藩の直轄地となった。

近現代[編集]

行政[編集]

姉妹都市[編集]

教育[編集]

学校[編集]

小学校[編集]

  • 名瀬市立朝日小学校(朝日町)
  • 名瀬市立奄美小学校(久里町)
  • 名瀬市立伊津部小学校(小浜町)
  • 名瀬市立小湊小学校(大字小湊)
  • 名瀬市立小宿小学校(大字小宿)
  • 名瀬市立知根小学校(大字根瀬部)
  • 名瀬市立名瀬小学校(永田町)

中学校[編集]

  • 名瀬市立朝日中学校(朝日町)
  • 名瀬市立大川中学校(大字西仲勝)
  • 名瀬市立金久中学校(塩浜町)
  • 名瀬市立芦花部中学校(大字芦花部)
  • 名瀬市立小宿中学校(大字小宿)
  • 名瀬市立崎原中学校(大字崎原)
  • 名瀬市立名瀬中学校(真名津町)

高等学校[編集]

  • 鹿児島県立奄美高等学校(名瀬市古田町)
  • 鹿児島県立大島高等学校(安勝町)
  • 鹿児島県立大島工業高等学校(大字浦上)

その他[編集]

  • 奄美看護福祉専門学校(大字小湊)
  • 奄美情報処理専門学校(小俣)

工芸品[編集]

交通[編集]

航路[編集]

  • 東京航路 : 東京有明埠頭 - 志布志港 - 名瀬新港 - 那覇新港
  • 阪神航路 : 神戸六甲アイランド - 大阪南港 - 名瀬新港 - 亀徳港 - 和泊港 - 与論港 - 那覇新港
  • 鹿児島航路 : 鹿児島新港 - 名瀬港 - 亀徳港 - 和泊港 - 与論港 - 本部港 - 那覇港
  • 喜界航路 : 鹿児島本港北埠頭 - 喜界島湾港 - 古仁屋港 - 平土野港 - 知名港
  • 十島航路 : 鹿児島本港南埠頭 - 口之島 - 中之島 - 平島 - 諏訪之瀬島 - 悪石島 - 小宝島 - 宝島 - 名瀬新港

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

報道・通信[編集]

新聞[編集]

地上波放送[編集]

ケーブルテレビ放送[編集]

電話[編集]

市外局番 : 0997

インターネット[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 大浜海浜公園(日本の渚百選
  • 奄美海洋展示館
  • 金作原原生林
  • 本場奄美大島紬泥染公園
  • おがみ山公園
  • 奄美博物館
  • 奄美観光ハブセンター
  • 田中一村住居跡

催事[編集]

  • 奄美まつり(3月)

名瀬市出身の有名人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 合併市町村における新旧町字名対照表 (PDF) - 鹿児島県公式ウェブサイト 2011年4月10日閲覧。
  2. ^ a b 『名瀬市史 改訂 第一巻』、名瀬市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]